56件中 21 - 30件表示
  • 松原仁

    松原仁から見た山岡賢次山岡賢次

    2011年9月、野田内閣で国土交通副大臣に就任。あわせて、拉致問題担当大臣を兼任する山岡賢次国家公安委員会委員長の要請により、拉致問題担当副大臣を兼任したが、自民党から反発を受けたため担当から外れた。2011年12月、雄志会(平野博文グループ)の結成に参加し、同会副会長に就任する。松原仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢グループ

    小沢グループから見た山岡賢次山岡賢次

    山岡賢次(5回・参院2回、栃木4区、民主党除籍後国民の生活が第一を経て日本未来の党所属)小沢グループ フレッシュアイペディアより)

  • 熊代昭彦

    熊代昭彦から見た山岡賢次山岡賢次

    厚生族議員であり、岡山県選出であった橋本龍太郎(後の内閣総理大臣)に見いだされ、1993年7月に厚生省を退官。第40回衆議院議員総選挙に大村襄治の後継者として自民党公認で旧岡山県第1区(定数5)から出馬。同区最下位ながら初当選を果たした。以後当選4回(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨など)。小渕派→橋本派に所属し、橋本の側近として活動。2003年自由民主党総裁選挙では小泉純一郎を支持するか否かで平成研究会の対応が決まらない中、いったん総裁選に出馬表明を行うが、20人の推薦人を集められず、出馬を断念した。熊代昭彦 フレッシュアイペディアより)

  • 小野晋也

    小野晋也から見た山岡賢次山岡賢次

    1993年、森清の後継者として第40回衆議院議員総選挙に自民党公認で立候補し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・塩崎恭久・岸田文雄・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。以後5期連続当選。小野晋也 フレッシュアイペディアより)

  • 七条明

    七条明から見た山岡賢次山岡賢次

    徳島県立阿波高等学校・東京農業大学醸造学科を経て、清酒醸造元及び関連会社の役員を務めた。その後、1981年から徳島県議会議員を4期務めた後、1993年の第40回衆議院議員総選挙で徳島県選挙区(全県一区)から自由民主党公認で出馬し、地元板野郡で大量得票することにより日本社会党の仙谷由人を小差で凌ぎ初当選を果たした(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。七条明 フレッシュアイペディアより)

  • 金丸信

    金丸信から見た山岡賢次山岡賢次

    1992年3月、栃木県足利市で山岡賢次の応援演説中に右翼の銃撃を受けるが、弾丸は全て外れ、金丸は助かる。同年3月25日に世界基督教統一神霊協会教祖、文鮮明が特例措置で14年ぶりに日本に入国。アメリカで脱税により1年以上の実刑判決を受けているため、これまで出入国管理及び難民認定法の規定で入国できなかったが、「北東アジアの平和を考える会」という国会議員の会合に出席する名目で田原隆法務大臣から上陸特別許可が下りた。法務省入国管理局が金丸から打診があったことを認めたため、金丸が法務省に対する政治的圧力をかけたのではとの疑惑を生んだ。同月31日金丸は都内のホテルで文鮮明と会談を持った。同年の埼玉県知事選挙では畑和の後継を巡り、公示直前で土屋義彦の支持を撤回し山口敏夫を担ぎ出そうとしたため反発を浴びた(結果として土屋は埼玉県知事に当選した)。また金丸は首都機能移転の推進論者であったといい、反対派の石原慎太郎を強く批判している。金丸信 フレッシュアイペディアより)

  • 上柳昌彦のお早うGoodDay!

    上柳昌彦のお早うGoodDay!から見た山岡賢次山岡賢次

    11月9日、山岡賢次(民主党国会対策委員長)が電話でゲスト出演。上柳昌彦のお早うGoodDay! フレッシュアイペディアより)

  • 金正日の死

    金正日の死から見た山岡賢次山岡賢次

    - 野田佳彦総理は19日午後0時15分より新橋駅前で街頭演説を行う予定であったが、死亡情報をNHKニュースで受け到着前の午後0時6分に内幸町交差点付近で引き返し、午後0時9分に首相官邸に戻った、同日午後1時より官邸にて総理と関係閣僚が参加した安全保障会議を開催したが、午前中に栃木県警察を訪れていた山岡賢次国家公安委員会委員長のもとには特別放送が流れるという情報は届けられず、事務方も含め会議を欠席した。自衛隊は警戒態勢に突入し、海上保安本部は原子力発電所といった沿岸部の重要施設の警戒を強化した。また公安調査庁は緊急調査本部を設置し、情報収集にあたった。金正日の死 フレッシュアイペディアより)

  • 稲葉大和

    稲葉大和から見た山岡賢次山岡賢次

    渡辺美智雄の秘書を務めた後、1993年に再び第40回衆議院議員総選挙に立候補して初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・横内正明・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・浜田靖一・山岡賢次・高市早苗など)。渡辺派に属す。以後、連続5期当選。科学技術政務次官、文部科学副大臣などを歴任。稲葉大和 フレッシュアイペディアより)

  • 野田内閣

    野田内閣から見た山岡賢次山岡賢次

    内閣の要となる内閣官房長官には、野田と同期で日本新党から初当選を果たして以来の盟友である衆議院議員の藤村修を起用。藤村はこれが初入閣であり、他にも平岡秀夫・安住淳・中川正春・小宮山洋子・鉢呂吉雄・一川保夫・前田武志・山岡賢次・古川元久も初入閣を果たした。また、玄葉光一郎・安住淳・細野豪志・蓮舫・古川元久といった若手議員も入閣を果たし、組閣時の平均年齢は政権交代後最も若い58.2歳となった。なお、最年少は細野の40歳である。野田内閣 フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「山岡賢次」のニューストピックワード