124件中 51 - 60件表示
  • 1968年のスポーツ

    1968年のスポーツから見た山崎武司山崎武司

    11月7日 - 山崎武司(愛知県、野球)1968年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 久米勇紀

    久米勇紀から見た山崎武司山崎武司

    初奪三振:同上、8回表に山崎武司から久米勇紀 フレッシュアイペディアより)

  • リック・ショート

    リック・ショートから見た山崎武司山崎武司

    開幕の時の打順は7番だったが、どの打順でもコンスタントに結果を残せること、高い出塁率を記録したことなどから、1、3、5、6番とさまざまな打順で先発出場している。ホセ・フェルナンデス、山崎武司の両主軸が怪我で先発できなかった6月1日には4番での先発出場もあった。2006年の先発出場104試合中、1番が9試合、3番が21試合、4番が1試合、5番が29試合、6番が25試合、7番が19試合だった。広角打法で活躍し、同年の最終打率は.314。チーム内では1位、パ・リーグでも3位であった。リック・ショート フレッシュアイペディアより)

  • 池山隆寛

    池山隆寛から見た山崎武司山崎武司

    からはヤクルト時代の恩師である野村克也監督の下で東北楽天ゴールデンイーグルス一軍打撃コーチとなり、に退任するまでに首位打者2人(2008年のリック・ショート、2009年の鉄平)、本塁打王1人(2007年の山崎武司)を輩出した。池山隆寛 フレッシュアイペディアより)

  • 中井正広のブラックバラエティの企画

    中井正広のブラックバラエティの企画から見た山崎武司山崎武司

    2009年6月28日から7月19日まで放送。以前スタジオで野球モノマネをした坂本勇人からの提案で、野球モノマネで実際に野球をする企画。嶋、竹山、アンタッチャブル山崎、野球モノマネ要員としてタイツ先生以外のC級D級芸人と神奈月が登場。中井が種田仁のモノマネでのバッティングに苦戦していると、本物の種田が登場しガニ股打法を披露した。種田は他にも山崎武司や木塚敦志などのモノマネを披露した。中井正広のブラックバラエティの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本シリーズ

    2012年の日本シリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:新谷保志、解説:江川卓、立浪和義(2013 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表打撃コーチ)ゲスト解説:山崎武司(中日ドラゴンズ)副音声:亀梨和也(KAT-TUN、『Going!Sports&News』ベースボール・スペシャルサポーター)、ゲスト解説:大島洋平(中日ドラゴンズ)、ゲスト:上田晋也(くりぃむしちゅー、『Going!Sports&News』メインキャスター)、副音声実況:河村亮リポーター:町田浩徳(巨人サイド)、永井公彦(STV、日本ハムサイド)監督並びにヒーローインタビュー:村山喜彦2012年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺直人

    渡辺直人から見た山崎武司山崎武司

    11日には、山崎武司が「出すべき選手ではなかった」と渡辺のトレードに疑問を投げかけ、前述の契約更改の様子を聞いたコーチの田淵幸一も「渡辺だけは出すべきじゃなかった」とコメントしたと報じられた。同日夕方、仙台放送『スポルたん!LIVE』に渡辺が急遽出演し、渡辺の特集が組まれた。鉄平、嶋、そして意図せずして今回のトレードの関連人物の1人となってしまった岩隈がスタジオに急遽駆けつけ、花束を渡した。渡辺直人 フレッシュアイペディアより)

  • 強竜打線

    強竜打線から見た山崎武司山崎武司

    この年に星野監督が復帰して、チームの立て直しを図った。特に6番を山崎武司、7番を大豊泰昭と固定してホームランを量産、この2人と巨人・松井秀喜の3人による熾烈な本塁打王争いが繰り広げられた。この様は「陰のクリーンナップ」と言われ、他チームから恐れられた。なお、「強竜打線」はこの年の様子を形容したことが発端とされている。強竜打線 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤政隆

    遠藤政隆から見た山崎武司山崎武司

    は開幕から一軍登録された。中日時代同様、主に中継ぎで登板し、ロングリリーフもこなせることから首脳陣からの信頼も厚かった。4月19日の横浜戦で、7回表に代走で出場した石川雄洋が大量得点差にも関わらず、盗塁(プロ初)をしたため、その報復として、内川聖一に故意と思われる死球を投げ、次の村田修一に投じた変化球がすっぽ抜け、頭部死球となり乱闘騒ぎになる。この試合は警告試合となった。「10年以上やっているから、やっていい事と悪いことはわかる」と言い、内川の死球はやむをえないが、次の打者には絶対にぶつけてはいけなかったといい、村田にぶつけてしまったのにはプロとして反省していると言う。また、6月11日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦においてもリック・ショート・山崎武司に対して死球を与え、この試合も警告試合になっている。この年は4月22日対中日戦で、2番手で登板し移籍後初勝利を、7月1日の対中日戦で、4番手で登板し移籍後初セーブを挙げるなど、古巣相手に印象的な活躍を見せている。遠藤政隆 フレッシュアイペディアより)

  • 西村弥

    西村弥から見た山﨑武司山崎武司

    初出場:2006年3月25日、対北海道日本ハムファイターズ1回戦(札幌ドーム)、9回表に山?武司の代走として出場西村弥 フレッシュアイペディアより)

124件中 51 - 60件表示

「山崎武司」のニューストピックワード