65件中 11 - 20件表示
  • 塵 (映画)

    塵 (映画)から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2007年、第64回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門に出品される。2010年、山形国際ドキュメンタリー映画祭コンペティション部門に出品される。塵 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 川島浩

    川島浩から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    岩手県二戸郡一戸町字小繋の農民の長年にわたる入会権闘争に取材した作品は、中村一夫監督のドキュメンタリー映画『こつなぎ 山を巡る百年物語』(山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品)に活かされた。川島浩 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井英郎

    荒井英郎から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    没後、1993年(平成5年)4月、坂崎武彦編著による書籍『動く絵の作家荒井英郎』が刊行された。2005年(平成17年)、山形国際ドキュメンタリー映画祭で、監督作『朝鮮の子』が上映された。2006年(平成18年)4月20日、日本記録映画作家協会が主催した「日本記録映画作家協会50周年記念映画祭」で、監督作『われわれは監視する - 核基地横須賀』が上映された。荒井英郎 フレッシュアイペディアより)

  • ハルトムート・ビトムスキー

    ハルトムート・ビトムスキーから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    ベルリン自由大学で演劇とドイツ文学を学ぶ。1972年、雑誌『Filmkritik』の編集部員として随筆と批評を執筆し、同じ頃、製作会社Big Sky Filmsを立ち上げる。その後、カリフォルニア芸術大学映画学部の学部長に就任。2001年、『B-52』を監督する。同年、山形国際ドキュメンタリー映画祭審査員を務める。2007年の監督作品『塵』は、第64回ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門に出品されたほか、2010年の山形国際ドキュメンタリー映画祭コンペティション部門に出品された。ハルトムート・ビトムスキー フレッシュアイペディアより)

  • ガイア・ガールズ

    ガイア・ガールズから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    第36回シカゴ国際映画祭優秀ドキュメンタリー賞を受賞、ベルリン国際映画祭や山形国際ドキュメンタリー映画祭にも出品された。ガイア・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 2/デュオ

    2/デュオから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2/デュオ - 山形国際ドキュメンタリー映画祭2/デュオ フレッシュアイペディアより)

  • 柳下美恵

    柳下美恵から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1995年、山形国際ドキュメンタリー映画祭の映画誕生100年記念上映会でデビュー。2011年に杉田協士監督『ひとつの歌』の音楽を手がけ、2012年に篠崎誠監督『あれから』の音楽を手がける。2012年、カール・テオドア・ドライヤー監督『裁かるるジャンヌ』のUK盤DVDとUK盤Blu-ray Discに柳下のピアノ伴奏が収録された。柳下美恵 フレッシュアイペディアより)

  • 真湖道代

    真湖道代から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2003年(平成15年)1月10日に山形ドキュメンタリーフィルムライブラリーで行なわれた「忘れ去られた映画史2 - 香取環と奥脇敏夫」の特集上映で、出演作『女は二度燃える』(監督奥脇敏夫)が、45分短縮版の16mmフィルム版上映用プリントで上映された。同作の同プリントは、2011年(平成23年)10月21日 - 同22日に神戸映画資料館で行なわれた「特別編 伝説の女王・香取環」の特集上映でも上映された。2008年(平成20年)4月9日 - 同15日にラピュタ阿佐ヶ谷で行なわれた「愛と官能のプログラム・ピクチュア 日活ロマンポルノ名作選」の特集上映で、出演作『戦国ロック 疾風の女たち』(監督長谷部安春)が上映された。2013年(平成25年)2月8日 - 同11日に神戸映画資料館で行なわれた「ピンク映画50周年 特別上映会 映画監督・渡辺護の時代」の特集上映で、主演作『素肌が濡れるとき』(監督梅沢薫)が16mmフィルム版上映用プリントで上映された。真湖道代 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐正明

    甲斐正明から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    新宿駅東口に突如自らの名前だけの巨大看板を半年出したり(その後渋谷駅前に移転)、山形国際ドキュメンタリー映画祭に自らのAV作品(『AVアイドルを舞台に上げてヤジとイジメで犯しまくるII』)を出品したり、街宣車を走らせるなど従来のAV監督にはあまり見られなかった宣伝活動をした。甲斐正明 フレッシュアイペディアより)

  • 飛鳥公子

    飛鳥公子から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2003年(平成15年)11月21日、山形ドキュメンタリーフィルムライブラリー試写室で行われた「忘れ去られた映画史・最終章」の特集上映で、出演作『クライマックス』(監督奥脇敏夫)が上映された。飛鳥公子 フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のニューストピックワード