190件中 51 - 60件表示
  • 辻竜太郎

    辻竜太郎から見た山崎武司山崎武司

    プロでの登録名は竜太郎となり、1年目は34試合に出場。翌は大島公一とともに自主トレを行い、野球に対する高い意識に大きな影響を受けたという。同年は79試合に出場して7本塁打を放ち、特に岩隈久志から記録した初本塁打はNPBで一番の思い出になった。は規定打席未満ながら打率.325をマークし、近鉄とのシーズン最終戦では勝ち越しの3ランホームランを放ったものの、一軍出場は52試合にとどまっている。同年オフに選手分配ドラフトを経て東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が決まった。背番号は自ら当時編成部長だった広野功に希望を伝え、一旦は希望通り7に内定していたが、少し遅れて自由契約でオリックスから移籍した山崎武司も7を希望し、自ら竜太郎を説得する意向まで広野に直訴したため、最終的にはオリックス時代と同じ48となった。辻竜太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤政隆

    遠藤政隆から見た山崎武司山崎武司

    死球に関するエピソードが多い。ヤクルトに移籍した2007年4月19日の横浜戦で、7回表に代走で出場した石川雄洋が大量得点差にも関わらず、盗塁(プロ初)したため、その報復として内川聖一に故意と思われる死球を投げた。さらに後続の村田修一に投じた変化球がすっぽ抜け、頭部死球となったことから乱闘騒ぎとなる。この試合は警告試合となった。遠藤は、「10年以上やっているから、やっていい事と悪いことはわかる」とし、内川の死球はやむをえないが、次の打者には絶対にぶつけてはいけなかったと述べ、村田にぶつけてしまったことにはプロとして反省していると述べた。また、6月11日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦においてもリック・ショート・山崎武司に対して死球を与え、警告試合になっている。遠藤政隆 フレッシュアイペディアより)

  • 知多市立八幡中学校

    知多市立八幡中学校から見た山崎武司山崎武司

    山崎武司 - 元プロ野球選手(内野手)知多市立八幡中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知私学4強

    愛知私学4強から見た山崎武司山崎武司

    山崎武司(1996年セ・リーグ本塁打王、2007年パ・リーグ本塁打王)愛知私学4強 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)

    ルイス・ガルシア (1978年生の内野手)から見た山崎武司山崎武司

    6月7日、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2日後に一軍初昇格。来日初打席でセンター前ヒットを放った。当初は中々成績を残せず、スタメン落ちする試合が多かった。しかし徐々に日本の野球に順応し始め、8月頃から一塁手のレギュラーとして中軸を任されるようになった。山崎武司が不振でスタメンを外されるようになってからはシーズン閉幕まで4番に座り、打率.261、8本塁打、34打点という成績を残した。ルイス・ガルシア (1978年生の内野手) フレッシュアイペディアより)

  • IsoD

    IsoDから見た山崎武司山崎武司

    元ロサンゼルス・ドジャースGMは、「打撃能力を査定する際には、出塁率とP/PA(一打席当たりの被投球数)がきわめて大きな意味を持つ」とも述べている。同様に、IsoDとP/PAを併せ見ることにより選球能力の優劣を多角的に判断することが可能になる、との考え方も存在する。これによると、タイロン・ウッズが5.69(IsoD.148 ×10 + P/PA 4.21)、タフィ・ローズが5.29(IsoD.112 ×10 + P/PA 4.17)で度セ・パ両リーグの選球ランク一位――「選球王」となる。以下、松中信彦、山崎武司、ベニー・アグバヤニ、アレックス・カブレラ、高橋由伸、金本知憲、アーロン・ガイエルらがランク上位を占めており、彼等は警戒されて四球数と被投球数が増えるという事情もあろうが、選球眼の鋭さは全体的な打撃成績アップにつながるという一つの傾向が見て取れる。なお、俊足巧打タイプの最高ランクは青木宣親が4.95(IsoD .087 ×10 + P/PA 4.08)でセ6位、田中賢介が4.68(IsoD .066 ×10 + P/PA 4.02)でパ9位に位置しているIsoD フレッシュアイペディアより)

  • ひるまにあん

    ひるまにあんから見た山崎武司山崎武司

    楽天イーグルスの選手(岩隈、鉄平、山崎選手など)(2009年12月から)ひるまにあん フレッシュアイペディアより)

  • あいち豊田農業協同組合

    あいち豊田農業協同組合から見た山崎武司山崎武司

    山崎武司(2012年?。中日ドラゴンズ内野手。)あいち豊田農業協同組合 フレッシュアイペディアより)

  • 波留敏夫

    波留敏夫から見た山崎武司山崎武司

    シーズンより中日の一軍外野守備・走塁打撃コーチを務める。山崎武司によると同年から選手兼任監督に就任した谷繁元信(横浜、中日時代の同僚)が唯一連れてきたコーチが同じ年の波留だという。波留敏夫 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋はええよ!やっとかめ

    名古屋はええよ!やっとかめから見た山崎武司山崎武司

    この曲は中日ドラゴンズ・山崎武司の1996年までの応援歌の原曲であった。東北楽天ゴールデンイーグルスを退団し、2012年に中日に再入団した際に再び応援歌として使用されている。名古屋はええよ!やっとかめ フレッシュアイペディアより)

190件中 51 - 60件表示