54件中 31 - 40件表示
  • サクラ大戦シリーズ

    サクラ大戦シリーズから見た山川静夫山川静夫

    ファイナル公演「新・愛ゆえに」は、2007年3月、NHK-BS「日曜シアター“山川静夫の新・華麗なる招待席”」において劇場中継(録画)された(ゲスト:広井王子)。サクラ大戦シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のテレビ (日本)

    1976年のテレビ (日本)から見た山川静夫山川静夫

    第27回NHK紅白歌合戦が放送(21:00〜23:45)。紅組司会は佐良直美、白組司会は山川静夫(当時NHKアナウンサー)、総合司会は相川浩(当時NHKアナウンサー)。1976年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 第24回NHK紅白歌合戦

    第24回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    総合司会:山川静夫アナウンサー第24回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第29回NHK紅白歌合戦

    第29回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第29回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ウルトラアイ

    ウルトラアイから見た山川静夫山川静夫

    当時教育テレビで放送されていた中高生向け科学番組『みんなの科学』を補完する、小学生向けの児童科学教育番組の性格を強く持っていた『四つの目』→『レンズはさぐる』の系譜を引き継いだ番組。成人も視聴者に想定した生活科学番組の性格を強めた。司会は、NHKアナウンサーの山川静夫が務めた。番組タイトルの「アイ」には、3つのアイ(アイデア、目、愛情)が込められている。ウルトラアイ フレッシュアイペディアより)

  • ひるのプレゼント

    ひるのプレゼントから見た山川静夫山川静夫

    初代司会は飯窪長彦、山川静夫で、彼らが隔週交代で担当していた。その後、生方恵一、松平定知、宮川泰夫ら当時の若手有望株のNHKアナウンサーたちが司会を務めるようになった。テーマ曲は宮川泰が担当(CD『懐かしのNHKテレビ主題曲集』にも収録されている。一時期キーボードを使ったデジタル風の曲を用いていたが、不評だったために元に戻した)。松原敏春、喰始らが構成を、滝大作が演出を担当。ひるのプレゼント フレッシュアイペディアより)

  • 前進座

    前進座から見た山川静夫山川静夫

    自由民主党石橋湛山元首相、読売新聞務臺光雄名誉会長のように保守派から、日本共産党やその心情的支持層、文学・芸能関係者ら(松本清張・永六輔・山田洋次、山川静夫など)、あるいは演劇ファンまで、多種多様な層が前進座の贔屓になっている。前進座 フレッシュアイペディアより)

  • お国自慢にしひがし

    お国自慢にしひがしから見た山川静夫山川静夫

    山川静夫(1974年4月 - 1976年)お国自慢にしひがし フレッシュアイペディアより)

  • ETV50

    ETV50から見た山川静夫山川静夫

    第1部 時超至芸鑑(古典芸能):山川静夫、牧瀬里穂ETV50 フレッシュアイペディアより)

  • トライ&トライ

    トライ&トライから見た山川静夫山川静夫

    山川静夫(当時NHKアナウンサー)トライ&トライ フレッシュアイペディアより)

54件中 31 - 40件表示

「山川静夫」のニューストピックワード