124件中 11 - 20件表示
  • おれたちゃドラゴンズ

    おれたちゃドラゴンズから見た山崎武司山崎武司

    オフシーズンや楽天戦では必ずといっていいほど山崎武司(ドラゴンズOB)が登場。おれたちゃドラゴンズ フレッシュアイペディアより)

  • 適時打

    適時打から見た山崎武司山崎武司

    山崎武司「野村監督に教わったこと 僕が38歳で二冠王になれた秘密」22ページ 講談社適時打 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイソン・ジョンソン

    ジェイソン・ジョンソンから見た山崎武司山崎武司

    初奪三振:同上、1回表に山崎武司からジェイソン・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • 荒川哲男

    荒川哲男から見た山崎武司山崎武司

    1986年にドラフト4位で中日ドラゴンズに入団。1987年の入団直後に、山崎武司とともにロサンゼルス・ドジャース傘下のガルフ・コーストリーグのチームへ野球留学をした。一軍出場の無いまま1989年に現役引退。荒川哲男 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:松島茂、解説:松沼雅之、ゲスト:山崎武司(楽天内野手)、 リポーター:斉藤一美、田上和延(KBC)2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ジョンソン (内野手)

    マーク・ジョンソン (内野手)から見た山崎武司山崎武司

    ところが一転、後半戦からは敵チームから弱点を突かれ1本塁打に終わり、不器用さを露呈することになった。後半戦唯一の本塁打は、9月26日の対中日戦(ナゴヤドーム)の9回表2アウトから守護神宣銅烈のスライダーをとらえた起死回生の代打逆転3ランであったが、その裏にリリーフの福原忍が山崎武司に逆転サヨナラ3ランを喫したためヒーローになり損ねるという不運にも遭っている。マーク・ジョンソン (内野手) フレッシュアイペディアより)

  • 河野亮

    河野亮から見た山崎武司山崎武司

    ダイエー時代は一時期レギュラーに定着したが、6月に鳥越裕介とのトレードで中日ドラゴンズに移籍。同年の日本シリーズでは山崎武司が骨折し出場不可能になったため「中日の秘密兵器」と一部スポーツ紙が取り上げたこともあったが、出番は無く同年11月に鈴木平とのトレードで岸川登俊と共にオリックス・ブルーウェーブへ移籍する。河野亮 フレッシュアイペディアより)

  • IsoD

    IsoDから見た山崎武司山崎武司

    また、デポデスタは「打撃能力を査定する際には、出塁率とP/PA(一打席当たりの被投球数)がきわめて大きな意味を持つ」とも述べている。同様に、IsoDとP/PAを併せ見ることにより選球能力の優劣を多角的に判断することが可能になる、との考え方も存在する。これによると、タイロン・ウッズが5.69(IsoD.148 ×10 + P/PA 4.21)、タフィ・ローズが5.29(IsoD.112 ×10 + P/PA 4.17)で度セ・パ両リーグの選球ランク一位――「選球王」となる。以下、松中信彦、山崎武司、ベニー・アグバヤニ、アレックス・カブレラ、高橋由伸、金本知憲、アーロン・ガイエルらがランク上位を占めており、彼等は警戒されて四球数と被投球数が増えると言う事情もあろうが、選球眼の鋭さは全体的な打撃成績アップにつながると言う一つの傾向が見て取れる。なお、俊足巧打タイプの最高ランクは青木宣親が4.95(IsoD .087 ×10 + P/PA 4.08)でセ6位、田中賢介が4.68(IsoD .066 ×10 + P/PA 4.02)でパ9位に位置している。IsoD フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ワズディン

    ジョン・ワズディンから見た山﨑武司山崎武司

    初奪三振:同上、2回裏に山?武司からジョン・ワズディン フレッシュアイペディアより)

  • 愛知県立吉良高等学校

    愛知県立吉良高等学校から見た山崎武司山崎武司

    野球部のアドバイザーとして、愛知工業大学名電高等学校や豊田大谷高等学校で野球部監督を務め、イチロー(シアトル・マリナーズ)、山崎武司(中日ドラゴンズ)、工藤公康(元埼玉西武ライオンズ)などのプロ野球選手を育てた中村豪が指導している。愛知県立吉良高等学校 フレッシュアイペディアより)

124件中 11 - 20件表示

「山崎武司」のニューストピックワード