506件中 21 - 30件表示
  • 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ

    劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライから見た山寺宏一山寺 宏一

    本映画と同じく7月14日に公開された『西遊記』がポケモンと同じ年齢層をターゲットにしており、上映館数もプロモーション数も圧倒的に上回っていたため苦戦を強いられるのでは、と言われていたが、公開初日だけで『西遊記』に動員数40万人以上の差を付け堂々の1位となり(山寺宏一曰く、「負けると思っていた」らしい)、歴代シリーズで初めて日本週末興行収入1位を記録した作品となった。ダークライは新月の夜に現れるという設定だが、奇しくも公開日となった7月14日は新月であった。劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ フレッシュアイペディアより)

  • 機動警察パトレイバー

    機動警察パトレイバーから見た山寺宏一山寺 宏一

    登場人物は一新されておりキャストを林原めぐみと山寺宏一が演じる(“ 見本市 ”は全作品のキャストを両名のみで演じる仕様)。両名ともテレビアニメ版で端役として参加した経験があるが、今回初めて『パトレイバー』の主要メンバーにキャスティングされた。機動警察パトレイバー フレッシュアイペディアより)

  • HEY! たくちゃん

    HEY!たくちゃんから見た山寺宏一山寺 宏一

    2004年10月5日放送のテレビ東京『元祖!70人ものまねそっくりグランプリ』内で、ものまねレパートリーの1人である山寺宏一と初対面。その数か月後から事務所所属当初までやまちゃんという芸名だった。HEY!たくちゃん フレッシュアイペディアより)

  • ポップジャム

    ポップジャムから見た山寺宏一山寺 宏一

    山寺宏一(1993年4月 - 2006年7月)ポップジャム フレッシュアイペディアより)

  • 林原めぐみ

    林原めぐみから見た山寺宏一山寺 宏一

    そのほか、『カウボーイビバップ』で監督を務めた渡辺信一郎は同作品での演技に対して、「僕はむしろ言い方を最初から指定するのは好きじゃなくて。台本を読んでもらって、それをどう解釈してもらうのかっていうのがおもしろみのひとつなんですね。特に林原さんには驚かされることが多い。」と述べている。この点に関して林原とは活動初期から親交の深い山寺宏一は、「あの人ねぇ、わざとそういうことができるんですよ。『普通の人ならこう言うだろうな』っていうのをあえて言わないんですよ。」「オレは『こう言ってほしいんだろうな』っていうところから入るんですね。けど、林原はそれをワザとかわす。いっしょにやってて、『やるな〜』って思いますね。」と返した。林原めぐみ フレッシュアイペディアより)

  • 劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ

    劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチから見た山寺宏一山寺 宏一

    この作品から、ポケモン映画の制作委員会の名称『ピカチュウプロジェクト』の横に制作年が付かなくなり、以降は『ピカチュウプロジェクト』として統一されている。また、TVシリーズを放送しているネット局が「プロモーション協力」としてクレジットされるのも本作からであり、本作以降の予告ナレーションは、山寺宏一が担当する。タケシを演じる上田祐司と ニャースを演じる犬山犬子が次作から改名され、二人が「上田祐司」と「犬山犬子」の芸名で出演する映画は、本作が最後となる。また、ジラーチ役でゲスト出演した鈴木富子が映画公開直前の7月7日に死去したため、今作が彼女の遺作となった。劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ フレッシュアイペディアより)

  • 未来創造堂

    未来創造堂から見た山寺宏一山寺 宏一

    スタジオの司会は、とんねるずの木梨憲武と、当時日本テレビアナウンサー・西尾由佳理、ナレーションは冨永みーなおよび山寺宏一、日本テレビアナウンサー・蛯原哲で毎週、1-2人(組)のゲストを招いた。未来創造堂 フレッシュアイペディアより)

  • Keep On Smiling

    Keep On Smilingから見た山寺宏一山寺 宏一

    ゲストを招いてのトークと曲紹介を中心とする内容で放送。番組DJの山寺宏一が映画の名シーンを吹き替えで再現するコーナーや詩を朗読するコーナーもある。2015年からは、小学校の児童たちによる合唱・演奏を紹介する「小さな音楽会」のコーナーも設けている。ゲストは2週続けて同じ人物が務める。Keep On Smiling フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た山寺宏一山寺 宏一

    2004年、初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 木曜洋画劇場

    木曜洋画劇場から見た山寺宏一山寺 宏一

    地上波の洋画番組の中では日本語吹き替え版制作に力を入れており、公式サイトには主要声優キャストだけでなく吹き替え版が新規収録か既成の物かも明記する方針が採られている。また、1つの映画で幾つも吹き替え版が制作される中、独自に吹き替え版を制作する際は日曜洋画劇場やビデオ等で定番のお馴染みの吹き替えキャスティングを踏襲することも多く、ケヴィン・コスナーに津嘉山正種(『アンタッチャブル』、『ウォーターワールド』、『ワイアット・アープ』、『ロビン・フッド』)、シルヴェスター・スタローンにささきいさお(『追撃者』、『ドリヴン』、『D-TOX』)、トミー・リー・ジョーンズに小林清志(『追跡者』、『ハンテッド』)、スティーブン・セガールに大塚明夫(『沈黙の聖戦』)、ジャン・クロード・ヴァンダムに山寺宏一(『ノック・オフ』、『レジョネア 戦場の狼たち』、『ヴァン・ダム IN コヨーテ』、『レプリカント』)、ロビン・ウィリアムズに江原正士(『インソムニア』)、メル・ギブソンに磯部勉(『パトリオット』)、ロバート・デ・ニーロに小川真司(『アンタッチャブル』、『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』)、チャーリー・シーンに堀内賢雄(『プラトーン』)、アル・パチーノに野沢那智(『インソムニア』)、ハリソン・フォードに村井国夫(『K-19』)、ショーン・コネリーに若山弦蔵(『アンタッチャブル』、『ロビン・フッド』、『理由』、『エントラップメント』)、最後に放送した洋画作品であるトム・クルーズの出世作トップガンでは近年で少なかった吹き替え版の新規収録を行い鈴置洋孝に代わりフィックスとなった森川智之を起用した。木曜洋画劇場 フレッシュアイペディアより)

506件中 21 - 30件表示