92件中 51 - 60件表示
  • 山川静夫

    山川静夫から見た歌舞伎

    山川 静夫(やまかわ しずお、1933年2月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー、芸能評論家(特に歌舞伎)、エッセイスト。元NHKアナウンサー。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たひるのプレゼント

    1956年にNHKに入局。青森、仙台、大阪に勤務の後、1968年に東京アナウンス室に配属。前期の担当番組はお父さんはお人好し、女性手帳(大阪制作)、お楽しみグランドホール、ひるのプレゼント、歌のグランドショー、お国自慢にしひがしなど。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た國學院大學

    國學院大學文学部卒業。日本の伝統文化に興味があり、國學院大學在学中から歌舞伎の声色が得意で、ニッポン放送の歌舞伎番組に出演していた経験を持つ。中村勘三郎 (17代目)、中村歌右衛門 (6代目)、吉田玉男、吉田簑助など古典芸能の名人たちと親交が深い。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たくらべてみれば

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たウルトラアイ

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たお国自慢にしひがし

    1956年にNHKに入局。青森、仙台、大阪に勤務の後、1968年に東京アナウンス室に配属。前期の担当番組はお父さんはお人好し、女性手帳(大阪制作)、お楽しみグランドホール、ひるのプレゼント、歌のグランドショー、お国自慢にしひがしなど。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見たトライ&トライ

    後期は科学番組ウルトラアイ、トライ&トライ、くらべてみればなどの生活科学番組の司会を15年に渡って担当、体当たりの実験参加が人気を博した。またNHK紅白歌合戦の司会を白組司会・総合司会・進行役を全て含めて通算14回担当した。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た文楽

    大阪放送局勤務時代(1959?65)、当時朝日座といった文楽劇場へ通いつめ、文楽を筆頭に歌舞伎、新国劇などの古典芸能に通暁しており、その時親しんだ八代目竹本綱大夫の評伝『綱大夫四季』は名著だが、当時、その著者がNHKのアナウンサーと同名異人だという人もいたほどで、その後も多数の古典芸能に関する著書があり、一級の古典芸能評論家といえるが、語り口の柔らかさのためか、未だアナウンサーのイメージから世間が抜け出していない。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た新国劇

    大阪放送局勤務時代(1959?65)、当時朝日座といった文楽劇場へ通いつめ、文楽を筆頭に歌舞伎、新国劇などの古典芸能に通暁しており、その時親しんだ八代目竹本綱大夫の評伝『綱大夫四季』は名著だが、当時、その著者がNHKのアナウンサーと同名異人だという人もいたほどで、その後も多数の古典芸能に関する著書があり、一級の古典芸能評論家といえるが、語り口の柔らかさのためか、未だアナウンサーのイメージから世間が抜け出していない。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山川静夫

    山川静夫から見た静岡浅間神社

    1933年2月27日、静岡県静岡市葵区(当時は政令指定都市ではないので「区」は無い)の静岡浅間神社の神主の家に生まれた。山川静夫 フレッシュアイペディアより)

92件中 51 - 60件表示

「山川静夫」のニューストピックワード