124件中 41 - 50件表示
  • ジェレミー・パウエル

    ジェレミー・パウエルから見た山崎武司山崎武司

    2006年の対オリックス・バファローズ戦で、山崎武司に死球を与えた際、山崎は激怒して指を2本示して「2回目だぞ」と詰め寄った。その際も「彼(山崎)もプロ野球選手なら判るだろ、これ(死球)は避けられないこと」と言って、全く悪びれることはなかった。2008年には3回目の死球を与えて乱闘騒ぎになったが、悪びれることなく「同じ相手から、3本も本塁打を打つこともあれば、3度死球を受けることもある、これがベースボールだろ。ヤマサキのような選手が威嚇すれば、次は内角に投げない投手もいるだろうが、私はそんなに甘くない」と語った。ジェレミー・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • 1995年の日本シリーズ

    1995年の日本シリーズから見た山崎武司山崎武司

    NHKラジオ第1 解説:鶴岡一人 ゲスト解説:山崎武司(中日)1995年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部裕

    長谷部裕から見た山崎武司山崎武司

    一宮市立千秋中学校卒業後、享栄高校で近藤真一(現:真市。ドラフト1位で中日に同時入団)とバッテリーを組み、には春、夏ともに甲子園に出場。その年のドラフト会議で阪神タイガースと競合の結果、5位指名で中日に入団。享栄高校の同級生に後のWBC世界バンタム級チャンピオン薬師寺保栄がいる。また近藤と長谷部と同い年で同じ名古屋の私立高校(愛工大名電高校)から中日に同期入団した捕手には山崎武司がいる。長谷部裕 フレッシュアイペディアより)

  • 故意四球

    故意四球から見た山崎武司山崎武司

    、松井秀喜(巨人)の本塁打数は38本であり、最終戦の中日戦で本塁打を打てば山崎武司(中日)の39本に並び、最多本塁打のタイトルを獲得するチャンスがあったが、1番打者で出場した松井は全打席故意四球を与えられ、山崎の単独本塁打王が確実になった(翌日中日の最終戦で同僚の大豊泰昭が1本差に迫ったが追いつかず山崎の単独本塁打王が確定)。試合後、中日の星野仙一監督は松井への敬遠策について質問しようとした報道陣に「聞くな!」と怒鳴りつけて球場を後にした。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋智

    高橋智から見た山崎武司山崎武司

    ヤクルト退団後は中日が獲得に興味を示したが、FA宣言した山崎武司の残留によってその話もなくなり、合同トライアウトでに台湾大聯盟の台北誠泰太陽に入団した。完全な下戸のため試合終了後のバスの車内で酒盛りが始まる台湾プロ野球に見切りをつけたことなどもあり、途中退団した。高橋智 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:椎野茂、解説:牛島和彦、ゲスト:山崎武司(東北楽天ゴールデンイーグルス)、リポーター:清水大輔、桜井浩二(RKB)2007年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 警告試合

    警告試合から見た山崎武司山崎武司

    楽天の攻撃時、ヤクルトの遠藤政隆がリック・ショート、山崎武司の2人の打者に対し初球に死球を与える。両チームの選手がもみ合いとなった後、球審が場内の観客に向けて、この試合を警告試合とする旨をアナウンスした。その後ヤクルトの攻撃時、松本輝が城石憲之に死球を投じ、球審は松本に「危険球退場」を宣告した。警告試合 フレッシュアイペディアより)

  • 流石の源石

    流石の源石から見た山崎武司山崎武司

    山崎武司(楽天イーグルス)「仙台で驚いた事」流石の源石 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋はええよ!やっとかめ

    名古屋はええよ!やっとかめから見た山崎武司山崎武司

    この曲は中日ドラゴンズ・山崎武司の1996年までの応援歌の原曲であった。東北楽天ゴールデンイーグルスを退団し、2012年に中日に再入団した際に再び応援歌として使用されている。名古屋はええよ!やっとかめ フレッシュアイペディアより)

  • ミスタータイガース

    ミスタータイガースから見た山崎武司山崎武司

    ミスターイーグルス - 東北楽天ゴールデンイーグルスの礒部公一、山崎武司の愛称。ミスタータイガース フレッシュアイペディアより)

124件中 41 - 50件表示

「山崎武司」のニューストピックワード