65件中 51 - 60件表示
  • アン・ホイ

    アン・ホイから見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    千言萬語(1999年、原題:千言萬語)山形国際ドキュメンタリー映画祭2001にて上映アン・ホイ フレッシュアイペディアより)

  • エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館

    エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    日本では2017年10月に山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映される。エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 松江哲明

    松江哲明から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1999年に日本映画学校の卒業制作として撮られた『あんにょんキムチ』で、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波特別賞、NETPAC特別賞などを受賞。松江哲明 フレッシュアイペディアより)

  • 代島治彦

    代島治彦から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1992年、オムニバス映画『パイナップ・ツアーズ』の製作を手がける。1993年に開催された山形国際ドキュメンタリー映画祭では、世界先住民映画祭をプロデュースする。1994年から2003年まで、映画館BOX東中野(2004年以降は「ポレポレ東中野」)の代表を務めた。代島治彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福田克彦

    福田克彦から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1997年8月、成田空港地域共生員会成田空港問題歴史伝承部会事務局長となる。同年10月、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア部門審査員を務める。福田克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 太田信吾

    太田信吾から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    『卒業』でイメージフォーラムフェスティバル優秀賞・観客賞を受賞。『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で公開後、世界12カ国で配給され大ヒットを記録。2014年、第27回東京国際映画祭において『解放区』が「日本映画・ある視点」部門に選ばれた。太田信吾 フレッシュアイペディアより)

  • 碑文谷一家

    碑文谷一家から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2013年10月14日、第13回山形国際ドキュメンタリー映画祭で、ドキュメンタリー映画「Young Yakuza」が日本初上映された。碑文谷一家 フレッシュアイペディアより)

  • 河瀬直美

    河瀬直美から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    大阪写真専門学校卒業後、同校の講師を務めながら、8mm作品『につつまれて(山形国際ドキュメンタリー映画祭国際批評家連盟賞受賞)』や『かたつもり(山形国際ドキュメンタリー映画祭奨励賞受賞)』を制作し注目を集める。実父と生き別れ実母とも離別し、母方の祖母の姉に育てられた自らの特殊な境遇から制作された作品の独自性が評価されたものだった。河瀬直美 フレッシュアイペディアより)

  • 黒川芳正

    黒川芳正から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    1987年、獄中から監督をして異色のドキュメンタリー映画『母たち』を製作している。黒川自身の母を含む大道寺や益永利明ら獄中メンバーの母たちへのインタビューを構成したもので、カラー8mm、上映時間は120分である。のちにビデオ化も行なわれ、1997年、山形国際ドキュメンタリー映画祭で上映されている。黒川芳正 フレッシュアイペディアより)

  • 香取環

    香取環から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    二番目の夫奥脇敏夫の監督した三本の映画は、2003年に山形国際ドキュメンタリー映画祭で公開された。2009年9月、1960年代の香取と西原儀一の作品(合作、単独とも)を主題とした回顧展が、神戸プラネット映画資料館で開かれた。香取環 フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のニューストピックワード