35件中 11 - 20件表示
  • 山閲浩子

    山崎浩子から見た近代オリンピック

    新体操の名門鹿児島純心女子高校時代から始めた新体操では、全日本選手権5連覇の偉業を成し遂げる。新体操がオリンピック種目となった最初のロサンゼルスオリンピックでは8位に入賞を果たし、新体操ブームを巻き起こした。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見た文藝春秋

    1992年8月25日、桜田淳子(女優)、徳田敦子(バドミントン元世界チャンピオン)などと共に統一教会(統一協会)の合同結婚式に参加し、世間を驚かせるが、家族や牧師の説得を受け、脱会を決心し、翌1993年4月21日、記者会見で統一教会からの脱会と結婚相手との結婚解消を発表。この涙の会見で「マインドコントロールされていました」と発言したことで、「マインドコントロール」という言葉が世間に広まった。山崎は合同結婚式への参加から脱会・婚約解消に至るまでの経緯を『愛が偽りに終わるとき』(文藝春秋)という手記として出版した。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見たTBSテレビ

    クイズダービー(TBS) - 8代目2枠レギュラー山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見たスポーツライター

    山崎 浩子(やまさき ひろこ、1960年1月3日 - )は鹿児島県揖宿郡(現・南九州市)出身の元新体操の選手・タレント・スポーツライター。身長154cm。血液型はB型。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見たロサンゼルスオリンピック (1984年)

    新体操の名門鹿児島純心女子高校時代から始めた新体操では、全日本選手権5連覇の偉業を成し遂げる。新体操がオリンピック種目となった最初のロサンゼルスオリンピックでは8位に入賞を果たし、新体操ブームを巻き起こした。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見たマインドコントロール

    1992年8月25日、桜田淳子(女優)、徳田敦子(バドミントン元世界チャンピオン)などと共に統一教会(統一協会)の合同結婚式に参加し、世間を驚かせるが、家族や牧師の説得を受け、脱会を決心し、翌1993年4月21日、記者会見で統一教会からの脱会と結婚相手との結婚解消を発表。この涙の会見で「マインドコントロールされていました」と発言したことで、「マインドコントロール」という言葉が世間に広まった。山崎は合同結婚式への参加から脱会・婚約解消に至るまでの経緯を『愛が偽りに終わるとき』(文藝春秋)という手記として出版した。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見た新体操

    山崎 浩子(やまさき ひろこ、1960年1月3日 - )は鹿児島県揖宿郡(現・南九州市)出身の元新体操の選手・タレント・スポーツライター。身長154cm。血液型はB型。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見たバドミントン

    1992年8月25日、桜田淳子(女優)、徳田敦子(バドミントン元世界チャンピオン)などと共に統一教会(統一協会)の合同結婚式に参加し、世間を驚かせるが、家族や牧師の説得を受け、脱会を決心し、翌1993年4月21日、記者会見で統一教会からの脱会と結婚相手との結婚解消を発表。この涙の会見で「マインドコントロールされていました」と発言したことで、「マインドコントロール」という言葉が世間に広まった。山崎は合同結婚式への参加から脱会・婚約解消に至るまでの経緯を『愛が偽りに終わるとき』(文藝春秋)という手記として出版した。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見た北京オリンピック

    騒動が一段落した後は、アテネオリンピック強化委員会新体操強化副本部長を務め、競技の解説もした。その後、財団法人日本体操協会理事、2004年春には北京オリンピック委員会新体操強化本部長に就任してフェアリージャパンを率い、新体操の再生を図っている。スポーツライターとしてあらゆるスポーツをカバーするほか、各地での新体操指導、イベント出演等、ダンスドラマなど幅広い活動をしている。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

  • 山閲浩子

    山崎浩子から見た俳優

    1992年8月25日、桜田淳子(女優)、徳田敦子(バドミントン元世界チャンピオン)などと共に統一教会(統一協会)の合同結婚式に参加し、世間を驚かせるが、家族や牧師の説得を受け、脱会を決心し、翌1993年4月21日、記者会見で統一教会からの脱会と結婚相手との結婚解消を発表。この涙の会見で「マインドコントロールされていました」と発言したことで、「マインドコントロール」という言葉が世間に広まった。山崎は合同結婚式への参加から脱会・婚約解消に至るまでの経緯を『愛が偽りに終わるとき』(文藝春秋)という手記として出版した。山崎浩子 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「山崎浩子」のニューストピックワード