前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た山崎武司山崎武司

    4月1日 - 楽天対オリックス第3回戦(フルキャスト)で、3回裏にホセ・フェルナンデス内野手と山崎武司外野手がそれぞれオリックス・吉井理人投手から1イニング2本の満塁本塁打を放った。1イニング2本の満塁本塁打は、1996年の阪神・新庄剛志外野手・塩谷和彦内野手、1999年のダイエー・秋山幸二外野手・小久保裕紀内野手のケースに次いで3回目。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 中川大志 (野球)

    中川大志 (野球)から見た山崎武司山崎武司

    2008年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受け、入団した。指名後に桜丘高校を訪れた楽天のチーム統括本部編成部長の三村敏之の挨拶を受け、「山崎武司選手のようにホームランを打ちたい」「楽天を支えられる選手になりたい。応援お願いします」と語った。三村も中川を「野手の柱になる選手に育てたい。将来はチームの主軸になる」「遠くへ飛ばす技術を持っている。(入団後は)内野手として育ってほしい」と評した。中川大志 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見た山崎武司山崎武司

    楽天・山崎武司内野手が対横浜4回戦で2本塁打を記録し、史上5人目となるセ・パ両リーグ150本塁打を達成。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た山崎武司山崎武司

    4月3日 - 楽天対ロッテ第3回戦(Kスタ宮城)で、楽天・山崎武司内野手が3回に今季2号ソロ本塁打を放ち、プロ32人目となる通算300本塁打を達成。試合は楽天が9?1で勝ち、球団記録を更新する7連勝で球団史上初の単独首位。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:大前一樹 解説:内藤尚行(ロッテ・中日OB) ゲスト解説:山崎武司(東北楽天)リポーター:谷口広明2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 中日ドラゴンズ

    中日ドラゴンズから見た山崎武司山崎武司

    1996年、星野が監督に復帰し、ナゴヤ球場最終シーズンとなった。韓国ヘテ・タイガースから宣銅烈を獲得。抑えとして期待されるも、日本の野球に慣れるのに時間がかかって不振に終わる。この年は長嶋巨人による「メークドラマ」の年だったが、巨人があと1勝で優勝という時点で(巨人の残り試合は全て対中日戦だったのでマジックはつかなかった)で勝ち続け、9月24日から6連勝。そして10月6日、ナゴヤ球場で行われる最後の公式戦。この試合を含む残り3試合の対巨人戦に全勝すればプレーオフというところまでこぎつけるが、3試合目に2-5で敗れ去り優勝はならなかった。この年は山崎武司が本塁打王になるなど大豊、パウエルを主軸とした打線が活躍を見せ、“強竜打線”の愛称も一層の定着を見せた。中日ドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤裕正

    伊藤裕正から見た山﨑武司山崎武司

    ニューヨーク・ヤンキースを退団後、もう一つの夢であった俳優を始めようとする数十社のプロダクションにプロフィールを送るが反応が鈍く、野球界のアニキと慕う中日ドラゴンズの山?武司から東京の知人を紹介され上京する。伊藤裕正 フレッシュアイペディアより)

  • 星野仙一

    星野仙一から見た山崎武司山崎武司

    選手にタイトルを獲らせるためには手段を選ばない一面もあった。、小松辰雄が最多勝を争っていた際は、消化試合3試合に5回から投げさせて勝ち星を稼がせ、タイトルを獲得させた。には、最優秀防御率のタイトルがかかっていた今中慎二を、既に優勝が決まっていた広島戦のダブルヘッダーの1試合目で完投させ、2試合目にも登板させた。には山崎武司に本塁打王を獲得させるため、1本差で追っていた松井秀喜を全打席敬遠。巨人ファンはもとより中日ファンからも非難の声が上がった。当の本人は「松井にタイトルを取られると同じ数であっても山崎は注目されず、注目度の高い松井のものになってしまう」と発言した。は、既に中日の優勝が決定し日本シリーズ出場が決まっていたが、最多勝まであと1つと迫っていた野口茂樹をシーズン最終戦(対ヤクルト戦)に中4日登板させた。また、「MVPは優勝球団から」を記者にアピールし、成績で勝る上原浩治への投票を牽制した。星野仙一 フレッシュアイペディアより)

  • デザイナーマツダ

    デザイナーマツダから見た山崎武司山崎武司

    1987-1998 ディマジオ、ドルチェ、アダバットなどのブランドをデザインを担当し1996 年にオリックスブルーウェーブグランドコートデザイン、1997 ワールドラグビー部のユニホームをデザイン。2000年には、オリックスブルーウェーブ、球場スタッフユニフォームデザインしB-WAVE RemixでBWの選手とデザインコラボレートしイチローイラストTシャツプロデュ−ス手掛けている。他にもWBC世界チャンピオン徳山昌守選手、水島事務所とコラボレートしたドカベンTシャツをデザイン、2003〜2006年には、鈴鹿8時間耐久レースや鈴鹿F1日本グランプリのオフィシャルTシャツのデザインも手掛けている。オリジナルデザイン・MA?魂ブランドを楽天市場・ビート魂ショップで、魂Tシャツを製作展開している。楽天ゴールデンイーグルスの山崎武司選手と交流があり毎年、後援会のTシャツやグッズを製作している事が、自身のブログで公開されていた。吉本新喜劇の中條健一は、緑の魂Tシャツを個人用に製作している事をブログで語っていた。網走刑務所・知床世界遺産・地獄谷温泉・上杉謙信・伊達政宗・坂本龍馬などの日本各地の名所や武将のTシャツのデザインも30種以上している。デザイナーマツダ フレッシュアイペディアより)

  • 山﨑武司

    山﨑武司から見た山崎武司山崎武司

    山﨑武司 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
124件中 1 - 10件表示

「山崎武司」のニューストピックワード