190件中 101 - 110件表示
  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た山崎武司山崎武司

    2009年6月28日から7月19日まで放送。以前スタジオで野球モノマネをした坂本勇人からの提案で、野球モノマネで実際に野球をする企画。嶋、竹山、アンタッチャブル山崎、野球モノマネ要員としてタイツ先生以外のC級D級芸人と神奈月が登場。中井が種田仁のモノマネでのバッティングに苦戦していると、本物の種田が登場しガニ股打法を披露した。種田は他にも山崎武司や木塚敦志などのモノマネを披露した。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・スタンリッジ

    ジェイソン・スタンリッジから見た山崎武司山崎武司

    初奪三振:2007年7月10日、対東北楽天ゴールデンイーグルス12回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、8回表に山崎武司から空振り三振ジェイソン・スタンリッジ フレッシュアイペディアより)

  • 与田 剛

    与田剛から見た山崎武司山崎武司

    10月13日に、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍投手コーチとして就任したことが発表された。背番号は92。同年オフには大久保博元の監督辞任に伴って立浪和義や山崎武司、橋上秀樹、佐々木主浩、斎藤隆らとともに名前が挙がったが、これは実現せず、梨田昌孝が監督に就任した。与田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:山田透、解説:山崎武司、リポーター:松本秀夫(両サイド兼務)2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山田久志

    山田久志から見た山崎武司山崎武司

    9月9日、成績不振のため遠征先の広島で解任となった。(残り試合は、ヘッド兼打撃コーチの佐々木恭介が監督代行を務める。20試合で14勝5敗1分とチーム成績は上昇し、最終的に2位になった。)阪神に独走を許すペナントレースになったものの、3年契約の2年目で、球宴休み中にオーナーの白井文吾から続投が「公表」されていて、なおかつ当人が側近に漏らした本音で、直近まで秋季キャンプや来季のコーチングスタッフの話を球団としていて、一部の球界関係者には、秋季キャンプの臨時コーチや来季の入閣の打診までしていた上での急な決定だった。これは、中日でのプレー経験のない完全な「外様」であり、選手や首脳陣からの求心力の低下、OBとの確執が激しかったという事情を本社、球団いずれも掴んでいたことがあった。決定的なのは、5連敗目を喫した9月7日の対ヤクルト26回戦(ナゴヤドーム)で、ハーフスイングを巡る抗議による退場処分。抗議がそのプレー直後ではなく、攻守交替時に行ったことを問題視され、連敗と間の悪い退場劇が解任への格好の引き金となってしまった。なお当初球団からは山田から休養を申し出た形にするよう要請されたがこれに山田が「それでは自分から逃げたか投げ出したことになる。そんなのは受け入れられない」と激怒、激論の末に「解任」に決まったという。また山田はこの決定後に遠征に帯同している選手・スタッフに解任を報告し挨拶を済ませチームを離れて一人新幹線で帰名したが、その車内で自身の解任第一報を目にすることになった(通路上の電光掲示板に「中日、山田久志監督を解任。」と流れたという)と述懐している。活躍した選手を称賛する一方、期待を裏切ると容赦なく糾弾し、「恐怖政治」と言われた。コーチ時代には前田幸長とはソリが合わず、山田の監督昇格が決まった2001年オフに前田はFA宣言し、読売ジャイアンツに移籍している。山崎武司とも確執があり、01年オフFA資格を取ってから横浜ベイスターズから誘いをもらってその気になっていたら、山田から「一緒に戦ってほしい」と説得されて残留したが、一軍に上がってチャンスで代打で打てず、その後山田が「このチームを奈落の底に落とす選手がいる」と発言。その発言を新聞で見た山崎は激怒。それ以降、山崎は山田とはひと言も口を聞かず、目も合わせないようにしているという。エディ・ギャラードとも対立し、ギャラードは03年途中横浜ベイスターズへ移籍した。山田久志 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た山崎武司山崎武司

    ナゴヤ球場最終年のこの年に星野仙一監督が復帰して、チームの立て直しを図った。特に6番を山崎武司、7番を大豊泰昭と固定してホームランを量産、この2人と巨人・松井秀喜の3人による熾烈な本塁打王争いが繰り広げられた。この様は「陰のクリーンナップ」と言われ、他チームから恐れられた。なお、「強竜打線」はこの年の様子を形容したことが発端とされている。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た山崎武司山崎武司

    、来日当初から指摘され続けていた勝負弱さを克服。開幕当初は不振も、自己最多の47本塁打を放ち、2年ぶりの本塁打王と初の打点王を獲得し、リーグ優勝に大きく貢献(球団としては、本塁打王はの山崎武司、打点王はの大豊泰昭以来で、両タイトルとも本拠地がナゴヤドームに移転後初)。古巣の横浜相手には特に強く、打率.372、本塁打12本を記録。マジック1で迎えた10月10日の対巨人戦では46号先制3ラン、47号満塁本塁打(2試合連続)を放ち7打点を挙げ、西沢道夫の持つシーズン本塁打球団記録(46本)を更新し優勝を決めた。144打点も球団新記録でプロ野球史上歴代6位の記録。日本シリーズでも全試合4番を務め、打率は.267(15打数4安打)と悪くはなかったものの本塁打0、打点は0で、日本一にはなれなかった。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム

    プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアムから見た山﨑武司山崎武司

    山?武司(元中日→オリックス→楽天→中日) - 2016年度まで競技解説を担当。プロ野球No.1決定戦!バトルスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 朝乃若武彦

    朝乃若武彦から見た山崎武司山崎武司

    山?武司(中日)は愛工大名電高校の1年先輩で、山?の中日在籍時代(1度目)にはナゴヤドームで始球式も行った(余談だが山?も中学時代に相撲経験あり)。朝乃若武彦 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た山崎武司山崎武司

    同年オフに選手会副会長に就任し、プロ4年目でチームの精神的支えとなっていた選手の放出はチーム内に大きな波紋を呼び、渡辺の涙のトレード会見の翌10日に契約更改に臨んだ鉄平(渡辺と合同自主トレをしてきた)、草野大輔(渡辺と社会人野球時代からの知己)、嶋基宏(渡辺と同期入団)が各々の記者会見の席上で、自らの話題よりも渡辺のトレードの件にふれて言葉をつまらせ、涙を流した。11日には、山崎武司が「出すべき選手ではなかった」と渡辺のトレードに疑問を投げかけ、前述の契約更改の様子を聞いたコーチの田淵幸一も「渡辺だけは出すべきじゃなかった」とコメントしたと報じられた。同日夕方、仙台放送『スポルたん!LIVE』に渡辺が急遽出演し、渡辺の特集が組まれた。鉄平、嶋、そして意図せずして今回のトレードの関連人物の1人となってしまった岩隈がスタジオに急遽駆けつけ、花束を渡した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

190件中 101 - 110件表示

「山崎武司」のニューストピックワード