6854件中 91 - 100件表示
  • 中原中也

    中原中也から見た山口県山口県

    1907年(明治40年)4月29日、山口県吉敷郡山口町大字下宇野令(しもうのりょう)村(現在の山口市湯田温泉)の中原医院で生まれた。両親の柏村謙助・フク夫妻は結婚後6年あまり子供に恵まれず、中原家当主の政熊にも実子がいなかったため、長男の誕生をおおいに喜び、3日にわたって誕生祝いを行った。当時、父の謙助は軍医として旅順にいたが、手紙で「中也」と名づけるよう送ってきた。10月、生後6ヶ月で母・フクと祖母・スヱと関東州の旅順に渡る。中也を手元で育てたいという謙助の希望によるものだった。翌年の夏、謙助は山口に任ぜられ、一家は山口の中原家に戻った。翌年には広島に異動。中原中也 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のダムの歴史

    日本のダムの歴史から見た山口県山口県

    第一に計画されたのは五十里ダムである。利根川の大支流・鬼怒川に合流する男鹿川に計画された五十里ダムは鬼怒川改修計画の一環として治水を主目的に1926年より計画されたが、河水統制事業としてその後水力発電目的が加わり1940年(昭和15年)より着工された。完成例としては愛知県が庄内川水系山口川に1933年完成させた山口ダムが日本初であり、治水・灌漑・上水道供給が目的の河水統制事業であった(後に廃止)。翌1934年(昭和9年)には青森県が沖浦ダム(浅瀬石川)、1935年には香川県が長柄ダム(綾川)の建設にそれぞれ着手するなど当初は地方自治体が先駆けて河水統制事業を手掛けた。1937年(昭和12年)になると念願であった河水統制事業調査費が予算として認められ、内閣に河水調査協議会が設置されて本格的な調査が64河川で開始、1940年には調査費の国庫補助も開始された。こうした動きにより右表にある通り多くの河川で多目的ダムなどの河水統制事業が着手され、1940年には現存する日本初の多目的ダムとして山口県が向道ダム(錦川)を完成させた。地方自治体にやや遅れて内務省も直轄ダム事業による多目的ダム建設を計画、琵琶湖河水統制事業や北上川五大ダムの第一弾である田瀬ダム(猿ヶ石川)、釜房ダム(碁石川)、大野ダム(由良川)、猪名川ダム(猪名川)などが計画・施工された。しかし河水統制事業は程なく軍部に翻弄されてゆく。日本のダムの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 高村正彦

    高村正彦から見た山口県山口県

    山口県徳山市(現周南市)出身。父・高村坂彦の衆議院議員初当選を機に東京都へ移る。東京都立立川高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。23歳で司法試験に合格。司法修習第20期を修了し、1968年に弁護士登録。同期に江田五月(元参議院議長・法務大臣・科学技術庁長官)、横路孝弘(元衆議院議長)、神崎武法(元公明党代表、郵政大臣)、村井敏邦、五十嵐敬喜がいる。高村正彦 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザから見た山口県山口県

    大分、山口、岡山、宮崎などで小規模な発生がみられたが、隠蔽して大規模な発生になった京都府船井郡京丹波町の浅田農産の1例を除けば、迅速な密閉撲滅作戦によりいずれも小規模で終息しており、国内まん延を免れている。鳥インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 新日本石油

    新日本石油から見た山口県山口県

    麻里布製油所 - 山口県玖珂郡和木町和木六丁目 (127,000バレル)新日本石油 フレッシュアイペディアより)

  • 帝人

    帝人から見た山口県山口県

    岩国事業所(山口県岩国市)帝人 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤會

    工藤會から見た山口県山口県

    工藤會(工藤会、くどうかい)は、日本の暴力団。指定暴力団。2012年より改正暴対法に基づく「特定危険指定暴力団」。福岡県の北九州市に本部を置き、2016年末時点の構成員は約420名。。主たる活動地域(2014年時点)は福岡県、大分県、山口県、および長崎県の4県、ならびに首都圏。工藤會 フレッシュアイペディアより)

  • 県民性

    県民性から見た山口県山口県

    福島県 - (会津地方)会津っぽ。長州藩(現在の山口県)に嫌味。県民性 フレッシュアイペディアより)

  • 岩国市

    岩国市から見た山口県山口県

    岩国市(いわくにし)は、山口県の最東部に位置する市。岩国市 フレッシュアイペディアより)

  • 光市

    光市から見た山口県山口県

    光市(ひかりし)は、山口県の東南部に位置する市。光市 フレッシュアイペディアより)

6854件中 91 - 100件表示