前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • Goro's Bar

    Goro's Barから見た山崎静代山崎静代

    2006年1月12日の「新春スペシャル番外編・大茶番劇スペシャル!」では、フロアレディ・しずちゃんを探す旅として、海ほたるパーキングエリア、マザー牧場、舘山漁港でのロケを行った。ただし、だいたひかるが待機していた海ほたるは間違えて通過してしまったため結局行かなかった。この際、一行はオーナーが次元大介、友近ママが峰不二子、河本がルパン三世、井上が石川五右衛門と『ルパン三世』のコスプレをし、茶番劇を体現した。Goro's Bar フレッシュアイペディアより)

  • THE EMPTY STAGE

    THE EMPTY STAGEから見たしずちゃん山崎静代

    出演:竹若(バッファロー吾郎)、修士(2丁拳銃)、ケン(水玉れっぷう隊)、梶原(キングコング)、押見(犬の心)、デッカチャン、しずちゃん(南海キャンディーズ)、永田彬(RUN&GUN)、森公平、三秋里歩、松村(テゴネハンバーグ)、弓場(テゴネハンバーグ)、辻井(アイロンヘッド)、毛利(アイロンヘッド)、中澤(かたつむり)、林(かたつむり)、井元(インポッシブル)、蛭川(インポッシブル)、小川(スパイク)、松浦(スパイク)、玉城(セブンbyセブン)、宮平(セブンbyセブン)、信清(サンシャイン)、坂田(サンシャイン)、黒沼(ボーイフレンド)、宮川(ボーイフレンド)、宮地(ニブンノゴ!)、金成(ギンナナ)、菊池(ギンナナ)、伊藤修子、藤本(TEAM BANANA)、山田(TEAM BANANA)、西村(ラフレクラン)、きょん(ラフレクラン)、青山(ネルソンズ)、岸(ネルソンズ)、イチキップリン、ハザマ(イシバシハザマ)、熊谷(ガリットチュウ)、佐々木エマ、佐々木ジェラートン、和田まんじゅう(ネルソンズ))THE EMPTY STAGE フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見た山崎静代山崎静代

    11日 - 【ボクシング】 全日本女子選手権大会が開催され、ミドル級でタレントの山崎静代(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が優勝。3月のアジア選手権と5月の世界選手権でロンドンオリンピック出場を目指す。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 相武 紗季

    相武紗季から見た山崎静代山崎静代

    吹石一恵とは『華麗なる一族』共演以来の親友である。南海キャンディーズの山崎静代や『明日もまた生きていこう』で共演した比嘉愛未とも仲が良い。相武紗季 フレッシュアイペディアより)

  • 乙女のパンチ

    乙女のパンチから見た山崎静代山崎静代

    当作で主役を演じる、しずちゃんこと山崎静代(南海キャンディーズ)は『笑える恋はしたくない』(2006年12月・TBS系)以来の主演ドラマとなる。乙女のパンチ フレッシュアイペディアより)

  • 笑える恋はしたくない

    笑える恋はしたくないから見た山崎静代山崎静代

    南海キャンディーズの"しずちゃん"こと山崎静代の初主演ドラマである。脚本は、放送作家の鈴木おさむが手掛ける。笑える恋はしたくない フレッシュアイペディアより)

  • 南パラZ!

    南パラZ!から見た山崎静代山崎静代

    いずれも南海キャンディーズの山里亮太と山崎静代がメインを務めた深夜番組で、2人にとっては初の冠番組だった。他に、前番組『りえむら』に出演していた女性ユニット・newnewも出演していた。南パラZ! フレッシュアイペディアより)

  • したまちコメディ映画祭in台東

    したまちコメディ映画祭in台東から見た山崎静代山崎静代

    雷門から仲見世通り、浅草寺本堂までのレッドカーペットお練りも実施。山田優、山崎静代(南海キャンディーズ)など映画祭のゲストのほか、高張提灯、金棒の露払い、芸者、SKD・OGスタスの踊り子なども参加した。したまちコメディ映画祭in台東 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストバスターズ (2016年の映画)

    ゴーストバスターズ (2016年の映画)から見た山崎静代山崎静代

    本人役 - ジャニーン・ラミレス(山崎静代(南海キャンディーズ)): 劇場外にいるレポーターゴーストバスターズ (2016年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • 女子ボクシング

    女子ボクシングから見た山崎静代山崎静代

    2012年のロンドンオリンピックより女子ボクシングが加わるのに伴い、本格強化を開始。2010年、全日本女子大会が「全日本女子アマチュアボクシング選手権大会」に改められ、日本選手権となった。同年のアジア大会では女子ボクシングが加わり、フライ級の新本亜也が日本人初となる銅メダルを獲得。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の「しずちゃん」こと山崎静代の挑戦もあり女子アマチュアボクシングがマスコミで取り上げる量が増えた。だが、五輪選考会を兼ねた2012年世界選手権では山崎を含め全員が敗退、初の五輪に日本からは一人も送り込むことができなかった。しかし、2011年4月に佐伯霞が世界ジュニア選手権で男子も含めAIBA主管大会における日本人初の金メダルを獲得。女子ボクシング フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「山崎静代」のニューストピックワード