184件中 11 - 20件表示
  • 笹谷トンネル

    笹谷トンネルから見た山形自動車道山形自動車道

    笹谷トンネル(ささやトンネル)は、宮城県柴田郡川崎町の笹谷ICと山形県山形市の関沢ICの間をつなぐ山形自動車道のトンネルである。笹谷トンネル フレッシュアイペディアより)

  • ハーフインターチェンジ

    ハーフインターチェンジから見た山形自動車道山形自動車道

    関沢IC(山形自動車道/笹谷トンネル・東北自動車道方面)ハーフインターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 国営みちのく杜の湖畔公園

    国営みちのく杜の湖畔公園から見た山形自動車道山形自動車道

    宮城県仙台市と山形県山形市の両県庁所在地を結ぶ国道286号沿いにあり、山形自動車道・宮城川崎ICも近い。国営みちのく杜の湖畔公園 フレッシュアイペディアより)

  • 東北三大祭り

    東北三大祭りから見た山形自動車道山形自動車道

    東北地方は中部地方とほぼ同じ面積を持つ広い地方であり東京都と青森市の中間地点が仙台市であるなど南北に長いため東北各地を周遊すると移動距離も長くなるが、他の地方からの来訪者にとっては北海道(東北地方の1.25倍の面積)と同様1度に各地を周遊する傾向がある。東北地方での国道や高速道路(東北道・山形道・秋田道など)の整備、新幹線(東北新幹線・山形新幹線・秋田新幹線)の開通、各空港の路線開設など交通の発達によって短期間に余裕をもって東北各地を周遊できるようになったこともあり、消費者ニーズに合わせて「三大」に限らず「二大」から「六大」まで様々な「N大」の組み合わせが見られるようになった。東北三大祭り フレッシュアイペディアより)

  • WEライナー

    WEライナーから見た山形自動車道山形自動車道

    仙台駅東口 - (国道286号) - (仙台南インターチェンジ) - (東北自動車道) - (菅生PA) - (山形自動車道) - (国道13号) - 小国(JRバス東北小国営業所) - (国道113号) - 下関 -(国道7号) - 中条営業所(その後中条営業所移転に伴い、中条町中心部に中条バス停を開設) - 新発田城北町 - (同・新新バイパス) - 新潟駅前 - 万代シテイバスセンターWEライナー フレッシュアイペディアより)

  • 南東北

    南東北から見た山形自動車道山形自動車道

    それまでの東北地方は、奥羽山脈によって東西に分断され、冬は雪の影響で各所で通行止めとなるため、首都・東京との関係から、南北の幹線を整備して一年を通じた安定交通路の形成や高速化を主眼に開発がされてきた(東北本線・奥羽本線・常磐線・東北自動車道・東北新幹線など)。1990年代に入ると、東北地方内の東西の連絡高速道路(秋田自動車道・山形自動車道・磐越自動車道)や山形新幹線・秋田新幹線などが建設・供用開始され、東西交通の高速化をもたらして東西関係が密接になるようになった(東西高速道路は、冬でも安定した交通路)。特に、岩手県と秋田県は政治的に、宮城県と山形県は経済的に繋がりを深める事態になった。この流れに巻き込まれる形で、北東北3県(青森・岩手・秋田)、南東北3県(宮城・山形・福島)という枠組みが作られていった。南東北 フレッシュアイペディアより)

  • 山形県野球場

    山形県野球場から見た山形自動車道山形自動車道

    江戸時代には、村山地方と庄内地方とを結ぶ六十里越街道(現在は国道112号や山形自動車道が代替)が最上川舟運と交差する結節点だった中山町大字長崎では、最上川河川敷や自然堤防上に、往時のような人の集まる施設を数々設置しており、中山公園もその1つである。山形県野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台 - 酒田・本荘線

    仙台 - 酒田・本荘線から見た山形自動車道山形自動車道

    このような中、1989年(平成元年)から 庄内交通と宮城交通が、仙台と庄内地方との間で直通の都市間バスを運行開始した。運行開始当時は国道48号・山形空港経由であったが、山形自動車道の延伸により山形道経由となり、山形交通(当時)も参入、同時に寒河江市・西川町にも停留所が設置された。その後も増便や山形自動車道のさらなる延伸に伴う所要時間短縮などにより、仙台?庄内間の移動は列車からバスに完全に移った。2002年(平成14年)には宮城交通・庄内交通・羽後交通の3社により、仙台 - 本荘線の運行も開始されたが、仙台 - 鶴岡・酒田間の利用も可能であるため、実質的には仙台 - 鶴岡・酒田線の別系統というとらえ方もできる。仙台 - 酒田・本荘線 フレッシュアイペディアより)

  • 公立学校共済組合東北中央病院

    公立学校共済組合東北中央病院から見た山形自動車道山形自動車道

    山形自動車道 山形北ICより福島方面へ南進し5分。公立学校共済組合東北中央病院 フレッシュアイペディアより)

  • 秋保温泉

    秋保温泉から見た山形自動車道山形自動車道

    仙台市との合併後、渋滞の原因の1つである国道286号と宮城県道31号仙台村田線との接続部において、東北自動車道・仙台南ICから温泉街入口までの国道286号に片側2車線の生出バイパスが整備され、その先の国道286号でもボトルネックの赤石橋を回避する赤石バイパスが新設された(1990年代に整備が進んだ山形自動車道も渋滞の解消には役立った)。また、国道48号からは林道のみのアクセスだったが、仙台西道路・愛子バイパス・県道秋保温泉愛子線と続く仙台都心からの新たな最短経路が建設され、更に国道457号もできた。これら道路の整備により、仙台都心から車で約20分、最寄インターチェンジから約10分という利便性を得た。また、釜房ダムなどを水源とする上水道が整備され、旧秋保町全体の下水道普及率も政令市移行時の29.6%から88.6%になり、湯元地区には仙台市消防局太白消防署秋保出張所も設置された。秋保温泉 フレッシュアイペディアより)

184件中 11 - 20件表示

「山形自動車道」のニューストピックワード