前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
874件中 1 - 10件表示
  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た三谷幸喜

    2000年に洋画の吹き替えファンの三谷幸喜から声がかかり、俳優としてデビュー。それ以降、テレビ俳優やテレビ司会者などテレビタレントとしても活躍するようになっていった。この山寺のように、声優が一般のテレビタレントへ進出し活躍できたというのは極めて異例。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たかないみかかない みか

    山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、俳優、タレント、ナレーター、司会者。アクロス エンタテインメント所属。妻は同じく声優の田中理恵、元妻は声優のかないみか山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た尾崎豊

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たウォルト・ディズニー・カンパニー

    ディズニー作品において、ドナルドダックを始め『美女と野獣』『アラジン』『ムーラン』『リロ・アンド・スティッチ』『リトル・マーメイドII Return to The Sea』などで、10役以上を担当。日本声優の中では一番ディズニーキャラクターの声を当てている。そのため、スクウェア・エニックスのゲームソフト『キングダム ハーツ』シリーズでは、プレイの合間に流れるムービーに出てくるキャラクターの会話を1人で演じている場面もしばしばみられる。中でもドナルドダックの演技は、ディズニー側にすばらしいと認められ、青一色のK・YAMADERAの文字とドナルドの顔イラストを文字盤に入れた腕時計とその原画を贈られている。ドナルドダックの演技を山寺に教えたのは松本梨香である。また、近年発表されているディズニー映画(特に子供向けアニメ映画)のDVDのCMナレーションの多くを山寺が担当している。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たウディ・ハレルソン

    ハンガー・ゲーム(ヘイミッチ・アバーナシー(ウディ・ハレルソン))山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た甲本ヒロト

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た久保田利伸久保田 利伸

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た玉置浩二

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た山里亮太

    1997年開始当初は2回ほど休んだことがあり、その際はミニ四ファイターのコスプレをした森久保祥太郎が代理で司会を務めた。また、2006年に大阪で舞台があったため半月ほど休んでいた時期がありそのときの代理司会は最初3日を三谷幸喜、中5日を山里亮太、ラスト5日をアンガールズが担当した。後に山里は相方のしずちゃんと金曜(2011年3月まで)、アンガールズは火曜のレギュラーとして登場。また三谷も2008年公開の映画ザ・マジックアワーの宣伝でゲスト出演している。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たケツメイシ

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
874件中 1 - 10件表示

「山寺宏一」のニューストピックワード