98件中 11 - 20件表示
  • 山川静夫

    山川静夫から見た佐良直美

    あえて高橋圭三・宮田輝という目標としてきた名アナウンサーの路線を踏襲せずに自分の司会スタイルを確立しようとしていた姿勢の表れと見ることができ、紅白におけるアナウンサー司会の形式に新風をもたらした功績は大と言える。また、最初にコンビを組んだ佐良直美(1974?1977年)、黒柳徹子(1980?1982年)との舌戦は、紅白随一の名コンビとして、高い評価を得ている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た和田信賢

    小説 和田信賢-そうそう、そうなんだよ- 1983年(のち岩波現代文庫)山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た五木ひろし

    この他、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た千昌夫

    1979年の紅白では、ロングヒットのために3年連続で「北国の春」を紅白で披露することとなった千昌夫の紹介時に「何ともしぶとい人です。」と述べた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た山川豊

    1992年の紅白では、山川豊の出番の後に設けられたミニコーナーの冒頭で「山川の後は山川ですけれども」と改めて自己紹介。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た徳光和夫

    15年間放送された「スタジオ102」の後番組として「NHKニュースワイド」がスタートする際、メインキャスターとしてスタッフは知名度抜群の山川を起用して、人気急上昇中であった徳光和夫司会の日本テレビ「ズームイン!!朝」に対抗しようと考えたが、山川当人は他のアナウンサー仲間からの説得にも全く首を縦に振らず、これを頑なに拒否。この時に説得に当たっていた後輩の森本毅郎が代わりにメインキャスターとして抜擢され、フリーへの布石を築くこととなった。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た森進一

    この他、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た堺正章

    この他、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た庄野真代

    1978年の紅白では、出番を終えた桜田淳子を「「しあわせ芝居」にたくさんの拍手をありがとうございます」と労いながらも、「でも、今の拍手はサクラだ(桜田)」と一言。また、庄野真代にも出場曲「飛んでイスタンブール」を捩って「先程の歌は"とんでもないイスタンブール"の間違いでございました。お詫びして訂正したい気持ちでございますが…」とこれまた痛烈な表現で庄野の歌を牽制した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たNHK紅白歌合戦

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。1974年から1982年まで白組司会を9年連続で担当、これは先輩の高橋圭三に並び連続白組司会の最長記録となっている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

98件中 11 - 20件表示

「山川静夫」のニューストピックワード