65件中 41 - 50件表示
  • 映画史

    映画史から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1989年、日本で「山形国際ドキュメンタリー映画祭」が始まる。映画史 フレッシュアイペディアより)

  • 日夏英太郎

    日夏英太郎から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    天と地の間に(1951年)- 1997年にネガが発見され、同年の山形国際ドキュメンタリー映画祭・釜山国際映画祭、『アジアフィルムフェスティバル'97(東京)』で上映。日夏英太郎 フレッシュアイペディアより)

  • こつなぎ 山を巡る百年物語

    こつなぎ 山を巡る百年物語から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    『こつなぎ 山を巡る百年物語』(こつなぎ やまをめぐるひゃくねんものがたり)は、2009年の日本映画。山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品。いわゆる小繋事件の裁判の歴史と住民の暮らしを追った記録映画。こつなぎ 山を巡る百年物語 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地周

    菊地周から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    亀井文夫の監督作品にカメラマンとして参加した。農業や環境問題などに関わる作品を残している。長年、小繋事件の舞台である岩手県二戸郡一戸町字小繋の農民の暮らしをフィルムにおさめ、山形国際ドキュメンタリー映画祭2009特別招待作品『こつなぎ 山を巡る百年物語』では、それらのフィルムが活用された。夫人の菊地文代も同作品をはじめ、いくつかの作品でプロデューサーや裏方として二人三脚で協力した。菊地周 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚義治

    手塚義治から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    日本のインディーズ映画創成期に『爆裂都市 BURST CITY』(1982)等の撮影・照明技師として活動した後、イギリスに移住。英国国立映画TV学校(NFTS)を卒業後、日英でテレビドキュメンタリー作品を手がける。『家族写真』(1989)は米国サンダンス映画祭、山形国際ドキュメンタリー映画祭などで上映され、数々の賞を受賞した。英国の映像プロダクション、キメラ・フィルムスの代表取締役として、日本向けテレビコマーシャルを数多く欧州各地で制作した後、メディア文化研究者に転身した。手塚義治 フレッシュアイペディアより)

  • 荒井幸博

    荒井幸博から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    山形県内各地での青年団や、労働組合、婦人会、映画サークル等との上映会を通じて、映画を観る楽しみから観せる楽しみに目覚める。1989年には、上山市牧野で15年間映画作りに取り組んでいた世界的ドキュメンタリスト 小川紳介監督に勧められ第1回目となる『山形国際ドキュメンタリー映画祭』ボランティア・ネットワーク作りに参加。荒井幸博 フレッシュアイペディアより)

  • 小川紳介

    小川紳介から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    小川 紳介(おがわ しんすけ、1935年6月25日 - 1992年2月7日)は、日本のドキュメンタリー映画監督。山形国際ドキュメンタリー映画祭創設の提唱者。東京市芝区横新町(現在の東京都港区芝)出身。小川紳介 フレッシュアイペディアより)

  • ダーウィンの悪夢

    ダーウィンの悪夢から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2004年トロント国際映画祭で初リリース。2005年山形国際ドキュメンタリー映画祭で、コミュニティシネマ賞、審査員特別賞を受賞した。ダーウィンの悪夢 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤零郎

    佐藤零郎から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2005年より映画監督佐藤真に師事し、ドキュメンタリーを学ぶ。2007年、大阪長居公園テント村の野宿生活者達が、強制的に立ち退きにあうときに、芝居をすることで権力と対峙する姿を記録した「長居青春酔夢歌」が山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波(2009)にノミネートされる。排除の危機に瀕した現場、渋谷の宮下公園、竪川河川敷公園、日雇い労働者の街・中国皮村などで上映される。また、長居公園の現場でNDUの布川徹郎と出会い、以後行動を共にする。個々人としてドキュメンタリーを制作するのではなく、集団的な批評や議論を必要とした関西の若手ドキュメンタリストの集団NDS(中崎町ドキュメンタリースペース)の立ち上げに関わる。2008年、役者として出演した「天狗の葉」(監督:齊藤貴志)が第30回ぴあフィルムフェスティバル入選、京都・神戸観客賞受賞。2010年、パレスチナ人と日本人が共同した芝居「アザリアのピノッキオ」のドキュメンタリー「パレスチナキャラバンの50日」(構成:翆羅臼)の撮影・編集を担当。「映画と社会変革」について、布川徹郎やNDSメンバーたちと議論し、自身の創作活動のテーマとしている。最新作の16mm劇映画「月夜釜合戦」が2017年に完成した。佐藤零郎 フレッシュアイペディアより)

  • あの家は黒い

    あの家は黒いから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    ファッロフザード監督はこれを映画の題名とした。直訳すると「家が黒い」という意味であるが、英語文献では映画内の文脈を踏まえて、"The House is doomed" と意訳した例もある。ペルシア語の原題には定冠詞や指示詞はないのであるが、英語やフランス語では、定冠詞を付加して "The House is Black", "La maison est noire" とした訳題が一般的である。日本語では、指示詞「あの」を付加して「あの家は黒い」という訳題例がある。1999年に本作が日本初上映された山形国際ドキュメンタリー映画祭では、「ブラック・ハウス」という訳題であった。あの家は黒い フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のニューストピックワード