190件中 111 - 120件表示
  • 高橋智

    高橋智から見た山崎武司山崎武司

    ヤクルトからの退団後には中日が獲得に興味を示したが、FA宣言した山崎武司の残留によってその話もなくなり、合同トライアウトでに台湾大聯盟の台北誠泰太陽に入団。完全な下戸のため試合終了後のバスの車内で酒盛りが始まる台湾プロ野球に見切りをつけたことなどもあり、シーズン途中で退団。そのまま現役を引退。この時期には、元妻への慰謝料や多額の税金の支払いなどで、貯金が底を尽く事態にも見舞われている。高橋智 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た山崎武司山崎武司

    はフォームをスリークォーターに戻し、開幕一軍入りを果たす。中継ぎ投手としてベンチ入りするも登板機会は無く4月22日に登録抹消となった。二軍で調整した後、6月12日の阪神戦で一軍初登板・初先発するも2回1/3を4失点で降板。それでも初めての一軍登板を終えた嬉しさからか、試合後のインタビューで菊池は涙を流した。その後二軍での調整を経て30日のオリックス戦に先発し、5回を2失点でプロ初勝利を挙げた。8月18日の楽天戦では8回まで無失点の好投をし、9回表に山崎武司に通算400号本塁打を打たれたものの、初完投勝利。8月31日には、故郷・岩手県での試合に登板し、打線の援護がなくプロ初黒星を喫したもののシーズン2度目の完投。結局9試合に先発し4勝をあげた。シーズン終了後の11月8日から12月22日まで、オーストラリア・ABLのメルボルン・エイシズに派遣され、5試合の登板で1勝2敗、防御率4.38、WHIP1.54の成績を残し、オールスターゲームにも出場。12月26日に契約更改した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

  • 一二三慎太

    一二三慎太から見た山﨑武司山崎武司

    阪神での打者転向直後に、甲子園の室内練習場で、当時中日に在籍していた山?武司の折れたバットを偶然発見。同じモデルのバットをメーカーへ注文した直後に、中日とのウエスタン・リーグ公式戦でナゴヤ球場に赴いたところ、調整を目的に中日のベンチへ入っていた山崎から即興でスイングの指導を受けた。この指導まで両者に面識はなかったが、一二三自身は後に、山崎からの指導を「宝物」という表現で述懐。山崎が現役を退いた後も、山崎を「(打者としての)師匠」と呼んでいる。一二三慎太 フレッシュアイペディアより)

  • 流石の源石

    流石の源石から見た山崎武司山崎武司

    山崎武司(楽天イーグルス)「仙台で驚いた事」流石の源石 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見た山崎武司山崎武司

    、3月31日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)で、3年連続の開幕投手を務める。関川浩一・立浪和義・福留孝介・レオ・ゴメス・デーブ・ニルソン・山崎武司から6者連続奪三振を記録して勝利投手となる。9月8日の対巨人戦から、10月5日の対阪神戦まで34回1/3連続無失点を記録するなど、勝ち負けは10勝9敗だったがセ・リーグの最優秀防御率と最多奪三振の二冠に輝いた。なお、同シーズンの開幕直前に、当時フジテレビアナウンサーでスポーツ取材も行っていた木佐彩子との結婚を発表した。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 桑田真澄

    桑田真澄から見た山崎武司山崎武司

    1500奪三振:1998年6月17日、対中日ドラゴンズ13回戦(東京ドーム)、4回表に山崎武司から ※史上42人目桑田真澄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉井理人

    吉井理人から見た山崎武司山崎武司

    1イニング2満塁本塁打被弾:2007年4月1日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(フルキャストスタジアム宮城)、3回裏にホセ・フェルナンデス・山崎武司に ※史上2人目(パ・リーグ初)吉井理人 フレッシュアイペディアより)

  • レオン・リー

    レオン・リーから見た山崎武司山崎武司

    引退後はしばらく日米に広がる人脈を生かして野球コンサルタント、1998年にシカゴ・カブスの極東スカウトになる。にオリックス・ブルーウェーブの打撃コーチとして、16年ぶりに日本球界に復帰。同年4月に監督の石毛宏典が解任されると、後任の監督に就任。それにともなって、前監督の「守備力重視」から「打撃力重視」にチームスタイルを変更したため、チームの打撃陣は好調だった(チーム打率リーグ2位、本塁打同3位。ただし得点は同5位)。しかし、ディフェンス面をあまりに軽視しすぎた結果、守備陣は機能不全に(チーム失策数132)陥り、投手陣も次々とプロ野球ワースト新記録(チーム防御率5.95、年間最多被安打1534、最多失点927、最多自責点819など)を乱発するほどの投壊状態となった。結局、前身の阪急時代を含めて球団史上最低勝率を更新する(ちなみに前年・の勝率.365が球団史上最低だった)最下位となり、同年限りで退団した。当時オリックスに在籍した山崎武司は「僕にとってオリックスでの一番の収穫は彼との出会いといっても過言ではない。そう思えるほどレオンは僕にとって重要な存在でした。日本でプレーしただけあって日本人の気持ちを理解してくれる。何とかこの人のために結果を残したい」、アメリカに帰国後もレオンは山崎を激励し、「野球を諦めかけていた自分がもう一度奮い立つことができた背景にはレオンの親心もあった」と山崎は著書に記している。レオン・リー フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た山崎武司山崎武司

    1月7日 - オリックス・ブルーウェーブは元MLBモントリオール・エクスポズの吉井理人を獲得を発表。また、平井正史と中日ドラゴンズの山崎武司の交換トレードも発表2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た山崎武司山崎武司

    『野村監督に教わったこと:僕が38歳で二冠王になれた秘密』(山崎武司著、講談社、2008年2月、ISBN 4062145332)野村克也 フレッシュアイペディアより)

190件中 111 - 120件表示

「山崎武司」のニューストピックワード