187件中 31 - 40件表示
  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た日本未来の党

    野田内閣にて国家公安委員会委員長兼内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣に任命され初入閣したが、第179回国会の会期末である2011年(平成23年)12月9日に野党が提出した問責決議案が可決された(同時に一川保夫防衛大臣の問責決議も可決)。任命者である野田佳彦内閣総理大臣は更迭しない方針を明言し、辞任はしなかったが、2012年(平成24年)の野田改造内閣発足に伴い退任した。同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙では日本未来の党から立候補するも小選挙区で敗北、比例復活もならず落選。2013年(平成25年)7月21日の第23回参議院議員通常選挙では生活の党の公認を受け、比例区で出馬したが、生活の党は1議席も獲得できなかったため落選した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た参議院議員

    衆議院議員を5期、参議院議員を2期務めたほか、自由党国会対策委員長(第4代)、民主党副代表、国民の生活が第一代表代行、衆議院農林水産委員長、民主党国会対策委員長(第13代)、国家公安委員会委員長(第85代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣などを歴任した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見たマルチ商法

    山岡が会長を務めた「流通ビジネス推進議員連盟」が、マルチ商法から市民を保護する活動を行っていた社会福祉協議会に対し、山岡会長名義で抗議の意見書を送付していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た高木美智代

    2011年(平成23年)10月28日の衆議院内閣委員会において、公明党の高木美智代によるスマートフォンの不正アクセス対策への答弁。無防備という意味でのノーズロ発言だったが、抗議を受け後日撤回した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た安倍晋太郎

    城北高等学校を経て慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、安田生命の人事課、アメリカ留学を経て1983年(昭和58年)の第13回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で当選し政界入りした。自民党では清和会(福田赳夫→安倍晋太郎派)に所属していたが、1991年(平成3年)に加藤六月が率いる政眞会(加藤グループ)の旗揚げに参加。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た石川知裕

    小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で起訴された同党の石川知裕衆院議員の進退について野党からの辞職勧告決議案について聞かれた時の発言。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た階猛

    同年2012年の消費増税をめぐる政局では、6月26日の衆議院本会議で行われた消費増税法案の採決で、党の賛成方針に反して反対票を投じた。その後、小沢らとともに民主党を離党して新党、新会派を結成する準備を進め、7月2日に衆議院40人、参議院12人計52人の離党届を幹事長輿石東に提出した(山岡が離党届の提出前に離党意思の最終確認をしなかったために階猛・辻恵が同日中に離党届を撤回し、離党者は衆議院で38人となり衆参計50人となった)。民主党は7月3日の常任幹事会で離党届を受理せず除籍処分とする方針を決定し、7月9日の常任幹事会で正式決定した。これを受け、7月11日に新党「国民の生活が第一」の結成大会を行い、代表代行に就任した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た福田赳夫

    城北高等学校を経て慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、安田生命の人事課、アメリカ留学を経て1983年(昭和58年)の第13回参議院議員通常選挙に自由民主党公認で当選し政界入りした。自民党では清和会(福田赳夫→安倍晋太郎派)に所属していたが、1991年(平成3年)に加藤六月が率いる政眞会(加藤グループ)の旗揚げに参加。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た川上義博

    2010年(平成22年)1月9日、川上義博参院議員の会合で「日本は一国至上主義でやってきたが、これからはそういうわけにはいかない。あらゆる国の人が結集するのが強い。アメリカ合衆国みたいにしないと日本の明日はない」と述べた。1月12日に民団の新年会で「党で決定した外国人参政権法案を党の国対委員長として、今国会で必ず実現するように、全力を挙げて取り組んでまいりたい」と述べた。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た習近平

    2009年(平成21年)12月15日に行われた中国の習近平国家副主席と天皇の会見(天皇特例会見)について、「政治利用というよりも、本当の親善という意味では非常に良かったのではないか。もしも会えなければ中国の皆さんの感情は非常に傷つけられたのではないか」と述べた。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

187件中 31 - 40件表示