115件中 101 - 110件表示
  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟

    マスコミからの取材に対し、山岡の事務所は「当方にはこの文書を出した認識はありません、山岡の名前が無断で使われたものと認識しております。」と主張しているが、前田から「私が作ったが、山岡さん、牧さんには秘書を介して相談をした記憶がある」と指摘されている。また、牧は「協議会の団体名も、抗議文も初めて見た。こんな風に名前が使われるとは夢にも思わなかった」が「議連への入会を承諾した以上名前が独り歩きしても仕方がない」として謝罪している。2008年、流通ビジネス推進議員連盟は「健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟」(後に解散)に改称し、山岡は顧問を務めた。同様に、流通ビジネス推進政治連盟も「ネットワークビジネス推進連盟」に改称している。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た浦添市

    2008年5月2日、沖縄県浦添市での講演にて「国対委員長は野球で言うと監督。小沢一郎さんはうちの4番バッターで監督の指揮下にあるが、あの人は時々三振をするもんですから、その穴埋めをする監督も大変です」と発言した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た東京地検特捜部

    2009年(平成21年)3月3日、西松建設事件をめぐる政治資金規制法違反容疑で東京地検特捜部が小沢一郎の秘書を逮捕した件について。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た流通ビジネス推進議員連盟

    山岡が会長を務めた「流通ビジネス推進議員連盟」が、マルチ商法から市民を保護する活動を行っていた社会福祉協議会に対し、山岡会長名義で抗議の意見書を送付していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た催眠商法

    なお、伊賀市社会福祉協議会は、マルチ商法だけでなく、催眠商法など他のさまざまな悪徳商法への対策にも尽力している。悪徳商法に対する取り組みは高く評価されており、2011年6月には、消費者庁の「消費者支援功労者表彰等」にて「内閣府特命担当大臣表彰」を受けている。奇しくもその3か月後、野田内閣の発足にともない、消費者庁を所管する内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)に山岡が就任することになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た西松建設事件

    2009年(平成21年)3月3日、西松建設事件をめぐる政治資金規制法違反容疑で東京地検特捜部が小沢一郎の秘書を逮捕した件について。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た社会福祉協議会

    山岡が会長を務めた「流通ビジネス推進議員連盟」が、マルチ商法から市民を保護する活動を行っていた社会福祉協議会に対し、山岡会長名義で抗議の意見書を送付していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た第15回参議院議員通常選挙

    7月23日 - 第15回参議院議員通常選挙(比例区・自民党公認)2期目当選。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た留守番電話

    一橋大学大学院商学研究科教授の渡辺博史が日本銀行副総裁候補として取り沙汰されるなか、山岡が渡辺の留守番電話に「民主党は反対するとお伝えしておく」との伝言を残し、間接的に辞退を促していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た新生党

    1993年(平成5年)の第40回衆議院議員総選挙で衆議院議員に転身し、翌1994年、加藤六月と共に自民党を離党し新生党へ入党した。新生党の解党とともに新進党入りしたが、1996年、第41回衆議院議員総選挙で落選した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

115件中 101 - 110件表示

「山岡賢次」のニューストピックワード