56件中 11 - 20件表示
  • ガソリン値下げ隊

    ガソリン値下げ隊から見た山岡賢次山岡賢次

    2008年1月15日、結成式。菅直人が「衆院における与党の圧倒的多数の横暴を許さない」、山岡賢次国会対策委員長が「この国会はガソリン国会であり、ガソリン解散にする」と訴え、気勢を上げた。ガソリン値下げ隊 フレッシュアイペディアより)

  • 藤村修

    藤村修から見た山岡賢次山岡賢次

    同年11月14日、拉致問題担当大臣を務める山岡賢次国家公安委員会委員長の補佐として、拉致問題に詳しい松原仁国土交通副大臣に拉致問題担当副大臣を兼任させたことに自民党が反発し混乱を招いたとして、野田佳彦首相から厳重注意を受けた。藤村修 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡達丸

    山岡達丸から見た山岡賢次山岡賢次

    山岡 達丸(やまおか たつまる、1979年(昭和54年)7月22日 - )は、日本の政治家。元衆議院議員(1期)。父は衆議院議員の山岡賢次。祖父は作家の山岡荘八。山岡達丸 フレッシュアイペディアより)

  • 大連立構想 (日本 2007)

    大連立構想 (日本 2007)から見た山岡賢次山岡賢次

    10月30日午前、 国会内で自民党と民主党との党首会談が行なわれた。自民党側は福田・伊吹・党国会対策委員長大島理森、民主党側は党代表小沢一郎・党幹事長鳩山由紀夫・党国会対策委員長山岡賢次が出向いた。最初の10分はこの6者で会談し、その後の45分間は福田と小沢だけの党首会談、最後に伊吹・鳩山が会談に加わって党首会談は終了した。この党首会談では、翌31日に予定されていた国会での党首討論の延期、再度の党首会談が約束され、福田と小沢が国会運営の鍵を握っていることを世間にハッキリさせはしたが、永田町では「45分間も密室にいて世間話はないだろう」などと、衆院解散・総選挙や大連立をめぐって憶測が飛び交い、疑心暗鬼の状態となる者も多く、各方面からその密室性を厳しく批判された。大連立構想 (日本 2007) フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県議会

    栃木県議会から見た山岡賢次山岡賢次

    以下は2012年(平成24年)12月27日時点での会派構成である。福田富一知事に対してはとちぎ自民党議員会、公明党栃木県議会議員会が与党。民主党・無所属クラブは当初は態度を明確にしていなかったが、国政で民主党が与党となってから知事が民主党に対して批判的な態度を取ることが少なくなく、民主党も知事に対して野党色を鮮明にしつつあり民主党県連は次回の知事選で独自候補を擁立することを明言していた。しかし、2012年栃木県知事選挙では民主党は独自候補擁立を見送っている。みんなのクラブは栃木県第3区選出の衆議院議員の渡辺喜美の自民党離党、みんなの党結党をきっかけとして、渡辺に近い自民党所属の県議会議員5人がみんなの党に移籍したことによって結成された会派である。みんなのクラブは知事に対する態度を明確にはしていないが、これまでのところ県政において知事と対立するといったことはしていない。2011年4月の県議会議員選挙ではみんなの党は13議席を獲得し大躍進した。2012年8月1日には、国民の生活が第一代表代行の山岡賢次衆議院議員の直系の県議会議員2人が県民第一の会を結成した。栃木県議会 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た山岡賢次山岡賢次

    ところが、民主党国会対策委員長の山岡賢次が、渡辺の留守番電話に対し「民主党は反対するとお伝えしておく」との伝言を残していたことが発覚した。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た山岡賢次山岡賢次

    国会対策委員長 山岡賢次第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 三六戦争

    三六戦争から見た山岡賢次山岡賢次

    加藤は、派閥の意向に反した分派行動をとったとして、総裁選直前の1991年10月12日に三塚派から除名された。総裁選翌日の10月28日、加藤は、加藤を追って三塚派を退会した吹田愰、古賀一成、山岡賢次、田名部匡省らと政眞会(事実上の加藤グループ)を結成。三塚派からの更なる離脱者を期待したが、三塚らの引き締めでその後の離脱者はほとんどなく、結果衆参合わせて10人程度の党内最小派閥に留まった。宮沢内閣では、田名部が農水相に就任しているが、三塚派の入閣者が内閣主要ポストから締め出されたことに比べると明らかな優遇で、三塚派への見せしめ人事であった。三六戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 第179回国会

    第179回国会から見た山岡賢次山岡賢次

    一川保夫防衛大臣と山岡賢次国家公安委員長の問責決議案が自民、公明他野党7党の賛成多数で可決。第179回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 問責決議

    問責決議から見た山岡賢次山岡賢次

    2011年12月9日、一川保夫防衛大臣、山岡賢次国家公安委員長兼消費者担当大臣に対するもの。一川は就任以来の数次にわたる防衛閣僚としての不適切な言行(詳細は当該記事を参照)、山岡はマルチ商法業者からの政治献金受けに対するもの。自民、公明ほか野党7党の賛成多数で可決された。当初野田佳彦内閣総理大臣は更迭しない方針を明言し、問責決議が可決された閣僚自身も辞任はしなかったが、35日後の2012年1月13日の内閣改造(野田改造内閣発足)に伴い、両閣僚ともに退任した。問責決議 フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示

「山岡賢次」のニューストピックワード