1 2 3 4 5 6 7 次へ
65件中 61 - 65件表示
  • 大杉 漣

    大杉漣から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    世界一と言われた映画館 酒田グリーン・ハウス証言集(山形国際ドキュメンタリー映画祭2017上映作品、2018年4月20日劇場公開、佐藤広一監督) - ナレーション大杉漣 フレッシュアイペディアより)

  • 森達也

    森達也から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    広報副部長荒木浩を中心にオウム真理教信者達の日常を追うドキュメンタリー映画『A』を公開。ベルリン国際映画祭に正式招待される。2001年には続編『A2』を発表。山形国際ドキュメンタリー映画祭にプレミア出品され、市民賞・審査員賞受賞。森達也 フレッシュアイペディアより)

  • 金子遊

    金子遊から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    2011年に編著『フィルムメーカーズ 個人映画のつくり方』刊行。「弧状の島々 ソクーロフとネフスキー」で三田文学新人賞(評論部門)受賞。2012年から、ドキュメンタリーマガジン「neoneo」編集委員。2013年にドキュメンタリー映画『ムネオイズム 〜愛と狂騒の13日間〜』を全国で劇場公開。2015年に単著『辺境のフォークロア』刊行。「山形国際ドキュメンタリー映画祭2015」コーディネーター。テレビ番組やPR映像のシナリオ、番組構成、演出など多数。2017年に『映像の境域 アートフィルム/ワールドシネマ』でサントリー学芸賞受賞。金子遊 フレッシュアイペディアより)

  • 門間貴志

    門間貴志から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    秋田県潟上市生まれ秋田県立秋田西高等学校を経て1986年多摩美術大学美術学部芸術学科卒業。在学中は映像演出研究会で8ミリ映画を制作。1986年よりシードホール(西武百貨店渋谷店)にて映画上映、美術展、演劇公演の企画運営スタッフとして勤務。1995年、BOX東中野勤務、山形国際ドキュメンタリー映画祭フィルム・コーディネーターなどを経て、2003年より明治学院大学助教授、2017年より現職。別名、懐田荘一。門間貴志 フレッシュアイペディアより)

  • 金澤忠雄

    金澤忠雄から見た山形国際ドキュメンタリー映画祭山形国際ドキュメンタリー映画祭

    市長在任中は、文教行政に力を入れ公民館整備に取り組みミニ講座を奨励した。また、山形市制100周年の記念事業の一環として開催した「山形国際ドキュメンタリー映画祭」は、その後国際的に高い評価を得るまで成長した。それ以外にも1992年(平成4年)には、全国初の公設民営であり県下2番目の4年制大学となる東北芸術工科大学の開学にこぎ着け、初代理事長も務めた。さらには1991年(平成3年)には、山形自動車道村田 - 山形北ICの開通。翌年には、山形新幹線の開通などインフラストラクチャー整備にも尽力した。金澤忠雄 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
65件中 61 - 65件表示

「山形国際ドキュメンタリー映画祭」のニューストピックワード