54件中 21 - 30件表示
  • NHKヒットステージ

    NHKヒットステージから見た山川静夫山川静夫

    先に述べたように、Mi-Keというアイドルトリオがアシスタントを務めたが、実は1972?1975年に「歌謡グランドショー」→「歌のゴールデンステージ」(いずれも山川静夫アナ司会)でキャンディーズが、1978?1981年に「花のステージ」→「歌のビッグステージ」でザ・チェリーズがアシスタントを務めている。また、キャンディーズは元々は「歌謡グランドショー」のアシスタントオーディションで結成されたグループであった。NHKヒットステージ フレッシュアイペディアより)

  • 第27回NHK紅白歌合戦

    第27回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第27回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • おまえに

    おまえにから見た山川静夫山川静夫

    なお、白組司会はいずれも山川静夫(当時NHKアナウンサー)が担当した。おまえに フレッシュアイペディアより)

  • 志生野温夫

    志生野温夫から見た山川静夫山川静夫

    國學院大學卒業後の1956年、日本テレビへ入社、同期に本多当一郎がいる。1972年、フリーへ転身後現在も地上波やCSなどで活躍し、日本テレビアナウンスカレッジ講師や結婚式の司会業も行なっている。元NHKアナウンサーの山川静夫は大学時代の同級生である。志生野温夫 フレッシュアイペディアより)

  • 竹本綱大夫

    竹本綱大夫から見た山川静夫山川静夫

    大阪生まれ。本名・生田巌。明治44年(1911年)、2代目豊竹古靱太夫(豊竹山城少掾)の弟子2代目豊竹つばめ太夫を名乗る。昭和11年(1936年)、新義座に参加するが、昭和13年(1938年)、文楽座へ復帰、4代目竹本織太夫を襲名し、昭和23年(1948年)、8代目を襲名。昭和30年(1955年)、人間国宝。昭和44年(1969年)、日本芸術院会員。著書に『でんでん虫』(布井書房, 1964)、 『芸談かたつむり』(同, 1966)があり、山川静夫による評伝『綱大夫四季』(現在、岩波現代文庫)がある。実子は初代豊竹咲太夫、母方の従兄に瀧廉太郎がいる。竹本綱大夫 フレッシュアイペディアより)

  • 第33回NHK紅白歌合戦

    第33回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第33回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 中村歌右衛門 (6代目)

    中村歌右衛門 (6代目)から見た山川静夫山川静夫

    『歌右衛門の六十年 ひとつの昭和歌舞伎史』(山川静夫と共著、岩波新書黄版、1986年)中村歌右衛門 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 第25回NHK紅白歌合戦

    第25回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第25回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 講談社エッセイ賞

    講談社エッセイ賞から見た山川静夫山川静夫

    第26回 (2010年) 長島有里枝「背中の記憶」・山川静夫「大向うの人々 歌舞伎座三階人情ばなし」講談社エッセイ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エッセイスト・クラブ賞

    日本エッセイスト・クラブ賞から見た山川静夫山川静夫

    山川静夫「名手名言」のち文春文庫日本エッセイスト・クラブ賞 フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示

「山川静夫」のニューストピックワード