71件中 51 - 60件表示
  • 第44回NHK紅白歌合戦

    第44回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    両組司会は2年連続で石田ひかり・堺正章(3年連続)が担当。一方、総合司会については、ここ2年間の担当者であった山川静夫から後輩の森田美由紀に交代となった。なお、今回の石田のケースを最後に『連続テレビ小説』ヒロイン経験者の紅組司会起用は第61回(2010年)の松下奈緒(『ゲゲゲの女房』)までなかった。第44回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のラジオ (日本)

    2014年のラジオ (日本)から見た山川静夫山川静夫

    ラジオグラフィティ アナウンサーって面白い 山川静夫×高嶋ひでたけ特別対談(ニッポン放送、11:30)2014年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 静岡浅間神社

    静岡浅間神社から見た山川静夫山川静夫

    元NHKアナウンサー山川静夫の父親は、当社の宮司を務めていた。静岡浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 生方恵一

    生方恵一から見た山川静夫山川静夫

    実家は履物商。群馬県立前橋高等学校から早稲田大学政治経済学部に進学。卒業後、アナウンサーとして1956年に日本放送協会入局。同期は山川静夫生方恵一 フレッシュアイペディアより)

  • 第25回NHK紅白歌合戦

    第25回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    白組司会:山川静夫アナウンサー第25回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 葵区

    葵区から見た山川静夫山川静夫

    山川静夫 - 元NHKアナウンサー葵区 フレッシュアイペディアより)

  • 第34回NHK紅白歌合戦

    第34回NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    前回の視聴率70%割れ(69.9%)から「視聴率を復活させよう」とNHK・各レコード会社が躍起し番組作りが行われた。最初に行われたのは両組司会の人選であり、白組司会については、前回まで9年連続での担当者だった山川静夫に代わって彼の先輩であり当時視聴率40%を記録していた『クイズ面白ゼミナール』の司会者で著書『気くばりのすすめ』が300万部突破のベストセラーを記録した鈴木健二を起用。鈴木はこれまで音楽番組と縁がなく、紅白も視聴したことがなかった(ただし、第31回(1980年)に応援ゲストとして出演歴はあり)。さらに歌手も歌も知らず、カラオケで歌ったこともないという。第34回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本エッセイスト・クラブ賞

    日本エッセイスト・クラブ賞から見た山川静夫山川静夫

    山川静夫「名手名言」のち文春文庫日本エッセイスト・クラブ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のテレビ (日本)

    1976年のテレビ (日本)から見た山川静夫山川静夫

    第27回NHK紅白歌合戦が放送(21:00 - 23:45)。紅組司会は佐良直美、白組司会は山川静夫(当時NHKアナウンサー)、総合司会は相川浩(当時NHKアナウンサー)。1976年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 志生野温夫

    志生野温夫から見た山川静夫山川静夫

    國學院大學卒業後の1956年、日本テレビへ入社。同期に本多当一郎、赤木孝男がいる。1972年、アナウンス部副部長を最後にフリーへ転身。現在も地上波やCSなどで活躍し、日本テレビアナウンスカレッジ講師や結婚式の司会業(椿山荘)も行なっている。元NHKアナウンサーの山川静夫は大学時代の同級生である。志生野温夫 フレッシュアイペディアより)

71件中 51 - 60件表示

「山川静夫」のニューストピックワード