57件中 41 - 50件表示
  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た関沢インターチェンジ

    笹谷IC-関沢ICは、当初国道286号笹谷トンネル(山形自動車道に並行する一般国道自動車専用道路)として建設され、開通したが、4車線化の整備計画・施行命令が高速自動車国道としてされたため、これに伴い高速自動車国道に指定変更され、山形自動車道へ編入された。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た月山インターチェンジ

    現在、村田JCT(宮城県柴田郡村田町)-月山IC(山形県西村山郡西川町)、湯殿山IC(山形県鶴岡市)-鶴岡JCT(山形県鶴岡市)の計109.1kmの区間が開通している。未開通区間である月山ICと湯殿山ICの間は未だに基本計画区間となっている。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た社会実験

    2004年12月20日 : 寒河江SAスマートIC社会実験開始(-2006年9月30日(当初の実験期間は2005年3月31日まで))。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た東北横断自動車道

    山形自動車道は、法定路線名である東北横断自動車道酒田線のうち、東北自動車道の区間を除いた総延長約158kmの中で、高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路の国道112号月山道路の21km、日本海東北自動車道の27.5kmを除いた区間の延長109.1kmの道路名である。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た村田ジャンクション

    山形自動車道(やまがたじどうしゃどう、YAMAGATA EXPRESSWAY)は、宮城県柴田郡村田町の村田JCTで東北自動車道から分岐し、山形県山形市の山形JCTで東北中央自動車道に接続し、山形県鶴岡市の鶴岡JCTに至る延長130.1kmの高速道路(高速自動車国道)である。略称は山形道(やまがたどう、YAMAGATA EXPWY)。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た川崎町 (宮城県)

    柴田郡村田町 - 柴田郡川崎町 - 柴田郡村田町 - 柴田郡川崎町山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た自動車専用道路

    月山IC-湯殿山ICは未だ建設されておらず、その区間は現在月山道路で結ばれている。ただし、月山道路は一部に自動車専用道路ではない区間が存在しており、山形道との接続部はいずれも一般道路の区間である。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た新潟中央ジャンクション

    日本海東北自動車道(鶴岡JCTで接続):山形方面⇔酒田方面、新潟方面⇔酒田方面方面のみ接続。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た無料

    また、月山道路や日本海東北自動車道の鶴岡JCT以南の区間は無料のため、庄内地方は飛地の有料道路となっている。日本海東北道の区間も含め、庄内地方の区間では料金所集約のために出入り口に料金所が設置されていないICがあり、区間ごとに定められた料金をその都度支払うことになっている。そのために、鶴岡ICと日本海東北道の酒田ICに本線料金所が併設されており、湯殿山、鶴岡、酒田の各出入り口料金所とともに通行券を受け取らずに支払う方式となっている(庄内区間の全線を走行すると、料金の支払いが3回発生する)。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

  • 山形自動車道

    山形自動車道から見た西川町

    現在、村田JCT(宮城県柴田郡村田町)-月山IC(山形県西村山郡西川町)、湯殿山IC(山形県鶴岡市)-鶴岡JCT(山形県鶴岡市)の計109.1kmの区間が開通している。未開通区間である月山ICと湯殿山ICの間は未だに基本計画区間となっている。山形自動車道 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「山形自動車道」のニューストピックワード