124件中 91 - 100件表示
  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た山崎武司山崎武司

    1500奪三振:1998年6月17日、対中日ドラゴンズ13回戦(東京ドーム)、4回表に山崎武司から ※史上42人目桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 久保康友

    久保康友から見た山崎武司山崎武司

    初奪三振:同上、2回裏に山崎武司から久保康友 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た山崎武司山崎武司

    自身初の開幕4番スタートだったが、5月からは落合博満が4番に返り咲き、松井は3番に戻った。その後チームの上昇と共に成績も上昇し、夏場には7月、8月と2か月連続で月間MVPを獲得するなど、大逆転優勝に大きく貢献。初のセ・リーグMVPを受賞した。リーグ最終戦まで山崎武司、大豊泰昭と本塁打王を争っていたが、山崎に1本リードされて迎えた10月8日シーズン最終戦の中日戦では長嶋の配慮で自身初の1番打者として出場したが、すべての打席で敬遠されてタイトルを逃した。観客席の巨人ファンからは罵声が飛び交ったが、松井自身は「しょうがない。タイトルを取れなかったのは、悔しいけど、(高校時代の)五打席連続敬遠の方が悔しかった」と、比較的サバサバした様子だった。それでも、22歳での38本塁打は王貞治に並ぶ年齢別最多本塁打記録。また、同一投手からのシーズン最多本塁打のタイ記録の7本塁打を斎藤隆から放った。この年の斎藤隆との対戦成績は25打数7安打で、安打のすべてが本塁打であった。最終的に130試合に出場し、打率3割1分4厘、38本塁打、99打点の成績で、名実ともにスーパースターの仲間入りを果たした。オフには各種表彰、パーティーの出席が相次ぎ、取材も殺到。契約更改では倍増の1億6000万円で一発サインした。高卒選手ではイチローと並ぶ史上最短(当時)の入団4年目で1億円プレーヤーの仲間入りを果たした。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 朝乃若武彦

    朝乃若武彦から見た山崎武司山崎武司

    山?武司(中日)は愛工大名電高校の1年先輩で、山?の中日在籍時代(1度目)にはナゴヤドームで始球式も行った(余談だが山?も中学時代に相撲経験あり)。朝乃若武彦 フレッシュアイペディアより)

  • 11月7日

    11月7日から見た山崎武司山崎武司

    1968年 - 山崎武司、プロ野球選手11月7日 フレッシュアイペディアより)

  • 門田博光

    門田博光から見た山崎武司山崎武司

    しかし打撃は衰えを見せず、も40本塁打で本塁打王。8月26日の西武ライオンズ戦では史上24人目となる2000本安打を達成。は40歳にして打率.311、44本塁打、125打点で本塁打王、打点王、さらにMVPに輝く。40歳で44本塁打は日本初の快挙。この年限りで消滅した南海での選手生活に花を添えた。40歳でのMVP選出はプロ野球史上最年長記録であり、40歳を意味する「不惑」という言葉はこの年の流行語にもなった。その後、42歳で31本、44歳で7本と、それぞれ年齢別最多本塁打記録を作った。この記録は、2010年42歳を迎える楽天の山崎武司が更新している。門田博光 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺保栄

    薬師寺保栄から見た山崎武司山崎武司

    この試合の数日後に、この試合をリングサイドで観戦した(前出の近藤・長谷部と同い年で中日ドラゴンズ同期入団)山崎武司の結婚式に出席。山崎も薬師寺の親友となり、自主トレで薬師寺からボクシングの指導を受けたこともある。薬師寺保栄 フレッシュアイペディアより)

  • 山本昌

    山本昌から見た山崎武司山崎武司

    ラジコン好きが高じて、親交のあるラジコンメーカー「ミワホビー」とシャーシモデル「YM34」を共同開発し、一般向けに販売したほか、同僚の山崎武司とともに「山山杯」と銘打った競技大会を開催した。毎年盛況を博した山山杯であったが、2006年のオフシーズンに「いや、申し訳ないんだけど、もう10年も続けたでしょう。だから今年はひと区切りということでね」と休止した。末期の山山杯は、開催4日前から主に日本の参加メーカーと専属レーサーのセッティング等準備が入る、世界チャンピオンがタイから参戦する等、最早ラジコン界におけるトッププロによる世界大会に近い大会になっていた。2009年の「200勝記念レース」にもラジコン世界チャンピオン経験者の広坂正美らが参加している。山本昌 フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た山崎武司山崎武司

    、「俺って黒いだろ?」を自身のスローガンとしてタイトル獲得を目指し、来日当初から指摘され続けていた勝負弱さを克服。開幕当初は不振も、自己最多の47本塁打を放ち、2年ぶりの本塁打王と初の打点王を獲得し、リーグ優勝に大きく貢献(球団としては、本塁打王はの山崎武司、打点王はの大豊泰昭以来で、両タイトルとも本拠地がナゴヤドームに移転後初)。特に、古巣の横浜相手には特に強く、打率.372、本塁打12本を記録。マジック1で迎えた10月10日の対巨人戦では46号先制3ラン、47号満塁本塁打(2試合連続)を放ち7打点を挙げ、西沢道夫の持つ球団記録(46本)を更新し優勝を決めた。144打点は球団新記録でプロ野球史上歴代6位の記録。日本シリーズでも全試合4番を務め、打率は.267(15打数4安打)と悪くはなかったものの本塁打0、打点は0で、日本一にはなれなかった。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本シリーズ

    2004年の日本シリーズから見た山崎武司山崎武司

    東海ラジオ(NRN) 解説:稲葉光雄 ゲスト解説:山崎武司(旧オリックス)2004年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

124件中 91 - 100件表示

「山崎武司」のニューストピックワード