1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示
  • 山本一太

    山本一太から見た法学部

    群馬県吾妻郡草津町出身。1976年、群馬県立渋川高等学校を卒業した。その後、中央大学に進学し、1982年に同大学の法学部政治学科を卒業した。1985年5月、ジョージタウン大学大学院の国際政治学修士課程を修了した。大学院時代について、山本は「1983年(84年?)に米国のジョージタウン大学でMSFS(Master Science of School of Foreign Serviceという国際政治学の修士号を取得した。2年間、毎日のように授業に通い、夜遅くまでキャンパスにある図書館で猛勉強した」(原文ママ。なお、MSFSの正しい名称は、Master of Science in Foreign Serviceと思われる)と述懐している。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た日本の前途と歴史教育を考える議員の会

    日本の前途と歴史教育を考える議員の会(事務局次長)山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た農林水産大臣

    父は農林水産大臣や自由民主党の参議院幹事長等を歴任し、福田赳夫の側近であった山本富雄。父方の祖父は元群馬県草津町長の山本泰太郎。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た授業

    群馬県吾妻郡草津町出身。1976年、群馬県立渋川高等学校を卒業した。その後、中央大学に進学し、1982年に同大学の法学部政治学科を卒業した。1985年5月、ジョージタウン大学大学院の国際政治学修士課程を修了した。大学院時代について、山本は「1983年(84年?)に米国のジョージタウン大学でMSFS(Master Science of School of Foreign Serviceという国際政治学の修士号を取得した。2年間、毎日のように授業に通い、夜遅くまでキャンパスにある図書館で猛勉強した」(原文ママ。なお、MSFSの正しい名称は、Master of Science in Foreign Serviceと思われる)と述懐している。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た図書館

    群馬県吾妻郡草津町出身。1976年、群馬県立渋川高等学校を卒業した。その後、中央大学に進学し、1982年に同大学の法学部政治学科を卒業した。1985年5月、ジョージタウン大学大学院の国際政治学修士課程を修了した。大学院時代について、山本は「1983年(84年?)に米国のジョージタウン大学でMSFS(Master Science of School of Foreign Serviceという国際政治学の修士号を取得した。2年間、毎日のように授業に通い、夜遅くまでキャンパスにある図書館で猛勉強した」(原文ママ。なお、MSFSの正しい名称は、Master of Science in Foreign Serviceと思われる)と述懐している。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見たアメーバブログ

    山本一太の「気分はいつも直滑降」 - アメーバブログ山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た自民党

    ツイッター社が2013年の参議院議員通常選挙に際して立ち上げた「政党と話そう」という企画の第一弾においてハッシュタグ「♯自民党に質問」をつけて質問を投稿すると、山本一太参議院議員がネット生中継でそれらの疑問に答えるということになっていたが、質問をほぼ完全に無視し、自民党の宣伝に終始し、視聴者からは「どうでもいい」「時間つぶしかよ」「テレビショッピングの小芝居のほうがマシ」との批判が上がった。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た情報技術

    2012年12月26日に発足した第2次安倍内閣にて初入閣し、内閣府特命担当大臣として沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策の3ポストを担当することとなった。また、国務大臣の所管事項として、「情報通信技術(IT)による産業・社会構造の変革を円滑に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」と「海洋及び領土問題に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」もそれぞれ担当することとなった。2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙では、次点候補に40万票以上の差をつけ4選。2014年9月の内閣改造により退任。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た群馬県

    群馬県吾妻郡草津町出身。1976年、群馬県立渋川高等学校を卒業した。その後、中央大学に進学し、1982年に同大学の法学部政治学科を卒業した。1985年5月、ジョージタウン大学大学院の国際政治学修士課程を修了した。大学院時代について、山本は「1983年(84年?)に米国のジョージタウン大学でMSFS(Master Science of School of Foreign Serviceという国際政治学の修士号を取得した。2年間、毎日のように授業に通い、夜遅くまでキャンパスにある図書館で猛勉強した」(原文ママ。なお、MSFSの正しい名称は、Master of Science in Foreign Serviceと思われる)と述懐している。山本一太 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一太

    山本一太から見た社会構造

    2012年12月26日に発足した第2次安倍内閣にて初入閣し、内閣府特命担当大臣として沖縄及び北方対策、科学技術政策、宇宙政策の3ポストを担当することとなった。また、国務大臣の所管事項として、「情報通信技術(IT)による産業・社会構造の変革を円滑に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」と「海洋及び領土問題に関する施策を集中的かつ総合的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」もそれぞれ担当することとなった。2013年7月21日の第23回参議院議員通常選挙では、次点候補に40万票以上の差をつけ4選。2014年9月の内閣改造により退任。山本一太 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
80件中 71 - 80件表示

「山本一太」のニューストピックワード