124件中 111 - 120件表示
  • 緒方孝市

    緒方孝市から見た山崎武司山崎武司

    初盗塁:1989年9月16日、対中日ドラゴンズ21回戦(ナゴヤ球場)、8回表に二盗(投手:郭源治、捕手:山崎武司緒方孝市 フレッシュアイペディアより)

  • 東北楽天ゴールデンイーグルス

    東北楽天ゴールデンイーグルスから見た山﨑武司山崎武司

    11月17日、新規参入決定後初のドラフト会議参加。明治大学の一場靖弘を自由獲得枠で、その他、即戦力選手6名を獲得。東北にゆかりのある選手には5巡目指名の塩川達也(東北福祉大学)がいた。その後、他球団から無償トレードならびに自由契約となった選手を次々と獲得(山?武司、関川浩一、飯田哲也等)。また、分配ドラフトでオリックスに指名されたが入団を拒否していた岩隈久志も金銭トレードで獲得している。東北楽天ゴールデンイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • トニ・ブランコ

    トニ・ブランコから見た山崎武司山崎武司

    は、楽天から中日に復帰してきた山崎武司とのポジション争いの結果、開幕直後は代打での出場が中心だったが、山崎の故障もあり、4月下旬からスタメンに復帰。また、応援歌コール「かっとばせ ブランコ!」は、今シーズンから「Go Go Let's Go ブランコ!」に変更された。5月には月間打率3割3分3厘、9本塁打、23打点を挙げ月間MVPを獲得した。7月8日のDeNA戦では山口俊から死球を受けた際に左手中指を骨折し登録を抹消、選手間投票で選ばれたオールスターゲームおよびファン投票で選出された本塁打競争の出場も辞退した(代わりに巨人の阿部慎之助が出場)。ブランコが不在の間、4番は和田一浩と森野将彦と山崎武司が勤めた。8月28日の巨人戦で一軍復帰すると、早速連続タイムリーでチームに勝利をもたらす活躍を見せた。9月4日の対広島戦で、江草仁貴から来日初の満塁本塁打を放った。同年オフの残留交渉が金銭面での乖離で難航し、保留選手名簿から外れ、11月30日に自由契約公示された。金銭面以外の原因としては、この年の途中にブランコが契約した代理人との交渉が上手くいかなかっただけでなく、本人との直接交渉ができなかったこと、チーム編成のバランスを重視していた中日サイドとの乖離もあった。ちなみに、クライマックスシリーズ終了後にブランコは母国に帰ったのだが、名古屋市内にあった自宅は片付けられていたということから中日の残留は既に頭の中になかったことが窺い知れる。トニ・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • 槙原寛己

    槙原寛己から見た山崎武司山崎武司

    バース・掛布・岡田の3連続被弾から、11年経った1996年6月19日には、中日ドラゴンズの音重鎮、山崎武司、大豊泰昭に、3連続被弾をまたも浴びた。槙原寛己 フレッシュアイペディアより)

  • 落合英二

    落合英二から見た山崎武司山崎武司

    1996年、山崎武司にもバットを差し出したところ、その年に山崎は本塁打王になった。落合英二 フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た山崎武司山崎武司

    はカープの最終戦を残して先に日程を終えた笘篠賢治が32盗塁でセ・リーグ最多盗塁だったが、4差で追う正田がその対中日戦でプロ野球タイ記録となる1試合6盗塁(そのうち5つは当時捕手だった山崎武司から)を決めて34盗塁とし、同年の盗塁王となった。また、前年に続きリーグ最多となる7本の三塁打を記録している。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た山崎武司山崎武司

    チームの先輩である岩瀬仁紀と同じく、幼い頃からずっと愛知県内の学校・チームで過ごした、地元中の地元の選手である。また、山崎武司と同じ知多市立八幡中学校の出身である。浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • 雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画

    雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画から見た山崎武司山崎武司

    ドラマ「女帝」の番宣として加藤ローサが登場し、始球式をやった後司会席に座った。各贔屓球団のエピソードは、山根「応援団のトランペット・選手別の応援歌(山本浩二)・王シフト・ジェット風船の元祖」竹山「ソフトバンクの携帯電話には開くと福岡ドームの歓声、閉じると試合終了のファンファーレが流れるサービスがある」山崎「三浦大輔がアテネ五輪の代表メンバー全員のサインをもらってきてくれた」飯尾「山崎武司は昔、料理屋の火災の際に人命救助をした事がある」今野「西武のペットマークはレオではなく、その父のパンジャ」小沢「中日には韓国人選手が多いので、名古屋の焼肉屋はおおむねおいしい」岡田「金村義明は競走馬の馬主をやっていて、試合中イヤホンでレース中継を聞きながらサード守備をやっていた」千秋「父は東京の財界で始めて阪神の後援会を作った人で、本物の岡田彰布監督のユニフォームを持っている」藤原「ファンが素晴らしい、球場の清掃を欠かさずそれで毎日新聞に表彰され、その際の褒賞金100万円で垂れ幕を作った。球団の背番号26は『26番目の選手』たるファンの番号として永久欠番にしている」蛍原「ファンが暖かい」など。出川は「選手の妻が有名人揃いで松本典子(苫篠賢治夫人)、中井美穂(古田敦也夫人)、木佐彩子(石井一久夫人)、大橋未歩(城石憲之夫人)といる」と述べたが、「城石選手はレギュラーじゃないけど出川さんも8年間レギュラーないですね」と突っ込まれた。レッドは「巨人の星で星一徹がちゃぶ台をひっくり返すのは放送上1回だけ」と語ったが、周りからは「それは単なるアニメ薀蓄では?」と疑問の声が上がった。また竹山が「高田繁の外野守備が素晴らしく『塀際の魔術師』と呼ばれた」と口を挟み、レッドには「なんでその話をしないんだ!」と周りからツッコミが入った。雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:森脇淳(THK)、解説:江本孟紀(CX)・立浪和義(フリー)、ゲスト解説:藤川球児(阪神タイガース)フィールド解説:金村義明(CX)・山崎武司(前・東北楽天ゴールデンイーグルス)フィールドレポーター:渡辺和洋(CX、ソフトバンクサイドのリポーター、監督・ヒーローインタビューも兼任)、リポーター:小田島卓生(THK、中日サイド)2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見た山﨑武司山崎武司

    2007年のオールスターゲームでは7月20日に行われた第1戦で、オールパシフィックの山?武司(東北楽天)が天井に当てている(結果はサードのファウルフライ)。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

124件中 111 - 120件表示

「山崎武司」のニューストピックワード