248件中 91 - 100件表示
  • 山崎武司

    山崎武司から見た松本豊

    初打点:1989年9月13日、対横浜大洋ホエールズ24回戦(横浜スタジアム)、8回表に西本聖の代打として出場、松本豊から山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た谷佳知

    4月27日からの西武ライオンズの3連戦(ナゴヤドーム)で監督の伊原春樹は地元出身選手として先発出場を約束。初日は4番・指名打者として先発出場して3打数、2安打と活躍した。ところがこの試合中に負傷した谷佳知が翌日に3番・指名打者として先発出場する。山崎は関係者も多数招待していた試合での先発落ちにショックを受け、試合開始前に帰宅。その直前には監督室にバットを放り投げ、ゼネラル・マネージャーの中村勝広に伊原の解任を直訴するなどの行為を行った。これが「職場放棄」などと見なされ、翌日に懲罰的な意味で二軍へ降格させられる。この「ボイコット事件」について山崎本人は、試合に出られる心理状態ではないという伊原の判断の下、許可があったために帰宅したと述べている。これ以降、2軍落ちを何度も経験し、9月には自身の実家に戻った。レギュラーシーズン最終戦の前には伊原から和解を求める電話があったが、再びチームに戻ることはなかった。しかし、伊原とは退団後に和解し、雑談や会話をすることもあると自著で語っている。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た川端順

    初打席・初三振:同上の試合で9回表に川端順から三振山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た朝乃若武彦

    中学校時代は野球部だけでなく、相撲部でも活躍した。野球では地方大会止まりだったが、3年の時の大会終了後、数日の練習で相撲の愛知大会で優勝、全国大会にも出場して藤島部屋などの多くの部屋からスカウトされた。元前頭筆頭・朝乃若(現:若松親方)は愛知工業大学名電高等学校の1年後輩。元十両2枚目・須佐の湖は小学校と中学校の4年後輩で幼なじみでもある。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た大嶺祐太

    1500三振:2010年7月7日、対千葉ロッテマリーンズ9回戦(クリネックススタジアム宮城)、2回裏に大嶺祐太から ※史上9人目山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た木村謙吾

    7月27日、楽天OBによる試合「滝風イオンメディック presents 楽天イーグルスレジェンドマッチ」にレジェンドイーグルスのメンバーとして参加し、4番打者として出場。4回に対戦相手のTFUクラブの木村謙吾から左中間への適時二塁打を放ち、この試合のMVP賞を獲得した。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た山崎隆広

    中日ではからにかけて、山崎賢太(姓の読み方は「やまざき」)がいたため、表記名はそれぞれ「山?武」「山崎賢」となっていた。また、楽天ではからにかけて、山崎隆広(姓の読み方は「やまざき」)がいたため、表記名はそれぞれ「山?武」、「山崎隆」となっていた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た涌井秀章

    この年から新しく監督として野村克也が就任。4番の座は、この年西武から移籍してきたホセ・フェルナンデスに譲る。6月17日の対巨人戦では工藤から2打席連続本塁打を、7月29日の対西武戦では涌井秀章から楽天初となる逆転満塁本塁打を放つ。なお、この本塁打はパシフィック・リーグ通算900本目の満塁本塁打である。8月5日には日本プロ野球史上49人目となる通算250本塁打を達成。「開幕からの小さな目標として来たので、達成出来て嬉しいですね。」と喜びを語った。しかし、122試合に出場したものの打率.241に終わり、ホームランも19本しか打てず、不調だった。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た田尾安志

    最終的に同年は62試合の出場にとどまり、4本塁打、打率.245と前年より調子を落としてシーズンを終了した。この時に中日・オリックスにて人間関係のトラブルにより野球がまともにできずそれに嫌気をさして一度は引退を考え、追って球団事務所からも戦力外通告を受けたが、団野村からの電話と高校の先輩・工藤公康の説得と長男からの応援により、現役続行を決意した。同時期に新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルスの監督・田尾安志に評価され入団オファーを受けたが、山崎は「野球はもう、結構です」と一度は断ったものの、団の「それでは俺は困るんだ」との説得や、田尾からも熱烈な誘いも有り承諾した。12月11日、正式に契約。背番号は「7」。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た須佐の湖善誉

    中学校時代は野球部だけでなく、相撲部でも活躍した。野球では地方大会止まりだったが、3年の時の大会終了後、数日の練習で相撲の愛知大会で優勝、全国大会にも出場して藤島部屋などの多くの部屋からスカウトされた。元前頭筆頭・朝乃若(現:若松親方)は愛知工業大学名電高等学校の1年後輩。元十両2枚目・須佐の湖は小学校と中学校の4年後輩で幼なじみでもある。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

248件中 91 - 100件表示