67件中 41 - 50件表示
  • 松本洋平

    松本洋平から見た山本一太山本一太

    同期当選の衆議院議員大塚拓、参議院議員丸川珠代らと仲がよく、二人の結婚式では司会を勤めた。また参議院議員山本一太とも仲がよく、山本のブログにもたびたび松本が登場する。選挙区での演説会ポスターでは、山本と共に写ったポスターが使われた。松本洋平 フレッシュアイペディアより)

  • 森喜朗

    森喜朗から見た山本一太山本一太

    小泉の退任が確実視されると後継総裁選びへの布石が水面下で進められるようになってきた。この時有力視されていたのは安倍晋三と福田康夫であったが両者は同じ森派であった。2006年1月19日、森は自ら会長を務める森派の総会で発言し、ポスト小泉総裁候補について安倍晋三支持を公言している同派の参議院議員山本一太を批判し、特定の人物を支持する発言を慎むよう注意した。今後も安倍支持の発言をやめなければ森派から退会させると言い切ったが、山本は安倍支持の言動を今後も何ら改めるつもりは無いと発言した。結局何も変わらず派閥の分裂等も起こらないまま安倍が総裁(総理)に就任した。森喜朗 フレッシュアイペディアより)

  • 村田晃嗣

    村田晃嗣から見た山本一太山本一太

    上記と同じく2005年元日の同番組にて、アメリカの2006年度中間選挙の話題が出た。この際、森本敏、秋尾沙戸子、山本一太らは、揃って共和党の大勝を予想し、ブッシュ大統領の支持基盤の揺ぎなさを説いた。この話題を持ち出した張本人である姜尚中がそれら意見に疑問を呈した。以上の論争を踏まえた上で、村田はアメリカ外交の専門家として最後に見解表明。「少なくとも立法府では、民主党は長期に渡って勝てないような構図になっており、中間選挙においてブッシュが苦しくなるということは考えられない。」という旨を述べた。しかし、2006年11月の中間選挙の結果、上院および下院にて民主党が過半数を確保し、村田等の予測は外れた。村田晃嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 小池百合子

    小池百合子から見た山本一太山本一太

    2002年11月 山本一太監修『私が総理になったなら 若き日本のリーダーたち』角川書店、ISBN 4048837877小池百合子 フレッシュアイペディアより)

  • 石破茂

    石破茂から見た山本一太山本一太

    『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』では、しばしば太田光と激しい論争を繰り広げつつ、専門的知見を噛み砕いて解説を行っている。国防政策において太田によく噛み付かれており、番組内では山本一太と共に「天敵」と呼ばれたこともある。太田を特集した『情熱大陸』(2010年5月23日)には、太田を評するコメントを行った。この番組では、国家の安全保障について考える際はあらゆる非常事態を想定せねばならないと発言している。日本と米国が戦争状態に突入したらどうするか、との太田からの質問に対しては「それはありえない」と回答し、日米間の戦争は起こらないと想定している事を示した。また、アメリカの原爆投下については、「日本も原爆を開発する計画があった」「仮に本土決戦が行われていたら相当の犠牲が出ていた」と米国側の認識に一定の理解を示しながらも、2発目(長崎への投下)については「許容範囲を超えている」として米国を批判している。石破は『太田光の私が総理大臣〜』の「アメリカに原爆被害の賠償金を請求します」では原爆被爆者への補償に反対を表明した。石破茂 フレッシュアイペディアより)

  • 衛藤征士郎

    衛藤征士郎から見た山本一太山本一太

    最近では清和政策研究会における親福田康夫派議員の筆頭格として知られる。福田親衛隊を自認し、テレビ番組などで安倍晋三支持の山本一太らと討論する姿も見られた。2006年自由民主党総裁選挙では派閥内にて福田擁立の中心的存在であったが、福田は不出馬。2007年自由民主党総裁選挙ではいち早く福田擁立を表明し、福田康夫内閣の実現に動いた。衛藤征士郎 フレッシュアイペディアより)

  • 群馬県立高崎高等学校

    群馬県立高崎高等学校から見た山本一太山本一太

    山本富雄 元 農林水産大臣、山本一太参議院議員の父群馬県立高崎高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小渕恵三

    小渕恵三から見た山本一太山本一太

    この時の人事では早稲田大学雄弁会OBから玉沢徳一郎農林水産大臣、青木幹雄官房長官を起用。また地元の群馬県から福田赳夫の娘婿の越智通雄金融再生委員長、中曽根康弘の息子・中曽根弘文文部大臣、山本富雄の息子・山本一太外務政務次官を起用した。この国会では、労働者派遣法を改正し、派遣を原則禁止・例外容認から、原則容認・例外禁止に大きく転換させた。小渕恵三 フレッシュアイペディアより)

  • TPP参加の即時撤回を求める会

    TPP参加の即時撤回を求める会から見た山本一太山本一太

    北関東の衆院小選挙区27人、衆院比例代表6人、参院選挙区7人の中で18人が入会している。茨城では9人中葉梨康弘、石川昭政、長谷川大紋以外の6人が、栃木では6人中茂木敏充以外の5人が参加する一方、埼玉では18人中中根一幸、野中厚、三ツ林裕巳、関口昌一の4人の参加であった。群馬は佐田玄一郎、井野俊郎、小渕優子が参加し、笹川博義、福田達夫、中曽根弘文、山本一太が不参加と分かれた。TPP参加の即時撤回を求める会 フレッシュアイペディアより)

  • 西田昌司

    西田昌司から見た山本一太山本一太

    山本一太は参議院で最もネット視聴数が多いのは西田の国会質疑だと指摘している。国会における西田の発言はジャーナリストや評論家からも注目を集めている。2012年(平成24年)4月4日の参議院予算委員会では、石井一委員長が「以上で、西田劇場…西田昌司君の質疑は終了いたしました」と言って締めくくった。国会のネット視聴数は2009年(平成21年)から急増しており(特に参議院は2009年の約205万視聴から2010年1月?11月の約769万視聴と約3.8倍)、西田は視聴上位5回のうち4回で質疑に立っている。西田昌司 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示

「山本一太」のニューストピックワード