874件中 81 - 90件表示
  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たヒュー・ジャックマン

    ヴァン・ヘルシング(ヴァン・ヘルシング〈ヒュー・ジャックマン〉) TV版山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たハリソン・フォード

    スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(ハン・ソロ〈ハリソン・フォード〉) テレビ朝日版山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たスティーヴィー・ワンダー

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たロバート・レッドフォード

    スティング(ジョニー・フッカー〈ロバート・レッドフォード〉) テレビ朝日版山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たトム・ハンクス

    吹き替え作品に多く出演しており、主な担当俳優にウィル・スミス、エディ・マーフィ、チャウ・シンチー、ジム・キャリー、ブラッド・ピットなどがある。以前はジャン=クロード・ヴァンダム、チャーリー・シーン、トム・ハンクス、ニコラス・ケイジ、デンゼル・ワシントン、マイケル・J・フォックスなどの吹き替えも多く担当していた。映画『チャーリー』のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えは、原語版よりも日本語吹き替え版の方が素晴らしいとVTRの発売時の批評からも絶賛された。江原正士や堀内賢雄、大塚芳忠とは、同一作品の別音源で同じ俳優を担当している事が多い。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た美川憲一美川 憲一

    ヤッターマン(第2作)(ナレーション〈山ちゃん〉、ヤッターメカおよび一部のドロンボーメカ関連、おだてブタ、おだてこぶた、なげきブタ、さよブタ等の一部のコクピットメカ、でブタ、トーク番組司会、東国原知事、モアイ、美川憲一 他)山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たヴィン・ディーゼル

    ブルドッグ(ショーン・ヴェッター〈ヴィン・ディーゼル〉)TV版山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たマイケル・ムーア

    ボウリング・フォー・コロンバイン(マイケル・ムーア) テレビ東京版山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見たガレッジセール

    1998年には、本来登場しない6時45分-7時3分帯の『おはスタ』1部にもレイモンドと一緒に登場したことがある。また、ピョコタン作画によるひきだしあけおが1部に登場していた時期にも、衛星中継風の画像で出演していた。これは、2000年にガレッジセールが出演するまで続いた。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た木山裕策

    『ものまねバトル』には、最初は当時常連だった冨永みーなとのデュエットの相手役として出演。後に山寺1人での出場が多くなり、末期では常連出場者と番組でのナビゲーター役を兼任していた。さらに、番組内で3度MVPを受賞した経歴も持つ。MVPを獲得した時の芸は、1度目は尾崎豊で、2度目はルイ・アームストロング(途中で口でトランペットの声帯模写を披露)、3回目はスティーヴィー・ワンダー+ドラムやベース、ギターなど7種類の楽器の声帯模写。他にはTHE BLUE HEARTS(甲本ヒロト本人に認められている)、ケツメイシ(3人のボーカルを一人で全部こなした)、スキャットマン・ジョン(中尾彬がカラオケで歌うというコンセプトで)、THE BOOMなど。もともとは、声優ではなくものまねタレントになりたかったという。後番組の『ものまねグランプリ』においても、個人では久保田利伸のものまねでMVP獲得、荒牧陽子とのコラボレーションで「We Are The World」の男性ミュージシャン全員を演じMVP獲得、計2回獲得している。番組内では「ものまね精密機械」のキャッチコピーを持つなど、主要レギュラーとして活躍している。ものまねレパートリーには尾崎豊、木山裕策、つんく、ケツメイシ(全員の声真似が出来る。)、久保田利伸、甲本ヒロト、スキャットマン・ジョン(中尾彬)、ルイ・アームストロング、中村雅俊、福山雅治、藤巻亮太(レミオロメン)、平泉成、大橋卓弥(スキマスイッチ)、湘南乃風、ささきいさお、子門真人、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、みのもんた、矢部浩之(ナインティナイン)、稲垣潤一、矢沢永吉、GACKT、THE BOOM、秋川雅史、水谷豊、尾崎紀世彦、玉置浩二/ 声帯模写:トランペット、ドラム、ベース、ギター、携帯電話、ジャングルの動物たちなどがある。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

874件中 81 - 90件表示

「山寺宏一」のニューストピックワード