92件中 11 - 20件表示
  • 山川静夫

    山川静夫から見た佐良直美

    あえて高橋圭三・宮田輝という目標としてきた名アナウンサーの路線を踏襲せずに自分の司会スタイルを確立しようとしていた姿勢の表れとみることができ、紅白におけるアナウンサー司会の形式に新風をもたらした功績は大といえる。また、最初にコンビを組んだ佐良直美(1974?1977年)、黒柳徹子(1980?1982年)との舌戦は、紅白随一の名コンビとして、高い評価を得ている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た和田信賢

    小説 和田信賢-そうそう、そうなんだよ- 1983年(のち岩波現代文庫)山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た五木ひろし

    このほか、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た千昌夫千 昌夫

    1979年の紅白では、ロングヒットのために3年連続で「北国の春」を紅白で披露することとなった千昌夫の紹介時に「なんともしぶとい人です。」と述べた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た山川豊

    1992年の紅白では、山川豊の出番の後に設けられたミニコーナーの冒頭で「山川の後は山川ですけれども」と改めて自己紹介。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た徳光和夫

    15年間にわたり放送された平日朝のワイドニュース番組「スタジオ102」の後番組として「NHKニュースワイド」がスタートする際、メインキャスターとしてスタッフは知名度抜群の山川を起用して、人気急上昇中であった徳光和夫司会の日本テレビ「ズームイン!!朝」に対抗しようと考えたが、山川当人は他のアナウンサー仲間からの説得にも全く首を縦に振らず、これを頑なに拒否。このときに説得に当っていた後輩の森本毅郎アナウンサー(当時)が代わりにメインキャスターとして抜擢され、フリーへの布石を築くこととなった。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た森進一

    このほか、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た堺正章堺 正章

    このほか、1974年の紅白では、ハスキーボイスで知られる森進一には「白組の中で一番声が大きい人」、鼻の穴が大きい北島三郎には「一番鼻の穴が小さい人」、眼の細い五木ひろしには「一番眼が大きい人」とブラックジョークを連発。堺正章とは「私、サカイ」(堺)、「私司会ですが」(山川)という漫才さながらの軽妙なやり取りを見せた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たNHK紅白歌合戦

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た吉田玉男

    國學院大學文学部卒業。日本の伝統文化に興味があり、國學院大學在学中から歌舞伎の声色が得意で、ニッポン放送の歌舞伎番組に出演していた経験を持つ。中村勘三郎 (17代目)、中村歌右衛門 (6代目)、吉田玉男、吉田簑助など古典芸能の名人たちと親交が深い。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

92件中 11 - 20件表示

「山川静夫」のニューストピックワード