115件中 41 - 50件表示
  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た問責決議

    野田内閣にて国家公安委員会委員長兼内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣として初入閣を果たすが、第179回国会の会期末である2011年12月9日に野党が提出した問責決議案が可決された(同時に一川保夫防衛大臣の問責決議も可決)。任命者である野田佳彦内閣総理大臣は更迭しない方針を明言し、辞任はしなかったが、2012年(平成24年)の野田改造内閣発足に伴い退任した。第46回衆議院議員総選挙では日本未来の党から立候補するも落選。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た日本共産党

    日本共産党の機関紙しんぶん赤旗は2010年(平成22年)1月13日、民主党の小沢一郎が党代表に就いていた2006年から2008年の間、党本部から党財務委員長だった山岡ら4人に「組織対策費」として計約23億円が支出されていることが判明したと発表。使途不明な支出であり原資には政党助成金が含まれている可能性もあるとして、明確な説明を求めている。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た政治倫理審査会

    4月9日、衆参両院の議院運営委員長である笹川尭と西岡武夫が会談し、両院合同代表者会議で山岡の事情聴取を行うと決定した。西岡は山岡に出席するよう要請したが、山岡は「プライベートなことなので、話すことはない。呼ばれるいわれはない」と拒否する意思を示した。しかし、党内外から批判が続出したことから山岡は出席する意向を示したが、今度は方式などで自民・民主両党間での調整がつかず、笹川と西岡は事情聴取を無期延期とした。これに対し、自民党の衆議院議員59名が「事実とすれば行政権に対する国会の過剰介入」として山岡への証人喚問を要求する要望書を提出するなど反発が強まり、自由民主党と公明党は、山岡が今後も説明を拒む場合は政治倫理審査会に召喚することを合意した。しかし審査会は開かれず、召喚もされなかった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た明仁

    2009年(平成21年)12月15日に行われた中国の習近平国家副主席と天皇の会見(天皇特例会見)について、「政治利用というよりも、本当の親善という意味では非常に良かったのではないか。もしも会えなければ中国の皆さんの感情は非常に傷つけられたのではないか」と述べた。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見たマルチ商法

    山岡が会長を務めた「流通ビジネス推進議員連盟」が、マルチ商法から市民を保護する活動を行っていた社会福祉協議会に対し、山岡会長名義で抗議の意見書を送付していたことが明らかになった。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見たTBSテレビ

    2008年9月29日、TBSのみのもんたの朝ズバッ!で、「そういう人(麻生太郎)達が人気が出てくる、秋葉原で人気が出てくると、これはある意味では、戦前のドイツ・日本の現象に回帰しており極めて危険である」と語った。全文としては、以下のような発言をTVで語った。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見たジェイ・キャスト

    山岡はマルチ商法をネットワークビジネスと称している。ネットワークビジネス推進連盟理事長と対談していることやマルチ商法業者のイベントで「究極のフレックスタイムの正規の職業というのがこのネットワークビジネスだ」と演説していることから、J-CASTは「山岡議員はマルチ商法を一貫して応援していたかのようにも見える」と指摘している。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た野田内閣

    衆議院議員(5期)、参議院議員(2期)、自由党国会対策委員長(第4代)、民主党副代表、国民の生活が第一代表代行、衆議院農林水産委員長、民主党国会対策委員長(第13代)、国家公安委員会委員長(第85代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣などを歴任した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た国家公安委員会委員長

    衆議院議員(5期)、参議院議員(2期)、自由党国会対策委員長(第4代)、民主党副代表、国民の生活が第一代表代行、衆議院農林水産委員長、民主党国会対策委員長(第13代)、国家公安委員会委員長(第85代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣などを歴任した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

  • 山岡賢次

    山岡賢次から見た自由党 (日本 1998-2003)

    衆議院議員(5期)、参議院議員(2期)、自由党国会対策委員長(第4代)、民主党副代表、国民の生活が第一代表代行、衆議院農林水産委員長、民主党国会対策委員長(第13代)、国家公安委員会委員長(第85代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)、拉致問題担当大臣などを歴任した。山岡賢次 フレッシュアイペディアより)

115件中 41 - 50件表示

「山岡賢次」のニューストピックワード