71件中 61 - 70件表示
  • 昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦

    昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    『昭和八十三年度! ひとり紅白歌合戦』の流れを踏襲し、総合司会は桑田扮する甘皮静夫(元ネタは山川静夫)、白組司会のマッタイラサダトモ(元ネタは松平定知)、紅組司会の黒乳首徹子(元ネタは黒柳徹子)が進行を行った。マッタイラと黒乳首はマネキンであり、声はスタッフがあてていた。昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • NHK紅白歌合戦

    NHK紅白歌合戦から見た山川静夫山川静夫

    視聴率は、1970年代から1980年代前半はなお驚異的に高い域にあった。第25回(1974年)から9年間白組司会を務めた山川静夫が交代となった理由の1つは視聴率の降下であるが、それでも最後の担当回である第33回(1982年)の視聴率は69.9%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)もあった。とりわけ、都はるみの引退舞台となった第35回(1984年)の視聴率は78.1%であり、1960年代に匹敵する数字であった。ところが、以後は視聴率が大幅に落ち込むようになった。NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 夜へ急ぐ人

    夜へ急ぐ人から見た山川静夫山川静夫

    1977年の『第28回NHK紅白歌合戦』では本楽曲が歌唱された。鬼気迫るパフォーマンスが視聴者の度肝を抜き、白組司会の山川静夫はこれに関して「何とも気持ちの悪い歌ですねぇ〜」と返した。夜へ急ぐ人 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽番組

    音楽番組から見た山川静夫山川静夫

    演歌歌手が多数出演。司会は主にNHKアナウンサー(生方恵一、山川静夫、葛西聖司、徳田章、阿部渉ほか)だが、『ヒットステージ』ではMi-Keも司会に参加した。音楽番組 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年のテレビ (日本)

    1978年のテレビ (日本)から見た山川静夫山川静夫

    5月8日 - NHK総合で科学情報番組『ウルトラアイ』放送開始。司会は山川静夫(当時NHKアナウンサー)が務め、山川自らが実験台となった企画も番組の名物となった(- 1986年3月)。1978年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川一夫

    長谷川一夫から見た山川静夫山川静夫

    後年長谷川は、師の門人で指南役の初代市川箱登羅から「役者は舞台に出て当たり前、シャシン(映画の事)なんかに出るな。土の上で芝居したらあかん。板(舞台のこと)には戻られへんで。」と常々言い聞かせられていたので抵抗があったが、昭和元年12月に師から「白井はんから話が来てるんや。シャシンに出なはれ。名前も林の苗字名乗ってええ、長三郎の一字を取って長二郎と名乗り。お前との師弟の仲はなくならへんで。成駒屋の門人のままやねんで。」と励まされたので決心がついたという(山川静夫との対談での証言)。長谷川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • サクラ大戦シリーズ

    サクラ大戦シリーズから見た山川静夫山川静夫

    ファイナル公演「新・愛ゆえに」は、2007年3月、NHK-BS「日曜シアター“山川静夫の新・華麗なる招待席”」において劇場中継(録画)された(ゲスト:広井王子)。サクラ大戦シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 前進座

    前進座から見た山川静夫山川静夫

    自由民主党石橋湛山、読売新聞務臺光雄のように保守派から、日本共産党やその心情的支持層、文学・芸能関係者ら(松本清張・永六輔・山田洋次、山川静夫など)、あるいは演劇ファンまで、多種多様な層が前進座の贔屓になっている。前進座 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立静岡高等学校

    静岡県立静岡高等学校から見た山川静夫山川静夫

    山川静夫(エッセイスト、元NHKアナウンサー)静岡県立静岡高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1933年

    1933年から見た山川静夫山川静夫

    2月27日 - 山川静夫、フリーアナウンサー・芸能評論家、元NHKアナウンサー1933年 フレッシュアイペディアより)

71件中 61 - 70件表示

「山川静夫」のニューストピックワード