874件中 41 - 50件表示
  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た神谷明神谷 明

    2007年に放送されたフジテレビ『プロキング』で声優121人が選ぶNo.1声優第1位に選ばれた。また、2011年に放送されたテレビ朝日『お願い!ランキングGOLD』での「人気声優100人が本気で選んだ!本当にスゴイ声優ランキング」でも第1位に選ばれた。自身は尊敬する声優として羽佐間道夫や神谷明をあげている。その羽佐間もTBSラジオの『コサキンDEワァオ』にゲスト出演した際に山寺を絶賛していた。後に、同番組に山寺がゲスト出演した際に、コサキンの二人からその話を聞かされた山寺は非常に恐縮していた。また、羽佐間は『俺がハマーだ!』のDVDコメンタリーで「自分が死んだら代役は山寺にやらせる」とも言っていた。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たルイ・アームストロング

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たジム・キャリー

    吹き替え作品に多く出演しており、主な担当俳優にウィル・スミス、エディ・マーフィ、チャウ・シンチー、ジム・キャリー、ブラッド・ピットなどがある。以前はジャン=クロード・ヴァンダム、チャーリー・シーン、トム・ハンクス、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン、マイケル・J・フォックスなどの吹き替えも多く担当していた。映画『チャーリー』のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えは、原語版よりも日本語吹き替え版の方が素晴らしいとVTRの発売時の批評からも絶賛された。江原正士や堀内賢雄、大塚芳忠とは、同一作品の別音源で同じ俳優を担当している事が多い。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たサンドウィッチマン (お笑いコンビ)サンドウィッチマン

    課外授業 ようこそ先輩今こそ大切 “笑いの力”〜サンドウィッチマン〜(2011年12月17日、NHK総合、語り:山寺宏一)山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たマイケル・J・フォックス

    吹き替え作品に多く出演しており、主な担当俳優にウィル・スミス、エディ・マーフィ、チャウ・シンチー、ジム・キャリー、ブラッド・ピットなどがある。以前はジャン=クロード・ヴァンダム、チャーリー・シーン、トム・ハンクス、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン、マイケル・J・フォックスなどの吹き替えも多く担当していた。映画『チャーリー』のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えは、原語版よりも日本語吹き替え版の方が素晴らしいとVTRの発売時の批評からも絶賛された。江原正士や堀内賢雄、大塚芳忠とは、同一作品の別音源で同じ俳優を担当している事が多い。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た大橋卓弥

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た南海キャンディーズ

    南海キャンディーズの山里亮太との交友があるが、共に「山ちゃん」というニックネームのため、山寺は山里のことを「南海ちゃん」と呼んでいる。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た湘南乃風

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たデンゼル・ワシントン

    吹き替え作品に多く出演しており、主な担当俳優にウィル・スミス、エディ・マーフィ、チャウ・シンチー、ジム・キャリー、ブラッド・ピットなどがある。以前はジャン=クロード・ヴァンダム、チャーリー・シーン、トム・ハンクス、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン、マイケル・J・フォックスなどの吹き替えも多く担当していた。映画『チャーリー』のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えは、原語版よりも日本語吹き替え版の方が素晴らしいとVTRの発売時の批評からも絶賛された。江原正士や堀内賢雄、大塚芳忠とは、同一作品の別音源で同じ俳優を担当している事が多い。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た子門真人

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

874件中 41 - 50件表示

「山寺宏一」のニューストピックワード