54件中 41 - 50件表示
  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    視聴率は、1970年代から1980年代前半はなお驚異的に高い域にあった。1974年・第25回から9年間白組司会を務めた山川静夫が交代となった理由の1つは視聴率の降下であるが、それでも最後の担当回である1982年・第33回の視聴率は69.9%(ビデオリサーチ、関東)もあった。とりわけ、都はるみの引退舞台となった1984年・第35回の視聴率は78.1%であり、1960年代に匹敵する数字であった。ところが、以後は視聴率が大幅に落ち込むようになった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田兵次

    吉田兵次から見た山川静夫山川静夫

    上方芸人ばなし(山川静夫吉田兵次 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川一夫

    長谷川一夫から見た山川静夫山川静夫

    鴈治郎の子林長三郎(後の二代目林又一郎)と大阪松竹座こけら落としの舞台に出ているところを、大阪松竹社長白井松次郎と二代目実川延若にその美貌ぶりを認められる。白井のあっせんで映画界に移籍、後年長谷川は、師の門人で指南役の初代市川箱登羅から「役者は舞台に出て当たり前、シャシン(映画の事)なんかに出るな。土の上で芝居したらあかん。板(舞台のこと)には戻られへんで。」と常々言い聞かせられていたので抵抗があったが、1926年12月に師から「白井はんから話が来てるんや。シャシンに出なはれ。名前も林の苗字名乗ってええ、長三郎の一字を取って長二郎と名乗り。お前との師弟の仲はなくならへんで。成駒屋の門人のままやねんで。」と励まされたので決心がついたと、山川静夫との対談で証言している。長谷川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 2月27日

    2月27日から見た山川静夫山川静夫

    1933年 - 山川静夫、アナウンサー、歌舞伎評論家2月27日 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た山川静夫山川静夫

    山川静夫、徳光和夫、久保純子ら他局のアナウンサー経験者は当然ながら原則フリーアナウンサーになってから出演しているが、露木茂はフジテレビアナウンサー時代の1976年5月に当時『小川宏ショー』で共演していた小川宏とともに出演したことがある(今のところ他局の現役アナウンサーが出演した唯一のケース)。黒柳と山川はNHK『NHK紅白歌合戦』(1980年 - 1982年)でともに両軍司会を担当した。NHK出身者がゲストの時は黒柳は決まって「NHKは地方へ行かされるから嫌ですよねえ」という発言をする。『ザ・ベストテン』で司会コンビを組んだ久米宏も『ニュースステーション』時代に度々出演した。徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 1933年

    1933年から見た山川静夫山川静夫

    2月27日 - 山川静夫、フリーアナウンサー・芸能評論家、元NHKアナウンサー1933年 フレッシュアイペディアより)

  • 歌のグランド・ショー

    歌のグランド・ショーから見た山川静夫山川静夫

    1976年4月から1977年12月まで同じくNHK総合にて同一タイトルの生放送の音楽番組が放送されており、こちらの方は当時のNHKのエースアナウンサー、山川静夫が司会を担当していた(もともとは1972年4月スタートの『歌謡グランドショー』→『歌のゴールデンステージ』(1973年4月改題)を再度タイトル変更したもの)。現在の『NHK歌謡コンサート』の源流的な番組であったが、現在の歌謡コンサートとは異なり、演歌のみならずポップスやニューミュージック系の歌手も数多く出演していた。歌のグランド・ショー フレッシュアイペディアより)

  • 幕末のスパシーボ

    幕末のスパシーボから見た山川静夫山川静夫

    ナレーション - 山川静夫幕末のスパシーボ フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た山川静夫山川静夫

    現在放送されているNHK歌謡コンサートの前身、演歌歌手が多数出演。司会は主にNHKアナウンサー(生方恵一、山川静夫、葛西聖司、徳田章、阿部渉ほか)だが、「ヒットステージ」ではMi-Keも司会に参加した。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡浅間神社

    静岡浅間神社から見た山川静夫山川静夫

    元NHKアナウンサー山川静夫の父親は、当社の宮司を務めていた。静岡浅間神社 フレッシュアイペディアより)

54件中 41 - 50件表示

「山川静夫」のニューストピックワード