前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示
  • 腕におぼえあり

    腕におぼえありから見た山川静夫山川静夫

    神田橋本町の口入屋・相模屋の主人。背が低く丸顔で、一見豆狸風。50歳前後。第1シリーズでは番組内の語り(山川静夫とともに)と次回予告のナレーションも担当。腕におぼえあり フレッシュアイペディアより)

  • 第32回NHK紅白歌合戦

    第32回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    両軍司会は2年連続で黒柳徹子・山川静夫(8年連続)が担当。第32回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • どーもくん

    どーもくんから見た山川静夫山川静夫

    気は優しくてチカラ持ち。純真無垢かつ夢見がちであり、非常に大食いでもある。ただし、リンゴが嫌いで、DNAに刻まれた深い謎があるらしい。機嫌が悪くなると強烈なオナラをする。言葉は喋れないが、元NHKアナウンサーだった山川静夫を真似て「どーも」とだけ言うことが出来る。これは山川静夫の声を使用している。「BS どーもくんワールド」、「BSななみDEどーも」、「みんなDEどーもくん」、「三つのたまご」(自己批評番組)や公開イベント等では玄田哲章が声を務める。どーもくん フレッシュアイペディアより)

  • くらべてみれば

    くらべてみればから見た山川静夫山川静夫

    前番組『トライ&トライ』と同様に、この番組もかつての『ウルトラアイ』の内容を継承した。司会もこれまでと同様に、当時NHKのアナウンサーだった山川静夫が務めた。くらべてみれば フレッシュアイペディアより)

  • ひるのプレゼント

    ひるのプレゼントから見た山川静夫山川静夫

    初代司会は飯窪長彦、山川静夫で、彼らが隔週交代で担当していた。その後、生方恵一、松平定知、宮川泰夫ら当時の若手有望株のNHKアナウンサーたちが司会を務めるようになった。テーマ曲は宮川泰が担当(CD『懐かしのNHKテレビ主題曲集』にも収録されている。一時期キーボードを使ったデジタル風の曲を用いていたが、不評だったために元に戻した)。松原敏春、喰始らが構成を、滝大作が演出を担当。ひるのプレゼント フレッシュアイペディアより)

  • 第42回NHK紅白歌合戦

    第42回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    総合司会には、この年NHK会長に就任し、かつて紅白の制作にも長く関わっていた経験のある川口幹夫らの強い意向もあり、第23回(1972年) - 第33回(1982年)にかけて総合司会→白組司会として紅白を牽引してきた山川静夫(この時点では、厳密にはアナウンサーではなく「理事待遇」の肩書であったが、テレビ出演時には引き続き「アナウンサー」を名乗っていた)を起用。山川にとってはこれが9年ぶりの司会復帰となり、随所で浅野・堺のアシスタントをするなど、例年以上に重厚な司会陣が抜擢された。第42回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    前半部分の「昭和の紅白」では、開始時に出場歌手一同で「東京ブギウギ」を歌い、ピンク・レディーとザ・タイガースが再結成、和田弘とマヒナスターズの再出場、第35回(1984年)への出場を機に歌手業を引退していた都はるみの復活(この年デビュー25周年。この日のみの復帰と発表していたが、翌1990年、歌手活動を完全再開)、この年亡くなった美空ひばりの大親友・雪村いづみが、ひばりの「愛燦燦」を歌うなど様々な話題があった。また、歴代司会者である黒柳徹子・中村メイコ・森光子・藤倉修一・山川静夫・鈴木健二らが紅白についてスピーチをするコーナーも設けられた。松平からスピーチの時間につき「1分間でお願いします」と何度も放送中念を押されたものの、誰1人これを守らず、時間が大幅に押す結果となってしまった。第1部については松平中心に進行がされた。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回NHK紅白歌合戦

    第43回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    両軍司会について、紅組司会はこの年下期の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン・石田ひかり、白組司会は2年連続となる堺正章がそれぞれ起用された。また、総合司会は2年連続で山川静夫が担当。第43回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回NHK紅白歌合戦

    第33回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    両軍司会は3年連続で黒柳徹子・山川静夫(9年連続)が担当。第33回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡駅前地下街爆発事故

    静岡駅前地下街爆発事故から見た山川静夫山川静夫

    NHK静岡放送局史『静岡放送局70年のあゆみ』によると、このとき事故報道に全局員を招集して当たっていた同局に、地元静岡出身で夏季休暇のために帰省して実家にいたアナウンサーの山川静夫が事故を知って駆け付け、同局のスタジオから事故の被害者氏名の読み上げなどを行ったという(山川静夫も参照)。静岡駅前地下街爆発事故 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
71件中 1 - 10件表示

「山川静夫」のニューストピックワード