212件中 81 - 90件表示
  • 山崎武司

    山崎武司から見た千葉ロッテマリーンズ

    3月26日、球団史上初の公式戦である千葉ロッテマリーンズとの開幕戦(千葉マリンスタジアム)では「5番・指名打者」で先発出場。開幕直後に右手に死球を受けて二軍で治療に専念するなどシーズン当初はあまり活躍できなかったが、この年から始まったセ・パ交流戦に入ると調子を上げ、5月7日の対巨人2回戦(フルキャストスタジアム宮城)では9回裏に前田幸長から球団史上初の代打本塁打を、6月初めには4試合連続の5本塁打を放つ。交流戦後は「4番・指名打者」として定着する。7月2日の対日本ハム6回戦(フルスタ宮城)において、3回裏に江尻慎太郎より史上234人目、通算1000本安打となるレフト前ヒットを放つ。プロ19年目での達成であった。7月27日の対日本ハム戦の試合前に仙台市内の小学校を訪問。子供達に「ホームランを打つ」と約束して臨んだこの日の試合で満塁本塁打を放った。事実上、楽天の初代4番としてのシーズンとなった(実際は第5代にあたる)。楽天の監督だった田尾安志の指導による打撃フォームの改造が、この年のチーム最多の25本塁打や後年の好成績を残せるようになった要因の一つだと本人は挙げている。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たナゴヤドーム

    は中日の本拠地がナゴヤ球場から外野が広いナゴヤドームへ移り、守備の負担が増えたことなどから打撃成績を大幅に落とす。チームも最下位に沈む。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た横浜スタジアム

    5月9日の対横浜大洋ホエールズ5回戦(横浜スタジアム)において、田辺学よりプロ入り初本塁打を放つ。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たメルセデス・ベンツ

    愛車はフェラーリ、メルセデス・ベンツ。2011年にはランボルギーニ・アヴェンタドールを「日本輸入第1号車」という条件付で契約している(しかし結果第2号車になった)。また、「引退したらランボルギーニ・カウンタックを『観賞用』として購入する」とも公言している。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た山崎賢太

    までは中日には山崎姓の選手は武司一人のみであったが、に山崎賢太(読みは「やまざき」)が入団した。このため、2人が同時に在籍した2年間、新聞、テレビ、球場での表記名はそれぞれ「山崎武」「山崎賢」となっていた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た薬師寺保栄

    、落合博満がFAで読売ジャイアンツへ移籍する。大豊泰昭が一塁手へ転向したことで外野のポジションに空きができたが、彦野利勝の復活などもあって前年より出場数を減らす。10.8決戦では出場機会がなかった。12月4日、名古屋市総合体育館(現:日本ガイシホール)で薬師寺保栄が暫定王者辰吉丈一郎を破り3度目の防衛=王座統一した「世紀の一戦」をリングサイドで観戦、直後の山?の結婚式には薬師寺が出席している。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た松本豊

    初打点:1989年9月13日、対横浜大洋ホエールズ24回戦(横浜スタジアム)、8回表に西本聖の代打として出場、松本豊から山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た谷佳知

    4月27日からの西武ライオンズとの3連戦(ナゴヤドーム)で監督の伊原春樹は地元出身選手として先発出場を約束。初日は指名打者として先発出場し3打数2安打と活躍したが、この試合中に負傷した谷佳知が翌28日に指名打者として先発出場する。山?は関係者も多数招待していた試合での先発落ちにショックを受け試合開始前に帰宅。これが「職場放棄」と見なされ、翌日に懲罰的な意味で二軍へ降格させられる(この「ボイコット事件」について山?本人は、試合に出られる心理状態ではないという伊原監督の判断の下、許可があったために帰宅したと述べている)。これ以降二軍落ちを何度も経験し、9月には球団から戦力外通告を受けたため引退も考えたが、高校の先輩である工藤公康の説得と息子からの応援により現役続行を決意。12月11日、新規参入の東北楽天ゴールデンイーグルスと契約する。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見た川端順

    初打席・初三振:同上、9回表に川端順から三振山崎武司 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎武司

    山崎武司から見たバルビーノ・ガルベス

    (1回目)1996年5月1日の対巨人5回戦(ナゴヤ)において、5回裏にバルビーノ・ガルベスの投球が頭付近を通過したことに激怒しマウンドへ詰め寄り、ガルベスのパンチに対してヘッドロックをかけ応戦、その後両軍総出の乱闘に発展した。この後両者共に退場処分を受けた。山崎武司 フレッシュアイペディアより)

212件中 81 - 90件表示

「山崎武司」のニューストピックワード