110件中 51 - 60件表示
  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た科学雑誌

    科学雑誌の公募に片っ端から応募し、採用されたグラッドストーン研究所へ博士研究員として留学。トーマス・イネラリティ教授の指導の下、iPS細胞研究を始める。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た大学院

    1989年(平成元年)4月 - 大阪市立大学大学院医学研究科薬理学専攻博士課程入学山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た修了

    山中 伸弥(やまなか しんや、1962年(昭和37年)9月4日 - )は、日本の医学者。京都大学iPS細胞研究所所長・教授。1993年大阪市立大学大学院医学研究科修了(医学博士)。カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上級研究員、奈良先端科学技術大学院大学栄誉教授。文化功労者。「成熟細胞が初期化され多能性をもつことの発見」により2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た国立大阪病院

    神戸大学卒業後、国立大阪病院整形外科で臨床研修医として勤務。学生時代柔道やラクビーで10回以上骨折するなど怪我が日常茶飯事だったため整形外科の道を選んだが、他の医者が20分で終わる手術に2時間ほどの時間が掛かったり、点滴に失敗するなどし、指導医からは、「お前は「やまなか」ではなく、「じゃまなか」や」と怒鳴られ邪魔者扱いされ、「向いていない」と痛感したという。重症になったリウマチの女性患者を担当し、患者の全身の関節が変形した姿を見てショックを受け、重症患者を救う手立てを研究するために研究者を志すようになった。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た薬理学

    1996年(平成8年)10月 - 大阪市立大学医学部助手(薬理学教室)山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た大阪科学賞

    第25回(平成19年度) 大阪科学賞:「細胞核を初期化する遺伝子の同定と多能性幹細胞の樹立」山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た性格

    すぐに新しいことをやりたくなる飽きやすい性格であるといい、整形外科の仕事を単調に感じてしまったこともあり、病院を退職、1989年(平成元年)に大阪市立大学大学院に入学。山本研二郎が教授を務めていた薬理学教室で、三浦克之講師の指導の下、研究を開始。当初はいずれ臨床医に戻るつもりだったという。指導教官の三浦は、非常に優秀ながら時間を効率的に使い、適当な時間になると研究を切り上げ帰宅していた、誰にでも好かれるさわやかな性格だった、と述懐する。論文 "Putative Mechanism of Hypotensive Action of Platelet-Activating Factor in Dogs"(「麻酔イヌにおける血小板活性化因子の降圧機序」)を提出し、博士 (医学)の学位を取得。しかし、学位取得後は、どうやったら人の3倍研究できるかを考えて研究に従事。ほとんど寝ずに研究を行うことも多く、ハードワークでは誰にも負けない自信があったという。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た公募

    科学雑誌の公募に片っ端から応募し、採用されたグラッドストーン研究所へ博士研究員として留学。トーマス・イネラリティ教授の指導の下、iPS細胞研究を始める。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た皮膚科

    中学・高校の同級生で高校1年時から交際していた皮膚科医の妻との間に、医学部に通う娘が2人いる。ミシン部品の製造会社を経営していた父は58歳で亡くなった。ノーベル賞の受賞に際しては、81歳になる母に受賞を報告できてよかったと述べた。山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

  • 山中伸弥

    山中伸弥から見た助手 (教育)

    1996年(平成8年)10月 - 大阪市立大学医学部助手(薬理学教室)山中伸弥 フレッシュアイペディアより)

110件中 51 - 60件表示

「山中伸弥」のニューストピックワード