5382件中 51 - 60件表示
  • フグ

    フグから見た山口県山口県

    フグは、山口県下関市が本場として知られるが、実際のところ下関はフグの産地というよりは集積地である。下関近海でもフグは獲れるが、それ以上の数のフグが天然物、養殖物ともに日本全国や中国や韓国などの海外からも下関に集められる。下関がフグの本場と言われる所以として、明治期に全国で最初にフグ食が解禁になった地が下関であり(ふぐ料理公許第一号店は下関市の春帆楼。その後、山口県のみフグ食解禁の時期がしばらく続いた)、それ以降、下関には多くのフグ料理店ができ、現在のフグ料理の多くが下関で考え出されたことなどが背景にある。これらに加え、フグは猛毒があるため、水揚げ後の加工が重要であるが、この加工業者、加工場が前述の歴史的背景などから下関に集積している点が大きい。フグ フレッシュアイペディアより)

  • 防府市

    防府市から見た山口県山口県

    防府市(ほうふし)は、山口県中南部の周防灘(瀬戸内海)に面した市。旧佐波郡の南半分と旧吉敷郡の一部にあたる。九州・山口地方の東部、中国地方の西部に位置する。防府市 フレッシュアイペディアより)

  • 福島菊次郎

    福島菊次郎から見た山口県山口県

    山口県下松市生まれ。戦後、民生委員などの社会事業を通じて作家活動をはじめ、広島市に投下された原爆の被災者の10年におよぶ困窮生活を活写した作品『ピカドン ある原爆被災者の記録』が、日本写真評論家賞特別賞を受賞(1960年)。この年、離婚して子どもを連れ上京しプロ写真家となる。土門拳、木村伊兵衛が審査員を務める「カメラ(CAMERA)」の月例コンテストに応募していたこともある。福島菊次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中原中也

    中原中也から見た山口県山口県

    中原 中也(なかはら ちゅうや、1907年(明治40年)4月29日 - 1937年(昭和12年)10月22日)は、日本の詩人、歌人、翻訳家。1907年4月29日、山口県に医師の子として生まれる。旧姓は柏村。夭折したが350篇以上もの詩を残し、一部は、中也自身が編纂した詩集『山羊の歌』、『在りし日の歌』に収録されている。訳詩では『ランボオ詩集』を出すなど、フランス人作家の翻訳もしている(他に少量だがアンドレ・ジイドほか)。東京外国語学校(現在の東京外国語大学)専修科仏語部修了。中原中也 フレッシュアイペディアより)

  • 中国新聞

    中国新聞から見た山口県山口県

    広島県を中心に、山口県、岡山県、島根県でも発行・販売されている。鳥取県では、島根版を日本経済新聞販売店に委託したごく一部で販売するに留まっている。中国新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 九州スポーツ

    九州スポーツから見た山口県山口県

    九スポ本部(東スポ西部支社)は福岡市中央区天神にあるが、編集・印刷は地方紙の発行元であるみなと山口合同新聞社(山口県下関市)で行っている。福岡市には営業、販売と福岡編集局がある。九州スポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 西日本新聞

    西日本新聞から見た山口県山口県

    過去には山口県でも販売されていた。山口県内では、本紙と中国新聞とでエリアが重複し、競合していた。ブロック紙同士の競合は全国でもここだけであったが、2009年3月10日本紙の社会面で「3月31日付を以って、山口県内での西日本新聞及び西日本スポーツの発行を取りやめる」事を掲載し、同年3月31日を以て山口県内から事実上撤退し、山口市と下関市にあった支局も閉鎖した。またその後、沖縄県向けの発行も取り止めることを発表。同年7月末には那覇支局を閉鎖した。西日本新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における市外局番の変更

    日本における市外局番の変更から見た山口県山口県

    08387・08388 - 田万川MA(山口県萩市田万川・むつみ・須佐地区、阿武郡阿武町)日本における市外局番の変更 フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟麦酒

    麒麟麦酒から見た山口県山口県

    山口県 - 「やまぐちの恵みにかんぱい!」麒麟麦酒 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞社

    朝日新聞社から見た山口県山口県

    西部本社版:九州地方(沖縄県を含む)、山口県朝日新聞社 フレッシュアイペディアより)

5382件中 51 - 60件表示

「山口のできごと」のニューストピックワード