124件中 71 - 80件表示
  • 森谷昭仁

    森谷昭仁から見た山崎武司山崎武司

    引退後は飲食店でのアルバイトを経て、2010年夏に実家近くの京都市西京区で実弟と焼き鳥店「夢叶(ゆめか)」を開店。開店当日は山崎武司から花輪が届き、店内には田中将大や仲がよかった平石洋介、牧田明久のサインが飾ってある。森谷昭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 野本圭

    野本圭から見た山崎武司山崎武司

    2012年はキャンプは一軍スタートだったものの、終盤に右ふくらはぎの筋膜炎で開幕は2軍で迎える。4月14日に一軍昇格するが、25日に山崎武司とともにインフルエンザB型に感染していたことが判明し、登録抹消された。その後、松井佑介と一軍に昇格した。試合を決める二塁打を打つなど序盤は好調でスタメンもあったが、平田の復帰、堂上剛裕の台頭により代打出場が主になったりして、プロ入り最低の49試合と物足りないシーズンとなったが、貴重な左の代打として活躍。打率は自己最高を記録した。野本圭 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た山崎武司山崎武司

    実況:大澤広樹 解説:鹿島忠 ゲスト解説:山崎武司 中日リポーター:北山靖、日本ハムリポーター:永井公彦(STV)2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本シリーズ

    2007年の日本シリーズから見た山﨑武司山崎武司

    ゲスト解説:野村克也、山?武司(楽天)、加藤晴彦(俳優・タレント) リポーター:宮瀬茉祐子(CX)2007年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 東海ラジオ ガッツナイター

    東海ラジオ ガッツナイターから見た山崎武司山崎武司

    当日の中日戦で、もっとも印象的だったプレー・試合状況等の実況音声を放送(ハイライトの数は指定なし。試合中印象的なプレーの場合は敵チーム関係なく放送される。例:2009年8月16日では中日が負けた為、他球場で達成した山崎武司選手の350号本塁打のシーンを放送した)。ドラゴンズが勝つと明るい曲とともに放送され、負けると暗い曲とともに放送される傾向にあるほか、日によっては、その日の試合を連想されるような選曲となっている。東海ラジオ ガッツナイター フレッシュアイペディアより)

  • 竜太郎

    竜太郎から見た山崎武司山崎武司

    プロでの登録名は竜太郎となり、1年目は34試合に出場。翌は大島公一とともに自主トレを行ない、野球に対する高い意識に大きな影響を受けたという。同年は79試合に出場して7本塁打を放ち、特に岩隈久志から記録した初本塁打はNPBで一番の思い出になった。は規定打席未満ながら打率.325をマークし、近鉄とのシーズン最終戦では勝ち越しの3ランホームランを放ったものの、レギュラー争いの激化などで出場は52試合にとどまっている。オフの選手分配ドラフトにより東北楽天ゴールデンイーグルスへの移籍が決まった。移籍決定の際に背番号7を希望したが、山崎武司も自身の娘の名前にちなんで背番号7を希望したため、オリックス時代と同じ48となった。竜太郎 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た山崎武司山崎武司

    代表的な例は、元西武の田淵幸一(捕手→一塁手)、高木大成(捕手→一塁手・外野手)、貝塚政秀(捕手→一塁手・外野手)、元広島の衣笠祥雄(捕手→一塁手→三塁手)、江藤智(捕手→三塁手→一塁手)、元巨人の木村拓也(捕手→二塁手・遊撃手・外野手)、元ダイエーの吉永幸一郎(捕手→一塁手)、元オリックスの北川博敏(捕手→一塁手)など。現役選手では、巨人の小笠原道大(捕手→一塁手→三塁手)、オリックスの高橋信二(捕手→一塁手)、中日の山崎武司(捕手→外野手→一塁手)、ヤクルトの岩村明憲(捕手→三塁手)、楽天の銀次(捕手→二塁手)などの例がある。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た山﨑武司山崎武司

    よく見られる例として、肩や守備力の衰えた外野手が、打撃力はまだ十分戦力になる場合は一塁手へコンバートされる事がある。例:打撃力としては山?武司、稲葉篤紀、大松尚逸など。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高橋尚成

    高橋尚成から見た山崎武司山崎武司

    には先発に復帰、4月には月間5勝を挙げ、球団の左投手としては5月の新浦壽夫以来、28年ぶりの快挙を成し遂げた。6月21日に実父が死去。葬儀に駆けつけられない中、23日の西武戦でチームでは1999年7月4日の上原浩治以来となる12球団一番乗りの10勝を達成。6月中では1990年6月22日の斎藤雅樹以来の記録になる。入団8年目にして監督推薦によりオールスターゲーム初出場を勝ち取り、フルキャストスタジアム宮城での第2戦に先発、山崎武司にホームランを打たれ2イニングで2失点を喫したものの、阿部慎之助の3ランなどのセ・リーグの打線の奮起に助けられて勝利投手となっている。シーズンでは自己最多となる14勝を挙げ、リーグ優勝に大きく貢献。シーズン終盤8月2日から9月15日まで1ヶ月以上白星が無いという状況になり一時的にセス・グライシンガーに防御率を抜かれたが、最後は2連勝で初の個人タイトルとなる最優秀防御率も獲得した。2007年のベースボールTVのインタビューの中で、「目標は、いつかは完全試合を達成する事。また工藤公康、桑田真澄らベテランが去り、内海哲也、金刃憲人や復活を遂げた木佐貫洋など、若手台頭の中でジャイアンツ投手陣の(上原と共に)最年長投手となり、G投手陣のリーダーになる」という宣言をした。高橋尚成 フレッシュアイペディアより)

  • 菊池雄星

    菊池雄星から見た山崎武司山崎武司

    はフォームをスリークォーターに戻し、開幕一軍入りを果たす。中継ぎ投手としてベンチ入りするも登板機会は無く4月22日に登録抹消となった。二軍で調整した後、6月12日の阪神戦で一軍初登板・初先発するも2回1/3を4失点で降板。それでも初めての一軍登板を終えた嬉しさからか、試合後のインタビューでは涙を流した。その後二軍での調整を経て30日のオリックス戦に先発し、5回を2失点でプロ初勝利を挙げた。8月18日の楽天戦では8回まで無失点の好投をし、9回表に山崎武司に通算400号本塁打を打たれたものの、初完投勝利。8月31日には、故郷・岩手県での試合に登板し、打線の援護がなくプロ初黒星を喫たもののシーズン2度目の完投。結局9試合に先発し4勝をあげた。シーズン終了後の11月8日から12月22日まで、オーストラリア・ABLのメルボルン・エイシズに派遣され、5試合の登板で1勝2敗、防御率4.38、WHIP1.54の成績を残し、オールスターゲームにも出場。12月26日に契約更改した。菊池雄星 フレッシュアイペディアより)

124件中 71 - 80件表示

「山崎武司」のニューストピックワード