80件中 41 - 50件表示
  • 山本一太

    山本一太から見た参議院議員団

    自由民主党参議院政策審議会長、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策)、外務副大臣(福田康夫改造内閣)、参議院外交防衛委員長を歴任した。学位はMSFS(ジョージタウン大学)。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た参議院

    山本 一太(やまもと いちた、1958年1月24日 - )は、日本の政治家。参議院議員(4期)、参議院予算委員長、自由民主党総裁ネット戦略アドバイザー・政調担当、自由民主党群馬県連会長、中央大学大学院客員教授。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た第17回参議院議員通常選挙

    父の死去に伴って1995年の第17回参議院議員通常選挙に群馬県選挙区から出馬し、初当選。同年の自民党総裁選挙においては、小泉純一郎が出馬するために必要な推薦人集めに奔走した。小泉は出馬したが結果は惨敗だった。2001年の第19回参議院議員通常選挙で再選。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た大学院

    山本 一太(やまもと いちた、1958年1月24日 - )は、日本の政治家。参議院議員(4期)、参議院予算委員長、自由民主党総裁ネット戦略アドバイザー・政調担当、自由民主党群馬県連会長、中央大学大学院客員教授。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た2008年自由民主党総裁選挙

    その後、福田の総理総裁辞任を受け、9月5日、自民党総裁選への出馬を表明し、外務副大臣の辞任を表明(1972年に自民党総裁選で推薦制が導入されて以来、参議院議員の自民党総裁選立候補表明は初である)。河野太郎ら、プロジェクト日本復活のメンバー6人に支持されたが、出馬に必要な20人の推薦人集めが難航し、棚橋泰文との一本化も決裂したために3日後の9月8日に出馬を断念した。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た国際政治学

    群馬県吾妻郡草津町出身。1976年、群馬県立渋川高等学校を卒業した。その後、中央大学に進学し、1982年に同大学の法学部政治学科を卒業した。1985年5月、ジョージタウン大学大学院の国際政治学修士課程を修了した。大学院時代について、山本は「1983年(84年?)に米国のジョージタウン大学でMSFS(Master Science of School of Foreign Serviceという国際政治学の修士号を取得した。2年間、毎日のように授業に通い、夜遅くまでキャンパスにある図書館で猛勉強した」(原文ママ。なお、MSFSの正しい名称は、Master of Science in Foreign Serviceと思われる)と述懐している。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た予算委員会

    2016年9月26日、参議院予算委員長に就任。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た第23回参議院議員通常選挙

    2012年12月26日に発足した第2次安倍内閣にて初入閣し、内閣府特命担当大臣として沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策の3ポストを担当することとなった。また、国務大臣の所管事項として、「情報通信技術(IT)による産業・社会構造の変革を円滑に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」と「海洋及び領土問題に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」もそれぞれ担当することとなった。2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙では、次点候補に40万票以上の差をつけ4選。2014年9月の内閣改造により退任。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た国際連合開発計画

    大学院修了後に朝日新聞社の入社試験を受けて合格し、福島支局に配属された。1986年11月に国際協力事業団に採用され、一時は国際連合開発計画に出向していた。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た第21回参議院議員通常選挙

    2007年7月の第21回参議院議員通常選挙で3選。安倍応援団として活躍。山本一太 フレッシュアイペディアより)

80件中 41 - 50件表示

「山本一太」のニューストピックワード