98件中 21 - 30件表示
  • 山川静夫

    山川静夫から見た高橋圭三

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。1974年から1982年まで白組司会を9年連続で担当、これは先輩の高橋圭三に並び連続白組司会の最長記録となっている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た吉田簑助

    國學院大學文学部卒業。日本の伝統文化に興味があり、國學院大學在学中から歌舞伎の声色が得意で、ニッポン放送の歌舞伎番組に出演していた経験を持つ。中村勘三郎 (17代目)、中村歌右衛門 (6代目)、吉田玉男、吉田簑助など古典芸能の名人たちと親交を深めている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た吉田千秋 (写真家)

    山川静夫の歌舞伎十八選 これだけは見てほしい平成の歌舞伎 吉田千秋写真 講談社 1991山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た森本毅郎

    15年間放送された「スタジオ102」の後番組として「NHKニュースワイド」がスタートする際、メインキャスターとしてスタッフは知名度抜群の山川を起用して、人気急上昇中であった徳光和夫司会の日本テレビ「ズームイン!!朝」に対抗しようと考えたが、山川当人は他のアナウンサー仲間からの説得にも全く首を縦に振らず、これを頑なに拒否。この時に説得に当たっていた後輩の森本毅郎が代わりにメインキャスターとして抜擢され、フリーへの布石を築くこととなった。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た高橋洋子 (俳優)

    1973年の紅白の総合司会(山川)による審査員の紹介で高橋洋子を紹介する際に「高橋洋子さんです。ようこそ」と駄洒落を発した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た北公次

    1976年の紅白でのフォーリーブス紹介で「ター坊、マー坊、トシ坊、そして今年の話題の中心人物コーチャン(北公次の愛称「コーちゃん」と同年発覚したロッキード事件で知られるロッキード社副会長の捩り)。これで紅はコーチャン(降参)でしょう!」山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たフォーリーブス

    1976年の紅白でのフォーリーブス紹介で「ター坊、マー坊、トシ坊、そして今年の話題の中心人物コーチャン(北公次の愛称「コーちゃん」と同年発覚したロッキード事件で知られるロッキード社副会長の捩り)。これで紅はコーチャン(降参)でしょう!」山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たおりも政夫

    1976年の紅白でのフォーリーブス紹介で「ター坊、マー坊、トシ坊、そして今年の話題の中心人物コーチャン(北公次の愛称「コーちゃん」と同年発覚したロッキード事件で知られるロッキード社副会長の捩り)。これで紅はコーチャン(降参)でしょう!」山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た竹本綱大夫

    大阪放送局勤務時代(1959?65)、当時朝日座といった文楽劇場へ通いつめ、文楽を筆頭に歌舞伎、新国劇などの古典芸能に通暁しており、その時親しんだ八代目竹本綱大夫の評伝『綱大夫四季』は名著だが、当時、その著者がNHKのアナウンサーと同名異人だという人もいた程で、その後も多数の古典芸能に関する著書があり、一級の古典芸能評論家と言えるが、語り口の柔らかさのためか、アナウンサーのイメージから世間が抜け出していない。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た中村勘三郎 (17代目)

    國學院大學文学部卒業。日本の伝統文化に興味があり、國學院大學在学中から歌舞伎の声色が得意で、ニッポン放送の歌舞伎番組に出演していた経験を持つ。中村勘三郎 \(17代目\)、中村歌右衛門 (6代目)、吉田玉男、吉田簑助など古典芸能の名人たちと親交を深めている。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「山川静夫」のニューストピックワード