124件中 61 - 70件表示
  • 朝井秀樹

    朝井秀樹から見た山崎武司山崎武司

    ものまねが得意で、幾度か披露している。感謝祭のエキシビジョンマッチでは様々な打者のバッティングスタイルを真似て打席に立ち、一つの名物になっていた。楽天時代は同僚のリック・ショート・山崎武司や、アレックス・ラミレス・小笠原道大・グレッグ・ラロッカ・ターメル・スレッジ・大道典嘉・和田一浩・井端弘和などを披露している。朝井秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 栄村隆康

    栄村隆康から見た山崎武司山崎武司

    2009年5月15日の楽天対日本ハム(Kスタ宮城)で栄村から退場宣告を受けた山崎武司(楽天)は「下手くそに下手くそって言って何が悪い。栄村には全球団のやつがやられている。代表して言っただけ」とコメントした。栄村隆康 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田智之

    久保田智之から見た山崎武司山崎武司

    は前年の登板過多や同年も延長を含め1試合で4回を投げたりした影響からか防御率が倍近く悪化した。特にシーズン終盤は不安定な投球が度重なり、スコット・アッチソンがセットアッパーとなった。オールスターにはファン投票で選出され2度目の出場。第1戦の9回裏に登板したが、山崎武司にサヨナラ安打を打たれるなど4安打2失点で敗戦投手となった。同年も12球団最多の69試合85回1/3に登板して37ホールドポイントを挙げ、2年連続の最優秀中継ぎ投手となったものの、12月22日の契約更改では推定1000万円のダウンとなった。久保田智之 フレッシュアイペディアより)

  • 中村武志

    中村武志から見た山崎武司山崎武司

    愛称はたけし。中日時代に当時の星野仙一監督が「たけし」と呼んでいたことから馴染みのある解説者や応援などで使用されることが多い。同僚の山崎武司もタケシと呼ばれていた。若手時代の応援歌は『コンバット!』のオープニングテーマ、主力になった後の応援歌は楽天移籍後にも使用された。横浜移籍後は若菜嘉晴の応援歌を引き継ぎ、後に中村を慕う武山真吾が自ら希望し受け継いだ。中村武志 フレッシュアイペディアより)

  • ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴン

    ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴンから見た山崎武司山崎武司

    (実況/田中大貴・リポート/中村仁美・ナレーション/福永一茂各アナウンサー・ゲスト/高橋尚成(ロサンゼルス・エンゼルス)、山崎武司(東北楽天ゴールデンイーグルス)、涌井秀章(埼玉西武ライオンズ))ヘキサゴンファミリーコンサート 2010 WE LIVE ヘキサゴン フレッシュアイペディアより)

  • MUSICMAN (アルバム)

    MUSICMAN (アルバム)から見た山崎武司山崎武司

    2011年9月10日、11日に開催された『宮城ライブ?明日へのマーチ!!?』では、歌詞を一部変えた『MIYAGI LADY BLUES〜宮城レディ・ブルース〜』が披露された。大崎八幡宮、八木山ベニーランド、気仙沼や石巻といった地名や、萩の月、牛タン、はらこめしなどの名物が歌詞の中に登場している。間奏で登場する野球選手も、東北楽天ゴールデンイーグルスの山崎武司に変更された。MUSICMAN (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 森野将彦

    森野将彦から見た山崎武司山崎武司

    5月30日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で、延長10回裏に岸田護からライトへのプロ入り初のサヨナラソロ本塁打を放った。本人曰く、「アマチュア時代を含めてもサヨナラ本塁打は打った事がない」とのこと。そして、山崎武司の打撃不振とブランコの離脱により4番を任せられることもあった。さらに、山崎が不振で登録抹消され、スタメンでファーストを守ることもあった。打率.249、6本塁打と完全復活とはならず、チーム方針もあり堂上直倫や高橋周平を起用した事によりスタメンを外れる日もしばしばあった。森野将彦 フレッシュアイペディアより)

  • 西田哲朗

    西田哲朗から見た山崎武司山崎武司

    新人合同自主トレではシャトルランで同年の新人最多の125回を記録した。山崎武司に「久々に骨のある新人が入ってきた」と絶賛される。首脳陣からの期待も高く、高卒ルーキーながら「1番・遊撃手」としてイースタン・リーグの開幕戦に出場した。その後も遊撃手として67試合に出場して打率.190を記録した。西田哲朗 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤和巳

    斉藤和巳から見た山崎武司山崎武司

    重心が低いため角度はないが、長身ながら下半身主体のフォームであるためバランスが良く、打者の距離感を惑わす。決め球に使う高速フォーク(SFF)は平均球速139km/h、最速146km/hを誇り、フォークでの奪空振り率はリーグ平均を10パーセント近く上回った。山崎武司は最高のフォークを投げる投手として斉藤の名を挙げている。斉藤和巳 フレッシュアイペディアより)

  • 須佐の湖善誉

    須佐の湖善誉から見た山崎武司山崎武司

    東北楽天ゴールデンイーグルスの山?武司は、中学時代の相撲部の先輩で現在に至るまで親交がある。山?が中日ドラゴンズ時代に、ナゴヤドームで始球式を行ったこともある(その山?は中学卒業時に藤島部屋から勧誘を受けている)。須佐の湖善誉 フレッシュアイペディアより)

124件中 61 - 70件表示

「山崎武司」のニューストピックワード