前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 松江哲明

    松江哲明から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    日本映画学校の卒業制作として撮られた『あんにょんキムチ』は元在日コリアンである自身の家族を描いたセルフ・ドキュメンタリーで、韓日青少年映画祭監督賞、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波特別賞などを受賞。同作をゆうばり国際ファンタスティック映画祭に出品した際、同じく『どんてん生活』を出品していた山下敦弘に初めて会う。松江哲明 フレッシュアイペディアより)

  • 忘却に抗って - 命のための30通の手紙

    忘却に抗って - 命のための30通の手紙から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    Internet Movie Database、山形国際ドキュメンタリー映画祭公式サイト等にパトリス・シェロー、フィリップ・ミュイルの参加の記載があるが、本作での短篇映画のタイトルは不詳である。2作を加えると32作になるが、タイトル不詳のまま併記する。忘却に抗って - 命のための30通の手紙 フレッシュアイペディアより)

  • 相澤虎之助

    相澤虎之助から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    『Judge Not』が1995年「ぴあフィルムフェスティバル」で入選。その後タイ王国・ベトナムを旅行するバックパッカーを描いた『花物語バビロン』を制作し、この作品は山形国際ドキュメンタリー映画祭に招待上映される。相澤虎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地周

    菊地周から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    亀井文夫の監督作品にカメラマンとして参加した。農業や環境問題などに関わる作品を残している。長年、小繋事件の舞台である岩手県二戸郡一戸町字小繋の農民の暮らしをフィルムにおさめ、山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品『こつなぎ 山を巡る百年物語』では、それらのフィルムが活用された。夫人の菊地文代も同作品をはじめ、いくつかの作品でプロデューサーや裏方として二人三脚で協力した。菊地周 フレッシュアイペディアより)

  • 川島浩

    川島浩から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    岩手県二戸郡一戸町字小繋の農民の長年にわたる入会権闘争に取材した作品は、中村一夫監督のドキュメンタリー映画『こつなぎ 山を巡る百年物語』(山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品)に活かされた。川島浩 フレッシュアイペディアより)

  • 中野理惠

    中野理惠から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    パンドラは、1984年アカデミー賞受賞作、ゲイを正面からとらえた長編ドキュメンタリー『ハーヴェイ・ミルク』をパンドラ設立後の第一作として配給した。その後『100人の子供たちが列車を待っている』(第1回山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映)、『X指定 陽気なアメリカ・男のホンネ』、『ビヨンド・サイレンス』、『レニ』、『ニキ・ド・サンファル 美しい獣』、『ロシアン・エレジー』、『セルロイド・クローゼット』、『ナヌムの家』、『ナヌムの家2』、『逢いたくてヴェニス』、『息づかい』など外国のドキュメンタリー映画やヴェルナー・ヘルツォーク監督作品、アレクサンドル・ソクーロフ監督作品などを商業映画館へ配給。また、主要な作品はビデオ化し、販売している。中野理惠 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井英郎

    荒井英郎から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    没後、1993年(平成5年)4月、坂崎武彦編著による書籍『動く絵の作家荒井英郎』が刊行された。2005年(平成17年)、山形国際ドキュメンタリー映画祭で、監督作『朝鮮の子』が上映された。2006年(平成18年)4月20日、日本記録映画作家協会が主催した「日本記録映画作家協会50周年記念映画祭」で、監督作『われわれは監視する - 核基地横須賀』が上映された。荒井英郎 フレッシュアイペディアより)

  • 篠崎五六

    篠崎五六から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1960年代の半ばから小繋事件の舞台となった岩手県二戸郡一戸町字小繋の農民たちを取材する。2009年の山形国際ドキュメンタリー映画祭の招待作品、『こつなぎ 山を巡る百年物語』にはその際の取材記録が活かされている。篠崎五六 フレッシュアイペディアより)

  • キム・ロンジノット

    キム・ロンジノットから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    山形国際ドキュメンタリー映画祭'99: 『イラン式離婚狂想曲』。「キム・ロンジノット、インタビュー」(全二ページ)キム・ロンジノット フレッシュアイペディアより)

  • ガイア・ガールズ

    ガイア・ガールズから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    第36回シカゴ国際映画祭優秀ドキュメンタリー賞を受賞、ベルリン国際映画祭や山形国際ドキュメンタリー映画祭にも出品された。ガイア・ガールズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のニューストピックワード