前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • HUNTER CLUB

    HUNTER CLUBから見た山本尚史山本尚史

    2016年4月、長期ケガからの復帰戦であるINVASION ATTACKでNEVER無差別級6人タッグ王座の獲得後のインタビューでヨシタツが「この調子だったらBULLET CLUB壊滅できるんじゃないっすか」と発言して「HUNTER CLUB」設立を決意して結成。試合会場での応援チャントは「ハンターチャンス」。HUNTER CLUB フレッシュアイペディアより)

  • ザック・ライダー

    ザック・ライダーから見た山本尚史山本尚史

    2011年1月27日放送のWWE・スーパースターズでプリモとのタッグ結成を表明し、ヨシ・タツ&デビッド・ハート・スミス組に勝利。後に自身のTwitterでタッグ名を『DZP』(DOWN for ZACK and PRIMO)としたことを明らかにした。DZPとしての活動は主にスーパースターズのみであり、RAW等では活動しなかった。ザック・ライダー フレッシュアイペディアより)

  • 宮原健斗

    宮原健斗から見た山本尚史山本尚史

    三冠王座戦敗退となった後楽園大会では、ヨシタツとのタッグでの最強タッグ出場が発表された。宮原健斗 フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見た山本尚史山本尚史

    10月13日、KING OF PRO-WRESTLINGにてIWGP王座を保持するAJスタイルズから指名を受ける形で挑戦。試合終盤にAJのセコンドについたジェフ・ジャレットによる介入に遭うも、突如として現われたヨシタツがジャレットを蹴散らすという助太刀を受け、最後はハイフライフローで勝利を収め、IWGP王座史上最多となる7度目の戴冠を果たした。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・エルガン

    マイケル・エルガンから見た山本尚史山本尚史

    4月10日、INVASION ATTACK 2016にて棚橋、ヨシタツとのトリオでNEVER無差別級6人タッグ王座を保持するジ・エリート(ケニー・オメガ & マット・ジャクソン & ニック・ジャクソン)に挑戦。最後はニックからピンフォール勝ちを収め、第5代王者組に戴冠する。試合後、リング上でオメガと一触即発の睨み合いとなり、オメガの保持するIWGPインターコンチネンタル王座(以下「IC王座」と表記)を賭けたタイトルマッチで対戦することが決定的となった。4月27日、Road to レスリングどんたく 2016博多スターレーン大会にて、IC王座を保持するオメガに挑戦。試合終盤にエルガンもリング上から場外に設置されたテーブルに向かってのパワーボムを見舞うといった荒々しいファイトを展開したが、最後はオメガの片翼の天使でピンフォール負けを喫し、エルガンの王座奪取とはならなかった。マイケル・エルガン フレッシュアイペディアより)

  • ヨシタツ

    ヨシタツから見た山本尚史山本尚史

    ヨシタツ フレッシュアイペディアより)

  • ヨシ・タツ

    ヨシ・タツから見た山本尚史山本尚史

    ヨシ・タツ フレッシュアイペディアより)

  • YOSHI TATSU

    YOSHI TATSUから見た山本尚史山本尚史

    YOSHI TATSU フレッシュアイペディアより)

  • YOSHITATSU

    YOSHITATSUから見た山本尚史山本尚史

    YOSHITATSU フレッシュアイペディアより)

  • マット・ストライカー

    マット・ストライカーから見た山本尚史山本尚史

    ヨシ・タツが対戦相手のザック・ライダーに、三沢光晴の得意技ローリング・エルボーを仕掛けた時には、三沢の名前こそ出さなかったものの、ヨシ・タツが「憧れたヒーローのオマージュを披露した」と解説した(2010年5月25日のNXTではジャスティン・ガブリエルが放った際はっきりと「三沢のようなローリング・エルボーだ」と実況している)。マット・ストライカー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示