71件中 31 - 40件表示
  • 向坂松彦

    向坂松彦から見た山川静夫山川静夫

    早稲田大学第一政治経済学部を卒業し、1956年にNHKに入局。同期に山川静夫、松川洋右がいる。向坂松彦 フレッシュアイペディアより)

  • 花のステージ

    花のステージから見た山川静夫山川静夫

    1978年4月から小柳ルミ子が司会者として登場、小柳の代わりに佐良直美や岡崎友紀なども司会を務める。また4月から毎月最終週は「特集・花のステージ」として、夜7時30分からの80分特番枠になり、紅白対抗の歌合戦や『歌手が選ぶベストヒット』などの企画が行われる。尚、この特集企画時には原則として伊東・小柳(→植木・宇崎)は出演せず(または司会以外の役回りでの出演)、山川静夫アナウンサーが司会を担当した。花のステージ フレッシュアイペディアより)

  • ちあきなおみ

    ちあきなおみから見た山川静夫山川静夫

    また、ニューミュージックのアーティストから楽曲提供を受け、1977年に中島みゆきの「ルージュ」、友川かずきの「夜へ急ぐ人」、1978年に河島英五の「あまぐも」、1988年には飛鳥涼の「伝わりますか」などをレコーディングした。「夜へ急ぐ人」は『第28回NHK紅白歌合戦』でも歌われ、紅白の舞台でのちあきの鬼気迫るパフォーマンスが視聴者の度肝を抜き、白組司会の山川静夫は「なんとも気持ちの悪い歌ですねぇ〜」と発言するなど、話題になった。さらに1980年代前半にはアルバム『それぞれのテーブル』でシャンソン、『THREE HUNDRED CLUB』ではスタンダード・ジャズ、そしてポルトガル民謡のファドを歌ったアルバム『待夢』を発表し、洋楽のカバー・アルバムを発表するなど、幅広いジャンルの歌を歌った。ちあきなおみ フレッシュアイペディアより)

  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た山川静夫山川静夫

    12月9日「この人ディック・ミネショー」(司会:山川静夫、ゲスト:バッキー白片・南里雄一郎・森進一)この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 第26回NHK紅白歌合戦

    第26回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第26回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第29回NHK紅白歌合戦

    第29回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第29回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ペンクラブ

    日本ペンクラブから見た山川静夫山川静夫

    歌舞伎読本 日本ペンクラブ 編、山川静夫 選 福武書店 1992 (福武文庫)日本ペンクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 第28回NHK紅白歌合戦

    第28回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第28回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 戸板康二

    戸板康二から見た山川静夫山川静夫

    大学卒業後、明治製菓の宣伝部でPR誌『スヰート』の編集に携わる。第二次世界大戦中の1943年、山水高等女学校に国語教師として勤務。1年後の1944年、師久保田万太郎に誘われて日本演劇社に入り、『日本演劇』の編集長となる。1948年、33歳で『歌舞伎の周囲』を刊行してから、続々と歌舞伎や新劇・新派の批評、随筆、入門書を刊行、特に『歌舞伎への招待』はロングセラーとなる。44歳の時江戸川乱歩の熱心な勧めによって執筆した「車引殺人事件」で推理作家としてデビュー。「団十郎切腹事件」によって直木賞を受賞する。様々なエピソードやこぼれ話を書いた『ちょっといい話』は、逝去直前まで書き続けられて単行本4集と番外『歌舞伎ちょっといい話』(歌舞伎座の筋書に毎月掲載された、その月の演目にまつわるエピソード)の5冊を数える名シリーズとなったが、元々は戸板のほか岡部冬彦や山川静夫らが書き継いだ『オール讀物』の名物コラムのタイトルから書名をとったものである。ほか句作も行った。戸板康二 フレッシュアイペディアより)

  • 第31回NHK紅白歌合戦

    第31回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第31回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

71件中 31 - 40件表示

「山川静夫」のニューストピックワード