187件中 11 - 20件表示
  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た山岡達丸

    妻と3男。三男の山岡達丸は衆議院議員(2期)。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た輿石東

    同年2012年の消費増税をめぐる政局では、6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決で、党の賛成方針に反して反対票を投じた。その後、小沢らとともに民主党を離党して新党、新会派を結成する準備を進め、7月2日に衆議院40人、参議院12人計52人の離党届を幹事長輿石東に提出した(山岡が離党届の提出前に離党意思の最終確認をしなかったために階猛・辻恵が同日中に離党届を撤回し、離党者は衆議院で38人となり衆参計50人となった)。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し、7月9日の常任幹事会で正式決定した。これを受け、7月11日に新党「国民の生活が第一」の結成大会を行い、代表代行に就任した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た仙谷由人

    その後、幹事長の鳩山だけでなく、民主党副代表前原誠司、同意人事検討小委員長仙谷由人らが相次いで渡辺の副総裁就任の支持を表明し、民主党の党内で「容認論が大勢となりつつあった」段階で、山岡は渡辺に対し電話を掛けている。電話を掛けた理由について、山岡は「所信聴取前に傷つかないように思いやって言っただけ」と語っているが、マスコミからの取材に対しては「プライベートなので答えられない」として回答を拒否し、謝罪等も行わなかった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た小倉智昭

    2010年(平成22年)6月4日、フジテレビ「とくダネ!」に出演しての発言。小倉智昭の「(民主党の新代表を)2日間で決めるのは、日程にかなり無理があるのではという見方がある」との投げかけに対し、「鳩山さんは9月まで任期があり、その時まできちんとやるのがスジだったが、急きょ交代となった。従って、急きょなんで、今回は暫定ですから。会期末で法案もたまっているし、できるだけ早く、ご迷惑をかけないようにしてやらないと」と山岡は答えた。山岡のコメントに小倉は「暫定の総理大臣?」と語った。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た西田昌司

    2008年(平成20年)4月8日、参議院議院運営委員会にて日本銀行副総裁候補として渡辺の所信聴取と質疑応答が行われた際、参議院議員西田昌司が「民主党幹部が『あなたの人事に反対なので伝えておく』と電話したという話がある」と質問した。渡辺は「答えを差し控える」と回答しており、その真偽は明らかにしなかったが、同日、民主党側は電話の主が山岡だったと認めた。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た牧義夫

    ところが、2007年(平成19年)2月28日、流通ビジネス推進議員連盟は「(記事が)業界すべてが悪いとの印象を読者に与えかねない」と主張する意見書を作成し、伊賀市社会福祉協議会に送付した。この意見書は、流通ビジネス推進議員連盟の会長の山岡、事務局長の前田雄吉および牧義夫の連名で作成されており、議員名と事務所住所を記載した封筒により、国会内郵便局から発送されていた。また、同議員連盟を支援する「流通ビジネス推進政治連盟」も同日付で伊賀市社会福祉協議会に対し抗議書を送付しており、訂正広告の掲載や謝罪を要求し、条件を受け入れないなら「法的に処断する」と主張している。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た渡辺博史

    一橋大学大学院商学研究科教授の渡辺博史が日本銀行副総裁候補として取り沙汰されるなか、山岡が渡辺の留守番電話に「民主党は反対するとお伝えしておく」との伝言を残し、間接的に辞退を促していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た大塚耕平

    2010年(平成22年)6月の鳩山首相辞任を受け、発足した菅直人新執行部では、党副代表兼広報委員長に就任(後任の国対委員長は樽床伸二)。いわゆる「脱小沢」人事の一環とされた。2010年9月民主党代表選挙では小沢一郎擁立に奔走した。代表選で小沢は菅に敗れ、新執行部で山岡は副代表に留任、広報委員長は退任した(後任の広報委員長は大塚耕平)。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た樽床伸二

    2010年(平成22年)6月の鳩山首相辞任を受け、発足した菅直人新執行部では、党副代表兼広報委員長に就任(後任の国対委員長は樽床伸二)。いわゆる「脱小沢」人事の一環とされた。2010年9月民主党代表選挙では小沢一郎擁立に奔走した。代表選で小沢は菅に敗れ、新執行部で山岡は副代表に留任、広報委員長は退任した(後任の広報委員長は大塚耕平)。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た前原誠司

    その後、幹事長の鳩山だけでなく、民主党副代表前原誠司、同意人事検討小委員長仙谷由人らが相次いで渡辺の副総裁就任の支持を表明し、民主党の党内で「容認論が大勢となりつつあった」段階で、山岡は渡辺に対し電話を掛けている。電話を掛けた理由について、山岡は「所信聴取前に傷つかないように思いやって言っただけ」と語っているが、マスコミからの取材に対しては「プライベートなので答えられない」として回答を拒否し、謝罪等も行わなかった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

187件中 11 - 20件表示