874件中 71 - 80件表示
  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たウィル・スミス

    吹き替え作品に多く出演しており、主な担当俳優にウィル・スミス、エディ・マーフィ、チャウ・シンチー、ジム・キャリー、ブラッド・ピットなどがある。以前はジャン=クロード・ヴァンダム、チャーリー・シーン、トム・ハンクス、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン、マイケル・J・フォックスなどの吹き替えも多く担当していた。映画『チャーリー』のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えは、原語版よりも日本語吹き替え版の方が素晴らしいとVTRの発売時の批評からも絶賛された。江原正士や堀内賢雄、大塚芳忠とは、同一作品の別音源で同じ俳優を担当している事が多い。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た藤森慎吾

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たGACKT

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た小堺一機小堺 一機

    小堺一機司会の番組『ごきげんよう』に出演した際、「理想の女性は?」という質問に「妻です。出会った頃の」と回答をしたことがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たスキマスイッチスキマスイッチ

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た片桐仁片桐 仁

    出演:水野美紀&山寺宏一/真中瞳&片桐仁/YOU&生瀬勝久山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たよゐこよゐこ

    この仕事でさらに知名度を上げた山寺は、『はれときどきぶた』、『デ・ジ・キャラットにょ』、『学級王ヤマザキ』、『スティッチ!』など、アニメに本人役として出演したこともある。当時共に司会を務めていたレイモンドと共に、『おはスタ』の司会者として出演したケースもある。当時番組共演者であったよゐこによると、番組挨拶である「おーはー」が香取慎吾によって「おっはー」として新語・流行語大賞を受賞したことについて愚痴をこぼしていた、とのことである。2007年の小堺一機との舞台公演では、「流行語大賞を取ったのに挨拶にも来なかった」とこぼしていた(同公演はフジテレビ主催である)。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たアンガールズアンガールズ

    1997年開始当初は2回ほど休んだことがあり、その際はミニ四ファイターのコスプレをした森久保祥太郎が代理で司会を務めた。また、2006年に大阪で舞台があったため半月ほど休んでいた時期がありそのときの代理司会は最初3日を三谷幸喜、中5日を山里亮太、ラスト5日をアンガールズが担当した。後に山里は相方のしずちゃんと金曜(2011年3月まで)、アンガールズは火曜のレギュラーとして登場。また三谷も2008年公開の映画ザ・マジックアワーの宣伝でゲスト出演している。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たアンディ・ラウ

    暗黒英雄伝 (ヨーク〈アンディ・ラウ〉)山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た東国原英夫

    ヤッターマン(第2作)(ナレーション〈山ちゃん〉、ヤッターメカおよび一部のドロンボーメカ関連、おだてブタ、おだてこぶた、なげきブタ、さよブタ等の一部のコクピットメカ、でブタ、トーク番組司会、東国原知事、モアイ、美川憲一 他)山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

874件中 71 - 80件表示

「山寺宏一」のニューストピックワード