67件中 31 - 40件表示
  • ダルトン・キャッスル

    ダルトン・キャッスルから見た山本尚史山本尚史

    2014年5月25日、ペンシルベニア州を拠点とする団体であるCHIKARAのiPPV、You Only Live Twiceにてセーリングを趣味とする天真爛漫な海の男、アシュリー・レミントン(Ashley Remington)として登場。ダルトン・キャッスルとは正反対のベビーフェイスとして相手であるチャック・テイラーをヒールへと変貌させるが最後はアンカーズ・アウェイを決めて勝利した。7月27日、ROHの若手発掘イベントであるFuture of Honor 2に参戦。ボビー・フィッシュ、ドリュー・アドラー、フォックス・ヴィンヤーとガントレットマッチを行うが勝利するに至らなかった。9月20日、CHIKARA King of Trios 2014にてヨシ・タツと対戦するが、試合開始から苦言を呈するゲスト解説のフアン・フランシスコ・デ・コロナドが我慢できずに試合途中に乱入して強襲。この介入に憤怒したヨシがコロナドにハイキックを見舞いリングから追い出す。そして自身はお礼にフルーツの盛り合わせをヨシに渡すと両者手を取り合いノーサイドで終了となった。ダルトン・キャッスル フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・ブルーム

    マシュー・ブルームから見た山本尚史山本尚史

    4月2日、WWEのRAWにてマネージャーのサカモトを従え、「ロード・テンサイ」として登場。テンサイは「天災」と書く。解説陣から「元WWE、日本で圧倒的な強さを誇った」と紹介された。その後、リングネームを「テンサイ」と改名。これに前後してヨシ・タツがテンサイ=天災=東日本大震災を想起させる事から、Twitterにてリングネームを批判するTweetを行った(現在は削除されている)。デビュー戦では若手相手に圧倒的勝利。シナやパンクとの戦いでも、サカモトらの介入がありながらも勝利をもぎ取り、恐れられる存在であったが、シェイマスに敗れるなど次第に苦戦するようになる。活躍の機会が減ってくると若手相手にも苦戦し、敗戦も多くなった。それでもマネー・イン・ザ・バンク、サバイバー・シリーズ、ロイヤルランブルとPPVには出場している。マシュー・ブルーム フレッシュアイペディアより)

  • 高橋裕二郎

    高橋裕二郎から見た山本尚史山本尚史

    新日本プロレスに半年の練習生期間を経て、2004年7月26日、後楽園ホール大会の山本尚史を相手に「高橋裕次郎」としてデビューを飾る。ちなみにデビュー時のコスチュームは、近年では異例のアマレスパンツという出で立ちだった。2005年11月4日、成瀬昌由とシングルマッチで対戦。首固めで勝利を収めたが、この試合でアゴを骨折し長期欠場。2006年3月に復帰を果たした。高橋裕二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤達俊

    後藤達俊から見た山本尚史山本尚史

    山本尚史は新日本プロレス時代の唯一の弟子である。代名詞でもあるバックドロップを伝授し、山本は「天下獲りバックドロップ」の名前で使用していた。後藤達俊 フレッシュアイペディアより)

  • 平澤光秀

    平澤光秀から見たヨシタツ山本尚史

    2016年4月10日、ヨシタツ復活戦と銘打たれたNEVER無差別級6人タッグ王座戦の試合後のバックステージに登場。HUNTER CLUBの結成を宣言したヨシタツに対し、自分がメンバーに入ると告げるも「考えさせてくれ」と固辞される。その後は、タッグマッチにヨシタツと一緒のチームへ組まれる事が多くなり、HUNTER CLUB入りの為に数々の努力を行うも認めてもらうことが出来ないでいた。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

  • ショーン・リッカー

    ショーン・リッカーから見たヨシ・タツ山本尚史

    2013年5月、WWEとディベロップメント契約を交わし入団。新設されたWWEパフォーマンスセンターにてトレーニングを開始し、10月にNXTに昇格。同月10日のテーピングのダークマッチにてスレート・ランドール(Slate Randall)のリングネームで出場し、ヨシ・タツとの対戦して勝利した。ショーン・リッカー フレッシュアイペディアより)

  • 平成維震軍

    平成維震軍から見た山本尚史山本尚史

    現在、新日本を離れWWE所属の山本尚史は新日本入門前は平成維震軍のファンで、下部団体FCW加入時は平成維震軍の赤のコスチュームで活動していた。着用に当たっては小林や後藤、青柳の許可をもらい、さらに実際に当時コスチュームをオーダーした業者を紹介してもらったという。また、現在着用中のコスチュームの上衣にも「覇」の一文字が入れられている。また、ザ・グレート・カブキも引退後にスポット参戦でリングに上がる際に平成維震軍のコスチュームを着用することがある。平成維震軍 フレッシュアイペディアより)

  • 山本小鉄

    山本小鉄から見た山本尚史山本尚史

    一連の厳格かつ前時代的な指導ばかりがあげられ、「山本小鉄=根性論の塊」とされがちではあるが、決してそれだけではなかった。当時新人だった山本尚史や中邑真輔らをテレビ番組の企画で指導した際は、試合を想定した基本的なスクワットの方法だけではなく、試合中にこっそり仕掛けられるシュート技術を教えるなど、合理的な指導を披露している。山本小鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 崔領二

    崔領二から見た山本尚史山本尚史

    その後も若手の旗頭として大活躍をし、新日本プロレスとの抗争においては山本尚史という新しいライバルを見つけるが、シングルマッチでは今のところ無敗である。また2005年と2006年には火祭りにも出場しており、2006年の方は兄貴分の佐藤耕平に勝利をする殊勲も収めた。そしてA・B両グループを通じて崔は唯一トップの勝ち点6で予選リーグを通過(崔はBグループ。Aグループは勝ち点5で4人(大谷晋二郎・田中将斗・村上和成・吉江豊)が横一線で並び、4WAYマッチで田中が勝利し決勝へ進出)。決勝に進み惜しくも準優勝。田中将斗に敗れたものの成長ぶりを証明する試合となった。崔領二 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ハダッド

    アーロン・ハダッドから見た山本尚史山本尚史

    2012年4月、賢人ギミックでWWEに昇格。SmackDownにて数週プロモーションを行った後、リングに登場するも、ヨシ・タツやデリック・ベイトマンを相手にせず去ろうとし、相手が油断した隙に不意打ちを与えた。また、タイソン・キッドとの対戦。ダミアン・サンドウとしてのデビュー戦初勝利を飾る。アーロン・ハダッド フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示