前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示
  • 月山道路

    月山道路から見た山形自動車道山形自動車道

    月山IC付近(月山ICより約100m鶴岡市寄り) - 鶴岡市(旧:朝日村)中台付近(66.7キロポスト)の十座沢橋まで自動車専用道路であり、月山入口交差点 - 月山IC付近と鶴岡市中台付十座沢橋 鶴岡市田麦俣字清水尻は一般道路である。ただし、一般道路の区間も歩道等が設置されておらず、自動車以外(原動機付自転車を含む125cc以下の二輪車、ミニカー、軽車両、歩行者)の利便には供されておらず、一般道路の区間も自動車専用道路区間と大差ない道路である。また、東北横断自動車道酒田線のうち、月山ICと湯殿山ICを結ぶ路線とされており、山形自動車道に並行する一般国道自動車専用道路に指定されている。月山道路 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方の経済史

    東北地方の経済史から見た山形自動車道山形自動車道

    仙台都市圏では、JR仙山線と国道48号(関山トンネル)という連絡経路しかなかった山形市(村山地方)との間で、1981年に国道286号の笹谷トンネルが開通し、1990年代を通して建設された山形道(村田JCTで東北道と接続)によって両市間の時間距離は半分以下にまで短縮された。これにより、仙台と山形との交流が容易になった。東北地方の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 笹谷トンネル

    笹谷トンネルから見た山形自動車道山形自動車道

    笹谷トンネル(ささやトンネル)は、宮城県柴田郡川崎町の笹谷ICと山形県山形市の関沢ICの間をつなぐ山形自動車道のトンネルである。笹谷トンネル フレッシュアイペディアより)

  • WEライナー

    WEライナーから見た山形自動車道山形自動車道

    1990年(平成2年)10月4日の山形自動車道・宮城川崎IC - 笹谷IC開通により仙台市都心部から山形県山形市の関沢ICまで自動車専用道路でつながれたことに伴い、本路線は運賃を新幹線の4分の1以下の片道4,500円(往復8,100円)に設定し、同月23日より昼夜2往復で運行を始めた(翌年7月には山形道が山形蔵王ICまで延伸)。1997年(平成9年)10月に磐越自動車道が全通すると福島県経由に変更され、途中休憩を含め約4時間に所要時間が短縮された。現在は昼行便7往復・夜行便1往復の計1日8往復が運行されている。WEライナー フレッシュアイペディアより)

  • 国道112号

    国道112号から見た山形自動車道山形自動車道

    村山地方と庄内地方を結ぶ六十里越街道が基本になっている。国道指定当初は山形市と鶴岡市を結ぶ路線であったが、1993年(平成5年)に延伸し、現在は酒田市までとなっている。途中、自動車専用道路の「月山道路」となり、山形自動車道(東北横断自動車道酒田線)の路線網の一部に組み込まれている。国道112号 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台経済圏

    仙台経済圏から見た山形自動車道山形自動車道

    福島県中通り北部と仙台との間には、東北新幹線・東北本線・東北自動車道・国道4号、福島県浜通り夜ノ森以北と仙台との間には常磐線(福島原発事故前は特急もあった)・国道6号などの交通がある。山形と仙台との間には、従来の仙山線(快速まで)と国道48号・国道286号に加えて、山形自動車道と高速バスの利用が可能となった。仙台経済圏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本海東北自動車道

    日本海東北自動車道から見た山形自動車道山形自動車道

    当初、新潟中央JCT - 新潟空港ICは北陸自動車道として供用されていたが、2002年(平成14年)5月26日の新潟空港IC - 聖籠新発田ICの開通に合わせ、日本海東北自動車道に変更された区間である。この開通に合わせて、インターチェンジ番号やキロポストも北陸自動車道の(米原JCTを起点とした)ものから新潟中央JCTを起点としたものに変更された。この他、鶴岡JCT - 酒田みなとICは開通当初山形自動車道として供用されていたが、2012年(平成24年)3月24日のあつみ温泉IC - 鶴岡JCTの開通に合わせ、日本海東北自動車道に変更された区間である。日本海東北自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台 - 山形線

    仙台 - 山形線から見た山形自動車道山形自動車道

    仙台と山形を結ぶ都市間バスは、山形自動車道の開通前から笹谷トンネル経由の特急バスとして運行が行われてきた。仙台 - 山形線 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県道14号亘理大河原川崎線

    宮城県道14号亘理大河原川崎線から見た山形自動車道山形自動車道

    宮城県亘理郡亘理町の国道6号から角田市、大河原町、柴田町、村田町、川崎町と宮城県南部を横断し、国道286号・国道457号(重複区間)とを結ぶ県道路線。途中、東北自動車道村田ICおよび山形自動車道宮城川崎ICと接続する。この県道沿いには多数の工業団地が存在する。宮城県道14号亘理大河原川崎線 フレッシュアイペディアより)

  • サービスエリア

    サービスエリアから見た山形自動車道山形自動車道

    鶴巣PA上り線(東北道)・岩手山SA上り線(東北道)・寒河江SA上下線(山形道)・高梁SA下り線(岡山道)サービスエリア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
197件中 1 - 10件表示

「山形自動車道」のニューストピックワード