前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • 第32回NHK紅白歌合戦

    第32回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    この回は、ブラスバンドチームがステージ上でオープニングファンファーレを演奏して幕開けとなり、白組司会の山川静夫アナと紅組司会の黒柳徹子とのトーク後に、スタイン・ソングによる紅白両出場歌手の入場行進となった。第32回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第30回NHK紅白歌合戦

    第30回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    北島三郎は「与作」がこの年に入ってヒットしたことから、1978年・第29回に引き続き2年連続で同曲を披露した。また、千昌夫も1977年発表の「北国の春」のロングヒットにより、1977年・第28回から同30回まで3年連続で同曲を披露していた(この際、白組司会の山川静夫からは「3年連続同じ歌」「なんともしぶとい人です」と紹介された)。第30回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第28回NHK紅白歌合戦

    第28回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    ちあきなおみの「夜へ急ぐ人」における鬼気迫るパフォーマンスが視聴者の度肝を抜き、白組司会の山川静夫はこれに関して「なんとも気持ちの悪い歌ですねぇ〜」と返した。ちあきも翌年に落選し連続出場記録が途切れている。彼女が紅白に再登場するのは、11年後の第39回の一回限りだった。第28回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第31回NHK紅白歌合戦

    第31回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    海援隊が「贈る言葉」のヒットにより6年ぶりの出場となった。同曲が主題歌であったTBSドラマ『3年B組金八先生』には、この年の出場歌手である田原俊彦も出演していた。また、白組司会の山川静夫が「今日は『3年白組金八先生』です」と曲紹介の場で話していた。第31回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 腕におぼえあり

    腕におぼえありから見た山川静夫山川静夫

    神田橋本町の口入屋・相模屋の主人。背が低く丸顔で、一見豆狸風。50歳前後。第1シリーズでは番組内の語り(山川静夫とともに)と次回予告のナレーションも担当。腕におぼえあり フレッシュアイペディアより)

  • 第40回NHK紅白歌合戦

    第40回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    前半部分の「昭和の紅白」では、開始時に出場者全員で『東京ブギウギ』を歌い、ピンク・レディーとザ・タイガースが再結成、和田弘とマヒナスターズの再出場、1984年・第35回の紅白を機に引退していた都はるみの復活、この年に亡くなった美空ひばりの大親友だった雪村いづみが、美空の『愛燦燦』を歌うなど様々な話題があった。また、過去の紅白司会経験者である森光子、黒柳徹子、中村メイコ、藤倉修一、山川静夫、鈴木健二らが紅白についてスピーチをするコーナーも設けられた。総合司会の松平定知からスピーチの時間につき「1分間でお願いします」と何度も放送中念を押されたものの、誰一人これを守らず、時間が大幅に押す結果となってしまった。第40回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡駅前地下街爆発事故

    静岡駅前地下街爆発事故から見た山川静夫山川静夫

    NHK静岡放送局史「静岡放送局70年のあゆみ」によると、このとき災害報道に全局員を招集して当たっていた同局に、地元静岡出身で夏季休暇のために帰省して実家にいたアナウンサーの山川静夫が事故を知って駆け付け、NHK静岡放送局のスタジオから事故の被害者氏名の読み上げ等のサポートを行ったという(こちらも参照)。静岡駅前地下街爆発事故 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回NHK紅白歌合戦

    第42回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    浅野に対抗する白組司会には、過去6回紅白に歌手として出場し、司会経験も豊富な堺正章が満を持しての登場(出場歌手としては選出なし)。総合司会には、1970年代 - 1980年代初頭にかけて白組司会として紅白を牽引してきた当時NHK在籍者の山川静夫(当時は厳密にはアナウンサーではなく「理事待遇」の肩書であったが、テレビ出演時には引き続き「アナウンサー」という肩書で出演をしていた)が9年ぶりに復帰し、随所で浅野・堺のアシスタントをするなど、例年以上に重厚な司会陣が抜擢された。第42回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第43回NHK紅白歌合戦

    第43回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    総合司会を務めた山川静夫は翌年NHKを定年退職したため、今回が最後の司会となった。第43回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • くらべてみれば

    くらべてみればから見た山川静夫山川静夫

    前番組『トライ&トライ』と同様に、この番組もかつての『ウルトラアイ』の内容を継承していた。司会もこれまでと同様に、当時NHKのアナウンサーだった山川静夫が務めた。くらべてみれば フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「山川静夫」のニューストピックワード