161件中 51 - 60件表示
  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た遺伝子

    2007年(平成19年)11月21日、山中のチームはさらに研究を進め、人間の大人の皮膚に4種類の発癌遺伝子などの遺伝子を導入するだけで、ES細胞に似たヒト人工多能性幹 (iPS) 細胞を生成する技術を開発、論文として科学誌セルに発表し、世界的な注目を集めた。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た紫綬褒章

    2008年(平成20年度) 紫綬褒章山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た再生医療

    2007年にセルに掲載された論文。上記のマウスで成功した方法を、ヒトに応用し、成功したことを報告したもの。成人のヒトの皮膚の細胞から多能性幹細胞を作成することに成功したことを報告した。この報告はヒトにおける再生医療(自分の体の一部から移植用の臓器を作成する、すなわち皮膚から肝臓を作成する等)の具体的実現可能性を示した報告として、社会的にも大きい注目を浴びる。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たクラウドファンディング

    日本に寄付文化を根付かせる事を目的に、寄付募集のためのマラソン大会出場も恒例となっていて、2012年(平成24年)3月11日の京都マラソンで山中自身が完走することを条件に クラウドファンディングと呼ばれる募金方法によるiPS基金へ寄付を呼びかけたところ、金額は1000万円以上の寄付が集まった。マラソンは4時間29分53秒で完走した。なお山中の研究グループには2007年度から2011年度の研究予算として6億円以上が日本学術振興会より拠出されている。2013年10月27日の第3回大阪マラソンに再び募金活動を支援する「チャリティーアンバサダー」として出場。4時間16分38秒で完走した。2015年の京都マラソンでは3時間57分31秒でサブ4を達成した。さらに2017年の京都マラソンでは54歳で3時間27分45秒、2018年の別府大分毎日マラソン大会では55歳で3時間25分20秒と自己ベストを更新した。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た知的財産権

    知的財産権 - 日本における知的財産訴訟の現状なども記載山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たTBSテレビ

    サワコの朝(2014年5月24日、MBS・TBS山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たNHK総合テレビジョン

    NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 プロローグ〜細胞のミラクルワールドへ」(2014年3月29日、NHK総合山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たカリフォルニア大学サンフランシスコ校

    山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授、広島大学特別栄誉教授、ロックフェラー大学名誉博士、香港大学名誉博士、香港中文大学名誉博士など。文化勲章受章者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞した。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見たセル (雑誌)

    2006年(平成18年)8月25日の米学術雑誌セルに京都大学再生医科学研究所教授である山中と特任助手だった高橋和利(現、講師)らによる論文が発表された。論文によると山中らはマウスの胚性繊維芽細胞に4つの因子 (Oct3/4, Sox2, c-Myc, Klf4) を導入することで ES細胞のように分化多能性を持つマウス人工多能性幹細胞(iPS細胞:induced pluripotent stem cell)を作成した。この作成には、高橋和利と共に山中伸弥研究室の第一期の博士号取得者であった徳澤佳美が奈良先端科学技術大学院大学において山中伸弥の下で作成していたFbx15ノックインマウスの存在が、同じく徳澤佳美が見つけていたKlf4の知見と共に重要であったと山中伸弥は回顧している。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た大阪市立大学

    山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授、カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員、日本学士院会員。学位は大阪市立大学博士(医学)。その他称号としては京都市名誉市民、東大阪市名誉市民、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授、広島大学特別栄誉教授、ロックフェラー大学名誉博士、香港大学名誉博士、香港中文大学名誉博士など。文化勲章受章者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞をジョン・ガードンと共同受賞した。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

161件中 51 - 60件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード