123件中 51 - 60件表示
  • 山崎静代

    山崎静代から見たフラガール

    2006年の映画『フラガール』で本格的な女優デビューを果たす。演技面も評価され、2007年2月16日の第30回日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞、2008年にはドラマで主演を果たした。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見たABCお笑い新人グランプリ

    短期大学時代に初めて結成したコンビは中学の同級生である前野里美と組んだ「西中サーキット」(にしちゅうサーキット)という女性コンビで、ボケを担当。ネタ作りも行っていた。このコンビ名は、西中学校陸上部の練習メニューがこう言われていたことから名付けた。NSC(吉本総合芸能学院)には入らずに、オーディションを受けて吉本入りした西中サーキットは2002年 ABCお笑い新人グランプリ審査員特別賞を獲得し、関東の深夜番組にも出演していたが、相方・前野の引退により解散。2003年、「山崎二宮」を結成して間もなく、山里亮太(山ちゃん)に誘われ、「南海キャンディーズ」という男女コンビを結成。引き続きボケを担当するが、ネタ作りは山ちゃんに任せている。髪型は、黒髪で通しているが、「西中サーキット」時代は金髪だった。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見た乙女のパンチ

    ボクシングは2007年から始めた。『あしたのジョー』を好み、ボクササイズも流行っていた頃であり、芸人の先輩たちも多くボクシングジムに通っていたということから興味があり、軽い気持ちで始めたという。初めてボクシングジムに連れて行ってもらい、練習を勧められたのはロバートの山本博だった。当初は趣味の一つとして始めたが、テレビドラマ『乙女のパンチ』への出演をきっかけに、ドラマのアクション指導を務めていたトレーナーの梅津正彦と出会い、指導を受けるようになった。その後タレント活動も並行しながら本格的にアマチュア女子ボクシング選手としての練習を始め、2009年2月にはC級ライセンスを取得。当初の階級はヘビー級だったが、日本国内にはヘビー級の女子選手が他におらず、なかなか試合が出来なかった。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見たサッカー

    5000gという大きめの体で産まれた。茨木市立春日小学校、茨木市立西中学校出身。中学生時代は陸上部に所属。高校は事務所の先輩ナインティナイン・元ビッキーズのすっちーの出身校でもある大阪府立茨木西高等学校で、女子サッカー部に所属していた。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見たマラソン

    猫ひろし - 同じようにオリンピックを目指したお笑い芸人(種目は陸上のマラソン)。ただし、カンボジア国籍を取得し代表入りを目指した点で山崎とは大きく異なる。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見た砲丸投

    運動神経にも優れている。学生時代に部活動で陸上競技(砲丸投等)やサッカーを経験しており、特に砲丸投げは現在でもかなりの実力がある。また足は速く、持久力もある。。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見た仁川広域市

    その後はミドル級の選手数が少ないこともあり十分な練習が積めず、2014年のアジア大会(韓国・仁川)は代表見送り。11月には2014年世界女子ボクシング選手権大会(韓国・済州島)に出場したが、1回戦でエジプト選手に0対3で判定負けし、敗退した。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見た溜池Now

    溜池Now(2007年、GyaO)「第38回 溜池ジョルトラクイズ」に出演。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見た全日本女子アマチュアボクシング選手権大会

    2010年3月には香川県高松市で開催された『第8回全日本女子アマチュアボクシング選手権大会』で実戦の部・ヘビー級に出場したが、出場選手が山崎1人しかおらず、同階級の認定王者となった。そのため、試合に代わり階級が下の選手と公開スパーリングが行われた。山崎静代 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎静代

    山崎静代から見たスクール革命!

    スクール革命!(2009年 - 、日本テレビ)山崎静代 フレッシュアイペディアより)

123件中 51 - 60件表示

「山崎静代」のニューストピックワード